コラム

転職をする時に絶対に準備しないといけない履歴書などについてですが・・

再就職の時に絶対に用意する必要がある履歴書や職務経歴書などに関しては…

転職をする際に絶対に書かなければいけない履歴書についてですが、だいたいは手書きではなく、パソコンを使って作成するのが基本です。現代の日本では履歴書や職務経歴書はパソコンを用いず自筆で作成するのが当たり前と捉えられていることも多々あるようですが、それは新卒時の就職活動やアルバイトの際に用意する履歴書であって、転職に関しては100%パソコンで書いたものは駄目とはっきり言うことはできないのです。自筆の履歴書をベストとする企業もありますけど、そうではない企業がずっと多くなってきていますから、パソコンで作られたものでも良い企業は意外にも大量にあるのです。

転職を考えるとき、そこでの自分の給料ばかりを気にする人は…

転職する場合、その職場の給与について気にしすぎる人がどうも多くいます。とうぜん大半の人は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費をつくるために励んでいるでしょう。ですから年収がどれだけかは自分自身がどのくらい評価してもらえるか、という側面もあるから、大切なことは至極当然です。しかし、ひどく年収額ばかりを異常にこだわりすぎる人生というのも虚しい気がします。よく見れば年収に反映されない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスはゼロではないからです。

クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接を受けに行く際には…

クールビズの格好をして転職の面接に行く場合、いくらなんでもジャケットは着用しなくても大丈夫だと言えるのです。ですが、ネクタイにおいては着用していったほうが悪い印象を与えることがありません。ネクタイなしで大丈夫だとする会社も存在することもなくはないですが、ネクタイについてはクールビズであっても着用すべきだと思っているところがまあまあ存在するわけです。という事で、クールビズ(軽装)と言われていたとしてもネクタイに関しては必ず着用いく方が安心であるということをお知らせしておきます。

転職エージェントは大規模であるほど、様々な案件が…

大きな転職エージェントに限って、いろんな案件があるという強みがあるといえますが、それと同時に転職を希望する競合者も大勢います。それゆえにあなたが、応募したい会社を探し出しても、転職エージェント側が「転職できる見込みがない」と判断すると応募してくれないこともザラですし、企業から見て自分よりも評価の高いライバルがいれば、その人を優先しやすいのです。このように大規模なエージェントは、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱っており応募することが難しいので、考えを変更して中小規模のエージェントたちに対し、応募したい会社や案件に関して相談し、応募できないものでしょうか?と話しをすると転職希望者のためにアプローチしてくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。

一昨日転職のために人材会社へ登録に行きました。

新しい仕事先を探すために人材バンクに登録に出向きました。そこで登録カウンセリングを行うために現れた担当者が見た感じ入社間もない新入社員のようで、私が話したことの半分もその社員はわかっていない様子。おまけに「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを明確化するべきです」等、一丁前の話を横柄にしゃべるので大変嫌な気持ちになりました。カウンセリングを担当させるのはそれなりに仕事を経験している社員にしてほしいと感じます。

転職活動では、履歴書と職務経歴書が必要になってきます。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠だと考えられています。大半の会社が履歴書や職務経歴書の記載内容によって面接するかどうかを決めるため、とにかくこの2枚の書類が大切なポイントです。単に穴埋めすることにとどまらず、記載内容を充実させることも必要です。職務経歴書は、これまでの職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り記入します。また、現職の社内で挙げた実績を、たとえば売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、などわかりやすく書くのが得策です。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、文章をチェックしてもらったりして自己ブランディングのために利用することも転職を成功させるための有効な手段です。

再就職にあたって然るべき準備は不可欠です。

再就職する場合、然るべき準備はやらなくてはいけません。一言で準備といってもたくさんありますが、その中でも目に見える服装は気になる人が多くいます。しかしながら、最近の企業面接では形式ばらない服装を許可している会社もあるので、スーツでなくては、と考えて面接に向かわなくてもいいでしょう。創業して間もない会社などは、柔軟な考えなので私服の方が良い印象を持ってもらえます。また、正装ではないので、フランクに会話がしやすいのもメリットといえます。また、私服であれば面接のなかで、洋服について、盛り上がる可能性もあるので、うまくいけば担当者と仲良くなれる期待ができます。今後、転職活動をするつもりなら、企業の「設立した年」で選択し、(ベンチャー系の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

転職活動における最後の難問として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動の最後の難関として、今勤めている会社の退職があります。転職がうまくいったとしても、現在働いている会社があなたを放出したくないとして慰留するというのもよくある話です。そうなってしまった場合、「ゼッタイに退職する」という強固な気持ちを保つことが大事です。たとえ引き留められて留まった人でも、一度辞めたいと思った会社は、結局は辞めることになるでしょう。会社の規定を良く調べ、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を書いておきます。その後、決定権のある上司と相談し、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」と正直に伝えます。「円満退社」をすることも転職活動の重要な要素です。

転職の面接で必要なスーツのカラーにおいては、新卒の就活の…

仕事の面接で必要なスーツの色味は、新卒の就活に着る色が基本となっています。具体的に言うと、黒とか紺色のダークな色になります。それが、再就職であっても、着ていくスーツの色に関してはこういったような暗い感じのカラーが多く、他の色を着用している方はほぼ見ることはありません。他のカラーで言えば、グレー系を着用している方が若干いるくらいで、全体的には黒や紺色が圧倒的に多いのです。ですから、人事部から見ても黒や紺色のスーツの方が普通のように感じます。ですから、見た目の印象という観点では推奨したいわけです。

転職活動をやっていると、面接のときに高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動で面接において絶対に聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これとは違い転職理由について率直に話すのはよくありません。たとえば収入に関する不満、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、面接官に好印象を持ってもらえるものではありません。とはいっても、自分が不利になることを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対して現職の不満を回答しないためには、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。それにプラスして、「入社後、〇〇をしていくつもりです」、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、そのために御社を選びました、と志望動機に話をすり替えるのが正解です。

転職活動を現職と並立して進行させる人が多いです。

転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人は少なくありません。ですが、仕事をしつつ求人情報をチェックし、さらに応募手続きをし、面接を受けるのは心身ともに負担が大きいといえます。転職活動を行っている間は、現在の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。「とりあえず応募しておこう」という方法を選ぶ人がいるのですが、もしも、書類選考をクリアし、面接の段になって辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、エージェントに悪いイメージを与えてしまいますし、それとは異なり自分でダイレクトに応募したとしても、相手企業からしつこく電話やメールがあることもあります。いずれにしても自身の貴重な時間を捨てることにもなりかねないので、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを覚えておきましょう。

生涯初の失業保険の給付を受ける場合、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人・・

生涯初の失業保険をもらう場合、何もしなくても給付されると考えている人がとても多いですが、それは誤解です。本当は、失業保険を受け取るためには、職探しを行っている必要があり、その上で、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月間隔で職員に求職活動の状況を報告して本気で就職活動をしていることを理解してもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。他方、本気で仕事を探そうとしていないと判断されたり、月に一度の職員との面談に顔を出さないときは、有無を言わさずに給付の一時停止に至ったり、場合によってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、十分注意しましょう。

そのうちでも転職することを考えているのなら、今いる業務や仕事…

来週からでも転職やることに当たっては、今いる業務の何が気に入らないのかを明確化する事が良いです。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。気に入らない点があるからこそ、転職したい、と考えるのは分かります。しかし「よく考えて現在の人間関係などの不満な点を列挙する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。そのあと、転職を叶えたあと、「今よりも不便になること」を想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職したあとのモチベーションの急激な低下は未然に防ぐことができるでしょう。

転職エージェント、そして転職サイトを通じて、転職活動される人は多くなってきました。

転職エージェントと転職サイトを活用し、転職活動される人は多くなってきました。さらに、より転職の可能性を高めたいなら、加えて転職フェアに参加することをおすすめします。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。参加すればあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、それだけでなく、説明員等を通じて、企業特有の個性を感じられるでしょう。もしも、転職フェアに行くときには、1次面接に臨むつもりで良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。幸運にもフェアでの交流の中で自分の能力や長所を企業が評価すれば、正式に応募して面接の本番時に非常に有利となります。

このように近年の企業の労働環境が変化したことにおいて、全世代の・・

今の時代の企業の労働背景の慌ただしい変化に関して、若年層は鋭敏に感じ取って、おそらくは、先行きを見据えようとしているのでしょう。このため、働き手といった層の流動化が進んでいるようで、輪をかけて後々世代に関わらず転職についての関心が強くなると考えられます。「流動化」が進んでいく結果、一つの会社に縛られない生き方はあなたにとって身近なものとなっていくでしょう。「終身雇用制度」があった頃は、「会社を辞めて転職」はそのことだけで印象が悪く、転職しようにもうまくいかない人もたくさんあったようです。けれども、時代が変わり今の会社だけに執着する意味も必要性もあまり無くなっているように感じます。

就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。

就職活動において、年収はかなり大切な要素です。面接の際、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一度は騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソがバレてしまうのです。トラブルの原因になることもあるため、現在の年収を水増しせずに伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。現在の年収が300万円の人が急に年収500万になるようなことはほとんど場合ありえません。仮に、現在の年収が430万円であれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくとよいでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、退職に追い込まれることを招きかねません。

転職活動の際に、気になった求人(OR 職種)を見つけたと・・

転職活動の最中、気になった求人(または業種)を見つけたら、しっかり「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索しておきましょう。求人票や転職エージェントからはまずその業界に関するマイナス面などは教えてもらえない、と思っておくべきです。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、ネット検索によってカンタンにすぐに現実を知ることができます。そういった検索をしないまま、仕事を始めてしまうと、あとで入ったことを後悔してしまうおそれがあります。だいたいその求人が頻繁に出ている理由が「内容がキツイから人の出入りが激しい」というケースが少なくないのです。気に入った案件や業種については、きちんと調べたうえで応募することを心がけましょう。

もしも再就職の前に、現在の職場の同僚たちがあなたの退職を知る…

転職することが、今の職場の同僚たちが、あなたの退職を知ると職場の雰囲気がガラリと変わるかもしれません。あなたの置かれている立場によっては、問題はないこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。酷い場合には、残業時間を意図的に増やされることもあるので、軽々しく転職のことを周囲に言うのは考えものです。そういったトラブルを回避するため、今所属している仕事場では、真面目に仕事をしておきましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い関係を最後まで保ちつつ、心置きなく仕事を辞めることができます。さらに、円満退職に至れば、転職後にも、あなたが困ったときに相談できるチャンスも手に入るはずです。業種などに関係なく、どこの企業も、人との縁はとても大事なので、仕事を辞める時のトラブルだけは、可能な限り起こさないようにしたいものです。

新しく就いた職場であなたの過去のキャリア・スキルを生かせたとしたら・・

新しい仕事で、それまでに培われてきたスキル・キャリア生かすことができれば、即戦力として活躍でき、割と早く職場にも馴染めるはずです。それはつまり会社サイドしても、そのような即戦力は常に必要なので、タイミングさえ合致すれば、とんとん拍子に事が運ぶでしょう。それに加えて以前の仕事内容と近い内容であれば、転職は非常に容易になります。そういっても、なかなかのスキルがあるといっても大手の事務職系や公務員などは、いつの時代も、中々の難関になることを肝に銘じておきましょう。

転職活動中の採用面接に関して、多数のひとが思い違いをしているので・・

転職の際に外せない面接では、やめておいたほうがよいのは良い印象を与えたいと露骨なまでの猫かぶりをすることです。すると正直なところ不採用となる可能性が高いです。そうならないために猫をかぶるよりも面接時は、「報酬」など、多数の人がかなり聞きづらいことも勇気を持って率直に質問しておいた方が、最終的に間違いなくあなたのためになります。信じられないかもしれませんが、「採用前の段階で、そういった内容を無神経に尋ねたら、結果が不採用になるのではないか」と不安が募るかもしれません。ところが、かえってプラスの結果になることは少なくないようです。こういったお金・労働環境に関する内容は、多くの人が気になっています。しかし、面接結果に影響するのを恐れ、モジモジして質問できません。けれども、一歩踏み込む勇気があれば「言うことはちゃんと言える人だな」ということで格好の自己アピールとなるのです。

-コラム