コラム

転職する場合は、始める前に、ウェブ上の求人サイトを閲覧したりし…

転職をするとき、始める前に、ハローワークやインターネット上の求人情報を閲覧したりし・・

転職活動では、始める前に、ハローワークの求人票や求人雑誌を見たりして興味のある会社を調査するでしょう。とはいっても、その会社が情報を公にする際には、、コンサルタントから指導を受けている可能性が高いです。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠すプロでもあります。たとえ公表したとしても差しさわりのない表現をします。その類のコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報は半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。仮に美辞麗句を信じて入社してしまった場合、「話が全く違う」と後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、色々と理由をつけていかにして辞めさせないようにするか画策しています。要するに「ブラック企業」の求人には注意、ということです。

ずっと接客関係で勤めてきましたが、歳をとるにつれ立ち仕…

長く接客関係で仕事を行ってきましたが、年をとったせいか立って行う仕事は体力的に難しくなったため、座り仕事であるオフィスワークへ転職することを第一目標として行動にうつりました。事務未経験となるとわりと難しく、そうであれば接客業の経験も活かせる受付兼医療事務をやろうと考え資格も合格し個人クリニックに転職することができました。周囲はベテランのパートさんだらけで人間関係に関しても難しい。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業をしていた時より帰る時間が遅くなってしまったのですが、初めの頃はキャリア形成の時期と腹をくくって頑張ります。

就労期間にあるときは、なるべく同僚に悟られないよう・・

在職中には、可能であれば、周囲が気づかないように、(自身の場合)在職期間中に「転社するかも」という意図だけ、早いタイミングで社内の人間に話したことがあります。とはいうものの、その後転職サイトを色々と見たものの、予想に反して働く先も転職時期さえも無計画なまま煮詰まっていないままやみくもに時間だけが経過してしまいました。挙句の果てには一方、社内では業務の引き継ぎ、諸々の手続き、退職の日程などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経たあと、次の就職先を探すことになりました。

政治による影響がでつつある転職事情ですが、現在の安倍政権によっ…

転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。安倍総理による現政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった経済に関係する政策が打ち出されています。日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界・企業間でも新たな社会的な変化が増加傾向にあります。その余波を受け、企業の側でも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人材不足」が社会では大きな問題となっています。ちなみに外国人労働者を増やしていくつもりでいると安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった変化のなかで日本国内の雇用や転職をとりまく状況も大きく変わっていくはずです。

近い将来、転職するのなら、転職する前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。

もしも転職を考えているなら、事前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。とくに、在職中に資格を取得すると、転職の際にあたって幅が広がるので、仕事を見つけやすくなります。であるため、資格取得は、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が最適といえます。キャリアアップを考えているなら、このあと役立つ資格を持っておくと、会社を辞めた後も心残りもなく、前に進んでいけます。それにプラスして、資格によって転職活動では資格が味方をしてくれるので面接のときには担当者に「即戦力」と判断され、以前の職場より待遇アップも期待できます。

今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。

このところ私は派遣の会社に登録をしています。ウェブサイトを見ていてなにげなく自分にぴったりの仕事を発見して尋ねてみると「その仕事はもう別の方で話が進んでいます」と断られ一時的にウェブサイトから仕事の情報が消滅するのですが、その翌日になればまた情報が掲載されています。それって要するに私ではダメだと言っているのと同じですね。それなら初めから変に隠さないくらいではっきりと伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。それともまたもしかすると存在しない架空の仕事なのでしょうか?

今から転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら…

近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、できれば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。これはあなたが働いている会社できちんと「雇用保険」を支払っていた場合は、申請をすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。そして受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、企業の都合や残業時間によってはただちに受け取れる可能性もあります。さらに受け取れる「失業手当」の額は、仕事を辞めた月の近々の給料を軸に算出されるため、働いている会社に繁忙期や閑散期がある方はなるべく「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

初めて転職を行うにあたって、気を付けるべきことはなぜ今の仕事を去るのか…

人生初の転職を行うのであれば、気を付けなければいけないのはなぜ現在の仕事を辞めたいかについて明確化しておくことだと断言できます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておきましょう。その上で問題を解消できるであろう会社を決めましょう。社会に出てからの転職活動は新卒の就職活動とは違って、今の仕事を行いながら転職活動をしていくため、時間と体力が必要になります。ゆえに問題の明確化ができていない状態で転職活動をしてしまうと、途中で息切れしてしまう場合があります。何としても転職したい、現状を変えたいという熱い気持ちがないのであれば、転職活動にゴーサインを出すことはやめておくのが得策です。

退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。

退職と転職を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。現在はインターネットもあるので、メンタル面を強くするヒントは満載になっています。そんな、時に転職とは全く異なる行動でも、精神面を強化することができます。何かと言うとズバリ「外国に行くこと」です。海外に行くと、文化も言語も大きく異なるので、刺激を受けることばかりです。なので、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。帰国すると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、こんなにも世間は狭かったのだということを思い知らされることになります。この状態で(転職のための)面接を行えば、これまでの面接とは違って自信満々に自己アピールができるはずです。しかしながら、退職後は精神的に弱っていることが多いので、今後のために休業期間も必要です。

楽しく過ごしつつ、再就職をすることができれば、メンタル面での重荷も少ないので…

将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら転職活動をすることができたら、精神的な重荷も少ないので、転職期間中の堕落も避けられるでしょう。それにメンタル面が問題がなければ、割と早く転職が出来るでしょう。そうするには、やはり、休職せずに転職先を見付けることです。今の会社に勤めながら、転職活動することがベストでしょう。そのうえ、隙間をなくせば現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。このようにしておくと、職歴にも空白期間がなく、将来に響くこともありません。要するに、転職の時に不利になることがないということです。先のことを考えながら、上手に転職活動を進めていきましょう。

より安定した生活基盤を送ろうと正社員として働こうと思っている人…

安定的な生活を求めて正規の社員になりたい人は相当数います。が、役立つスキルを身に着けたりしてかなり頑張っているのに中々正社員としての転職が叶わない事もあります。非正規雇用者の求人情報がかなり目につくのに正規雇用の求人募集に固執し、もやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。もしも、中々正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、準社員の募集も見てみましょう。契約社員や派遣社員募集の企業の中には働きぶりによって数年で非正規雇用から正規雇用へのキャリアアップを図れるようにしている所があるからです。ですから面接を受けた時に、「正社員登用」のチャンスの有無をヒアリングするようにしておけば将来設計にも役立ちます。

転職先を探している期間は、自分の好きなことに没頭することに加…

転職期間中には、自分の好きなことに没頭することに加え、体力を損なわない生活が良いです。勤務先が見つかり、いざ仕事を始めた際に、趣味に没頭していたことで、知らないうちに集中力が養われているのです。加えて、体力アップが図れていることで、他の社員さんよりも疲れにくい身体になっているということを認識することができます。なので、退職して転社先が決まるまでは趣味に集中することと、体力アップを図ることをするのが何より良い事なのです。このあと、働き出した会社であなたと同様の趣味を持った人と出会えれば、話題に花が咲くので、好きなことをとことんまで極めることも転職期間の自由な時間の使い方です。

転職活動を始めるとき、あれこれ情報収集されるとは思いますが…

転職する際は、いろんな経路で情報を得るのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは利用しなければもったいないです。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になったことがありました。辞めた社員の報復によってその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、違った角度から見れば、投稿の内容が嘘であれば、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。しかしながら、実態は『クロ』で「本当のことを書かれてしまったので、急いで火消しをしよう」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も囃し立てることで注目されるので黙認しますが、好ましくない口コミが多いというのは、それだけ、入社してから不利益になる確率が高い、と思っていいでしょう。というか、善良な会社にはトラブルとは無縁です。

仕事を探しているときに注視する求人内容についてはだいたいのもので…

仕事を変えようとしようとしている時に閲覧することになる募集内容の情報というのは、基準的なものとして書かれている、ということもあり得ます。なので、そこに掲載されている内容はすべて正しい情報だとは安易に信頼しないほうが最善だと思います。中でも特に生活に大きくかかわってくる報酬の額などに関しては、全社員を平均した値なのか?最低限もらえる金額であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?という読みができない人も多く、自分勝手に解釈してしまうと、後悔する事もあるでしょう。そのため、そんな風にならないためにも、求人に書かれている情報は一般的なものだと思って、そういったような大事な事は直に確認を取ってみた方が妥当でしょう。

求人関連の情報では、多くの株式会社では月の給与が記載されているはずです。

求人関連の広告には、ほとんどの場合、多くの株式会社では月にもらえるお金がしっかりと記載されていますよね。でもこの部分をチェックする際は、注意深く確認する事が大事です。値だけで納得しないようにしましょう。実は案件によっては、月収の額の中身が月20時間残業の場合が条件になっているかもしれません。そういうことは残業代の金額をトータルすることで金額が高く見えるようにしている所があるからです。さらに「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている所もあったります。そういうわけで、そういった応募者を増やそうとする会社にはスルーしておくのが無難といえます。

転職をする場合で決まっているかのように尋ねられること・・

転職をする場合でかなり高い確率で聞かれるのは前職を退職した原因ですが、このような質問に答える際には退職した会社を話の中心にしないほうがベストです。前職を退職するに至った経緯を的にしてしまうと絶対に良くない面を伴った話の内容になってしまうので。この話の良い進め方は、前の会社を退職したのはぜひともこちらの会社に入りたいと思っていたからという話題に持っていくということで、自分が入りたい会社の方に焦点を向けていくと良いでしょう。そういう話ならば、マイナス面を隠しプラス面を印象づける辞職の理由に変えることが可能です。

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業のあいだが給付の条件ですが…

失業した人が受け取れる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、永久にもらえるわけではありません。失業時までに働いていた期間によって90とか120日とか決定されるのですが、このような事実を理解していない人が少なくありません。失業中である限り給付されると勘違いして仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて遊び続けている人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから慌てて職を探し始めてもよい会社を見つけるのは困難です。会社の面接官もバカでは無いので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」位はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。状況によっては、面接時にそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、受かりません。

転職する際、現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、…

転職を目前にしているなら、現在勤務している会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、仮にあなたの都合で退職届を書いて退職する、いわゆる自己都合退職の場合は、直ちに失業保険が出るのではなく手続きをした後に失業が確認されてから3か月経ってやっともらえるのです。よく間違って会社を辞めた次の日からちょうど3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしましょう。実際に勘違いしてしまった人が、ハローワーク側に落ち度があると思い込んでそれが原因となりハローワークの保険担当者と揉めているのを過去に見たことがあります。例外として、リストラなど会社都合で解雇されたときには、失業認定されてからすぐに失業保険が給付される。

派遣会社に登録して働いている人が最近では増加しています。

派遣会社に登録して働く人が現在増えてきていますが、もし、あなたが派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちいくらが自分の給与として支払われるかを面接時にたずねておきましょう。派遣業は、労働力を必要とする会社に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払うシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が少なくありません。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、中には開示すらされないところも少なくなく、酷いケースでは、3割だけしか労働者に還元しない場合も少なくありません。面接のときにきちんと答えない会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、なるたけ違う派遣業者を利用されることを推奨します。

新卒で入社した会社を離れ、転職を決断しました。

新卒で入社した会社を去り、悩んだ結果、転職すると決意しました。会社を辞めたときは、しばらくの間不安で悩みこんだりもしました。新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用で働いている人ばかりであると私自身が転職することで理解し、自然と前よりも気持ちが楽になりました。また転職をすると何か、気持ちが前向きになっていき、自分のしたい仕事を見つけることが毎日が楽しくなりました。やはり「一通り経験してから」といった転職する行為を咎める意見もありますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私自身、転職を決断して良かったと思います。

-コラム