コラム

仮に再就職するにも何もかもがスムーズに進行する保証はありません。

仮に転職するにもあらゆることが順調にいくとは限りません・・

再就職するにも何もかもが都合よく運ぶ保証はありません。どうせするなら、なにはともあれ若い間に変えたほうが良いでしょう。普通一般的には、30代前半までは有利な展開を期待できますが、30代後半~40代に入ってからの転職活動全般は、相当に厳しいといえます。もしもあなたが、管理職などを任されているのなら、転職を考えていても現在の仕事を続けるということを結論として選ぶ答えの中に入れておくべきです。ようするに、退職届を提出後に転職活動するよりも、今の仕事は続けながら転職活動されるのが良いということです。

新しい仕事を探す際、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント・・

転職において、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)に頼る方法もありますが、たとえそのような業者に登録し、めでたく新しい仕事を見つけることができたとしても、失業保険の給付にはつながらないので気を付けましょう。ハローワーク以外の機関を使って就業しても失業保険の給付対象にはならないので後々、後悔しないように注意しておきましょう。これと異なり、「ハローワーク」によって斡旋してもらった会社に就職できた場合は、就職に備える準備金として、一時金を受け取ることができます。ネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険の手続きは取ってくれません。こういった点を理解していないと、失業中に給付金を手に入られないので、気をつけておきましょう。

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、早期に辞めてしまう決意してしまう人が…

3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、早期に辞めてしまう選択してしまう人がなんとなくよく見受けられます。何故そうかと思うと私見ですが新たな気持で自分自身に合った会社で勤務を始めてみたものの、「自分自身の想像していた仕事とかなりかけ離れていた」「ルールにどうしても慣れなかった」と考えて退職を決意するみたいです。でもこのような、転職に関しての失敗を後悔しないためには、やはり、事前の情報収集を徹底する、に尽きます。職場内のルール、通勤時間、などいろいろ調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

何年か前までは求人情報に募集条件の中に「性別」が、当たり前のように書かれていました。

昔の求人誌には、「性別」がきちんと書かれていました。ですが最近では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって雇用において、男女差別があってはいけない事となり、求人情報の中身に男女の文字を見ることはなくなりました。けれども、求人情報を出す企業は、男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。実際問題、男性必要な企業に女性の採用希望者がやってきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性がエントリーしてきたり、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。もしも、「女性が活躍している仕事場です」と記載があれば、希望しているのは女性だと認識したほうがべきです。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

仕事を始めてすぐはいきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。特に、入社した年度は、大体「試用期間」が含まれている場合が多いです。自身の場合、やっと手にした職場だったものの、予想と異なり以前いた会社での年収とあまり同じということがありました。加えて、仕事はかなりキツく、かなり責任のあるもので、1年目を越すのも非常に骨が折れました。そのような実体験をしてみると、1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、なるべく転職する前からお金をためておくことに尽きると思います。

あなたがもしも、「転職サイト」で自らのライフスタイルに合った…

今あなたが、「転職サイト」を利用してあなたのライフスタイルに合った将来性のある仕事情報を調べているのなら、転職エージェントは絶対利用したほうがいいです。なぜなら登録は簡単です。エージェントサービスの登録を終え、そのサービス内で紹介してもらえる求人情報は、一般的に公開されていないからです。誰もが見ることのできる求人情報と非公開求人とでは、どう比べても、比較にならないほどかなり質が高いといえます。そして、あなたの条件に相応しいものを調べたうえで、紹介してくれます。そのおかげで、これは結構ドストライクで求めていた職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。もし、同一の求人に行き着いたとしても、あなたが自身で最初から探す労力を考えれば、相当に効率的です。そのうえ試してみる価値はあります。

転職先を決めるのに、当然やりがいのある仕事をすることも大事だ・・

転職先を選ぶとき、当然仕事のやりがいのアップと共にそれにとどまらず年収のアップも大きなポイントになるから「年収サイト」に登録をして前もって研究をしています。全く一緒の会社でその上同一の職種、社歴なのに人によって広く違いがある場合も数多くあって、ぶっちゃけ面接時に質問したことがあります。面接官も同じサイトをよく見ていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いた人物について誰なのかそこそこ予想がついているのですが、多分格好をつけているのでしょう。低い方で心の準備をしておいてください」とのことでした。

現在の自分の勤め先・仕事内容について不服に感じていることの中に…

現在の自身の職場や仕事内容に対して、ほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。「自分のスキル・能力が誠実に評価してくれない」そのため、「月給は上がらないし、将来的な出世も期待できない」といった不満を挙げる人が多くいます。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、そんな人の中には自分自身の本当の才能を実際よりも過大評価し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。そんな人が転職しようとすると、「自分を生かせる企業や職種がない」と中々転職先が見つからないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。のせ生活自体に支障をきたす可能性があります。そういうわけで転職で良い成果をあげるためにも、「本来の自分の能力」を多少厳しい目で自己分析してみてください。

全くの未経験の業種などに転職する際には、前の職で身に付けた能力…

全くの初挑戦の分野などに転業したい場合には、自分が前の会社で養われた力やこれまでの経験値が生かせるという訴えが必要になります。未経験のジャンルの場合、経験していない分だけその業種の経験者よりも事実、不公平な状態になりますが、自らの持っている力がその場でも十分に発揮できるということをうまく相手に伝えれば、勝負になることも考えられるのです。ですので、未経験である業種に挑むときには、その業界と自分がこれまでやってきた職務との関連をできる限り発見しましょう。

派遣として就業しています。派遣法とか労働契約法のから…

ある会社に派遣されて働いています。派遣法とかのからみで長く務めてきた会社での勤務を終わらせなければなりません。仲間の派遣社員の中には派遣先の企業から正社員のポストをゲットした方もいるのですがそれはぶっちゃけると仕事の能力というよりは派遣先上司の扱いがうまくてそれで採用された感じ。業務上のスキルよりも上司正社員転がしスキルが重要なのだろうと選考に漏れた別の派遣仲間と派遣先の職場で愚痴る日々です。

近年はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、「ヘッドハンティング」の専門業者も増えています。

最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社をよく見かけるようになりました。特許権を取得したことのある人は、電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人のほかに、研究開発で論文を発表したことのある人や、「テレビや雑誌」で特集された人など、「功績」ある人に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングするネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと考えられる連絡があったときには、そういったことが無かったか考えてみましょう。稀にヘッドハンティング名目として、登録料を要求してくる会社もあるらしいですが、おそらくは詐欺ですから相手しないのが正解です。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を払う必要などありません。

再就職先を探している間は、どうしても、気が緩んでしま・・

転職期間中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間がある分、緊張感がなくなり、ダラダラと過ごしてしまいがちです。しかし、そういった過ごし方を常習化させるのは危険です。なぜなら、だらだらと過ごす生活を習慣化してしまうと、「心」にも悪影響があるからです。やがて、働く意欲がなくなり、生活ができなくなり困ることにもなるでしょう。こうして、負のサイクルができてしまい、次の仕事が決められません。転職先を決められないのは、給料を最優先に考えてしまうためです。給料を最優先事項に転職先を探すことになるとキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そのため、お金に縛られないように暮らしていくためにダラケタ生活は、しないように気を引き締めましょう。

転職の面接でつける腕時計ですが、どう見ても目立つようなタイプの…

転職時の面接でつける腕時計の事ですが、どう見ても目を惹くようなタイプの腕時計はしていかないほうが好ましいと言えます。目立つというのは明らかに高価なものだったり、といったことだけではありません。逆にチープな腕時計に見えてしまうとか、そのような目立つという意味であって真逆の目を惹く、ということで理解しておいてください。再就職の面接の際にするべき腕時計についてはネクタイやスーツと一緒で、ビジネスの場にふさわしい無難なものをするほうが好印象です。ただ、自分の年齢にあっているということもとても重要で、新卒の面接で準備した腕時計よりはわずかであっても高い腕時計にした方が良いと言えます。

ここ最近は、株式・不動産投資の不労所得で生活費を稼いだ・・

今の時代は株・不動産投資をはじめとした不労所得、もしくは個人経営 や起業で頑張っている人も増えています。そのような社会的変化もあり、「会社員の道こそが正義」といったこれまでの考えも変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、先行きがみえない株式投資・個人事業より雇用されて働いているほうがずっと堅実であり、人生の「花形」としてまたそれが当たり前であるかのように、一般の人々に広まっていました。そんな時代は終わり、現代は「成熟期」といった名称で付けられています。コンピューターの進化とともに、将来的には自動化・機械化が顕著になり、仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。

「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載される会社も多いので…

転職サイトは知名度の高いサイトであるほど掲載される企業も豊富なため、関心のある2つか3つの会社を、とりあえずはサイトに登録して、希望する勤務地や年収に対してチェックを入れて、さらに条件に合う案件が自動的にメールで送られるように設定しておくと楽に情報収集を行うことが可能になります。しかしながら、最初は登録しなくてはならないのでサイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録の初日は、時間が多少掛かるため、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、新着案件のみ確認するだけで大丈夫なので、次回以降応募するときのことを考えれば、初回の準備を怠らないことを心がけるのが賢明です。

万が一、とらばーゆを思い立ったのなら、あくまで会社の人間に…

例えばあばたが、現職からの転職を決意したのなら、徹底して周りにはこっそりとその意思がばれないように、首尾よく活動を進め、転身先が決まらないうちは、徹底して同僚に気づかれないようにいつもどおり業務をこなすのがもっとも正解です。働いている間、この状態を維持していれば、もしも希望に沿った働き先がすんなり見つけられなくても、転職時期を延長しながら、現在の職をそれまで通りにし続けてもトラブルがありません。そうではなくて、つい「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、会社の人間は、その言葉に合わせて対応し出します。そのうえ「辞めるつもりです」と口にしたら、周囲からは「あの人は辞める人」という位置付けになります。しかしもしも、転職の気持ちがなくなり、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周囲の人たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」ということで肩身の狭い思いををする可能性があります。

世の中は便利になったものでPCやスマホを使えばわかる・・

今ではPCを使えばインターネット上には、いわゆる転職に関連するサイトがそこらじゅうに存在しているのをご存知でしょうか?その数限りないサイトから自分自身の目的にあった転職先を見付けるためには、最初は情報を収集することから始めましょう。サイトを上手く活用することで、効率的に転職先を探せます。転職情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、注意しておきましょう。使い慣れないうちは、本当に信用していいのかどうかを見極めることがポイントとなりますから類似サイトと比較しながらしっかり確かめてみましょう。

転職の面接を受けにある会社に出向いたときのことです。

転職の採用面接を受けに希望先の会社へ向かいました。会社の会議室が空いていないということで外のある場所で面接担当者と待ち合わせて採用面接をして、その場で解散し、面接をした方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったわけですが、偶然にも自宅からの最寄駅が一緒。結局は電車内でも彼と一緒にお話をしながら帰宅することになって、その結果打ち解けて話が盛り上がり、それが奏功したからなのか何事もないまま採用を手に入れることができました。

求人関連の情報をチェックする折、「事務系の仕事をしたい」と思っている人…

求人情報を見るとき、事務系の仕事がしたいからと、製造業はチェックしない人がいますが、そんなことをする人は「製造業は製造マンの求人だけだ」と間違って理解しているケースもあります。事実、製造業での求人募集でも、現場作業者だけでなく、経理、総務といった従業員募集をはじめ、購買、営業管理といった「事務系」に分類される部門も結構な数あります。しかし、製造業の勤務場所自体、オフィス街から離れているので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。しかし、自らのこだわりを捨ててみることで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

転職活動は、希望する企業相手というよりも正確には「担当面接官」と・・

スムーズに転職したい時は、希望している企業そのものより、採用担当の面接係員とのやり取りが肝心です。面接で成果を出すためにも、第一歩として肩の力を抜いて平常心で対応しましょう。たとえば女性とお見合いをする意識で向かうと緊張がとけるかもしれません。面接によってまず第一にあなたの内面的な素質を見られるのでマイナス評価となるような見た目や言動は気をつけてやめましょう。良識ある社会人らしさが伝わるように、整った服装を意識してください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、かならず自ずと良い結果を出せるはずです。

-コラム