コラム

再就職しようとする際に必ず必要となってくる履歴書や職務経歴書においてです…

転職の際に準備する必要のある履歴書や職務経歴書は、原則的…

転職をしようとする時に絶対に準備しないといけない履歴書においては、原則、パソコンで作るというのが一般的です。日本国内では履歴書についてはパソコンによるものではなく自筆で書くのが一般常識だと捉えられていることもありますが、それは新卒に関する就活やアルバイトの時に用意する履歴書であって、実際には、転職の場合は履歴書や職務経歴書は必ず手書きでないといけないと断言はできません。手書きの履歴書や職務経歴書の方を良しとするケースもありますけど、違うケースが徐々に増えてきているようなので、自筆の履歴書でなくても良い会社はたくさんあるのです。

転職をする場合、その職場の自身の給料を過剰に気にする・・

転職をする場合、転職後の給料について気にしすぎる人が案外多くいるようです。大部分の人は仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給料としてもらうために励んでいるとは思います。年収がどれだけかは自分の評価という側面もありますから、大切なのは当然ともいえます。ですが、あまりにもらっている年収の額に執着しすぎるのも人生を損してしまう気がするでしょう。この世には年収にあまり反映されない仕事であっても精神的な充足感を得られることは多々あるからです。

クールビズの服装で転職の面接にチャレンジするときには、…

クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接を受けに行くときには、ジャケットはさすがに着て行かなくても安心であるとはっきりと断言できます。ですが、ネクタイはつけている方が間違いありません。ネクタイもジャケットと一緒でなくても良いとする企業もある場合もあるにはありますが、ネクタイだけは例えクールビズが推奨されていても着用して行く必要があると思っている会社が存在します。なので、例えクールビズ(軽装)が良いと言われていたとしてもネクタイにおいては絶対に着用から行った方が印象が良いというのはわかっておいてください。

転職エージェントは大手に限って、多くの案件を扱ってい…

「就職エージェント」の大手になると、たくさんの案件があるそれと同時に転職を希望するライバルも大勢います。したがってあなたが、気になる案件を見つけたとしても、担当スタッフのほうで「可能性が薄い」と判断すれば応募してくれないこともよくありますし、会社から見て自分よりも評価の高い人がいると、そのライバルを優先したりもするのです。このように大手の転職エージェントは、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱い意外と駄目で、方針を変えてもっと規模が小さいエージェントに対し、希望する企業や案件について相談し、応募できないか話しをすると自分の利益を考えてアプローチしてくれることもあるので、そういった活用も一つの手です。

数日前転職先を探すために人材会社へと登録に向かいました。

一昨日転職活動の一環として人材バンクへ登録を行いに行きました。カウンセリングの時に現れた担当者の雰囲気がどうも入社間もない新入社員で、私が説明したことの50%ほどもその社員は理解できてないようでした。さらに悪いことに「キャリアデザインがまだまだですね」とか「きちんと強みと弱みをはっきりさせておくことが必要です」等、ベテランのように偉そうに言うので大変不愉快でした。カウンセリングを担当させるのはそこそこ仕事を経験している方にしてほしいです。

転職活動をする際は、「履歴書」「職務経歴書」の2点が必須となります。

転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書が必須といえます。大部分の会社は履歴書及び職務経歴書に書かれている内容を元に面接するかどうかを判断するため、とにかくこの2枚の書類が大切なポイントです。ただ穴埋めするだけでなく記載内容が充実していることも重要です。職務経歴書は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書き綴ります。さらに、現在の会社で挙げた実績を、例をあげれば残業時間を何時間減らしました、など明瞭に記してみましょう。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自分にプラスになるようにうまく活用することもよい転職をするための有効な手段です。

転職をスムーズに行いたい場合、相応の準備は不可欠です。

再就職する場合、然るべき準備は必要不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、そんな中でも目に見える「ファッション」は誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。とはいえ、昨今の、採用面接では形式ばらない服装で大丈夫な企業があるので、ビジネススーツで面接に赴く必要はありません。とくに会社の創立して間もない会社などは、フレクシブルな考えなので私服で行ったほうが、相手からの印象が良くなります。そして、堅いイメージを与えないのでフランクに話ができるメリットも。そうして、私服だと面接の間に、服装の話題に発展しやすいですから、面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。というわけで、今から転職は企業の「創立した年」を確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問として…

転職活動における最後の問題として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先から採用の内定をもらえても、現在勤務している企業があなたを慰留するというのも起こりがちなケースです。そのような場合は、障害を乗り越えて退職する、という強い意思を維持することが大切です。もしも会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を作成しておきます。そのあとに、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と毅然とした態度で伝えましょう。円満退社を目指すのも転職活動で大切なポイントとなります。

転職の時の面接で着用するスーツの色に関しては、新卒の学生が就職活動・・

仕事の面接で必要なビジネススーツの色合いは、新卒の方が就活の際にに身に付ける色合いが一般的です。ということは、紺色や黒色といった暗めの色合いになります。それが、転職のケースにおいても、着用するスーツのカラーは新卒の就活の時のようなカラーが多く、それ以外の色の人はほぼ見ることはありません。あえて言えば、まれにグレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいで、一般的には黒や紺色とかのスーツがほとんどなのです。ですから、人事の方から見ても黒や紺色であるほうが普通に見えます。ですから、第一印象という観点では推奨したいわけです。

転職活動中に、面接時に高い確率で質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職のための活動を行っていて面接で間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機に限っては、正直に話してもかまいませんが、これとは異なり転職理由について隠さずに話すのは問題です。例をあげれば給料に関する不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、面接担当者に悪い印象を持たれるものです。おそらく、自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持つことが多いので、遠回しに聞き出そうとしてきます。悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の業務内容以外を一切話さないことです。それにプラスして、「入社後、〇〇をしていくつもりです」、「5年先はこういったことをしているだろう」、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形でポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

転職活動を現在の仕事と同時に行う人が多いです。

現在の仕事と転職活動を並行される人は少なくありません。でも、忙しく仕事をしつつ求人情報をチェックして、その応募手続きをしたり、面接に行くのはスケジュール調整も含めてハードです。転職活動をしているあいだ、今の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接の連絡が来た後で事態すれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを通している場合はエージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、それとは異なり自身で直接、応募した場合も応募した企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。いずれにしても自身の貴重な時間をムダにしてしまうおそれもあるので、行くつもりがない企業は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と覚えておきましょう。

初めて失業保険を受ける際に、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている・・

はじめて「失業保険」を受けるとき、何もしなくてももらえると思っている人がたいへん多いですが、それは誤解です。実のところ、失業保険を受け取るためには、求職活動を行わなければならず、その上に、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとに担当者に就職活動の状況を報告して本気で就職活動をしていることを信じてもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。もしも、きちんと就職活動をしていないと思われたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加なときは、有無を言わさずに給付の一時停止の措置を取られたり、ケースによってはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそれを防ぐために充分に気をつけてください。

これから転職活動を希望しているのなら、直近の職場や…

今から転職活動を考えているのなら、今いる仕事・業務での納得いかない部分を明確化する事が必要です。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。不満なことにガマンできないから転職しようと思っているはずです。でも「きちんと今の職場の不満を書き出す」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗を防げます。そのあと、転職を叶えたとしたら、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを抑えることは容易になるはずです。

転職エージェントと転職サイトを使用して、転職活動を行う人はかなりいるはずです。

転職エージェントや転職サイトなどを利用して、転職活動する人は年々増えています。とはいっても、ベストの転職先を探すにあたっては、それと同時に転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアは、多くの企業が一堂に会する場であり、参加すれば複数の企業について知ることができ、また、説明員等の雰囲気から、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。転職フェアに行くときには、面接を受けにいくつもりでしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。それによりフェアを通じて、企業に自分の魅力が伝われば、それからあとの面接等に進む時にかなり有利になると予想できます。

現在の労働背景の大きな変化に際して、働きざかりの世代の中・・

昨今の会社や企業の労働環境が目まぐるしく変わってきたことに関して、若年層が特に注意してみているようです。おそらくは、今後の転職とキャリアアップを視野に入れているのでしょう。このため、サラリーマン・労働者の「流動化」が著しくなっているため、加えて、今後、益々世代に関わらず転職の関心が増加していくと思います。この様な情勢の中、転職は一般的なこととなっていくでしょう。「終身雇用制度」があった頃は、「転職」というとそのことで評価が下がるとも言われて転職が思ったようにいかないケースも多くあったようです。ですが、時代が変わり現在の会社に執着する意味も必要性も特に無いように思います。

就職活動において、年収は非常に大切な要素です。

就職活動において、年収は大変大切なポイントです。面接時には、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき実際もらっている年収よりも多めに申告し、高額な年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、源泉徴収票が必要となるため、たとえ一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現職での年収をハッキリと伝え、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげれば、年収300万の人が転職後に500万円となる可能性は普通はありません。現在の年収が430万円としたら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが良いです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、せっかく入社した会社を退職を余儀なくされることもあるので、気をつけましょう。

これから先、転職活動をするのなら、気になった求人(業…

転職活動のとき、気になる求人(あるいは職種)を見つけたときにマメに「〇〇業、ブラック」とインターネットで検索を掛けてみましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、まずその業界に関するマイナス要素について、知ることができないのが普通です。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、ネット検索を活用することで瞬時に現実を知ることができます。そういった実態を理解しないまま、会社に入ると、のちにガッカリしてしまうおそれがあります。だいたいその求人募集が出ている理由が「業務内容がキツく、人が辞めて穴が開く」といった場合が多くを占めます。目に留まった案件・業種については、注意したほうが良いでしょう。

もしも再就職の前に、今の会社にいる人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、…

もしも転職前、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の雰囲気が一変するかもしれません。あなたの置かれている立場によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。加えて、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、転職のことを周囲に言うのは充分に注意が必要です。上記のようなトラブルを避けるためにも、いまの職場では、真面目を装いましょう。そうすることで、良い雰囲気のまま晴れやかに会社を去ることが出来ます。そして、円満に退職できたなら、退職後も、あなたが何かあったとき、アドバイスをもらえるような良好な関係性を持っておくことができます。規模や業種に関係なく、どこの企業も、人との縁はとても大事なので、会社を辞める際のトラブルは、充分に注意しておきましょう。

新しい職場で、これまでに培われてきたスキルが生かせれ・・

新しく就いた仕事でこれまでに培われてきた実力を存分に発揮できれば、即戦力として仕事を任してもらえ、直ぐ仕事場にも馴染めるし、いい人を求人している会社サイドも、即戦力は常に必要なので、雇い主側が判断しても即戦力となる転職はわけなく採用されるでしょう。しかも、以前の仕事内容と似ている仕事なら転職自体、苦もなく叶えられるでしょう。とはいえ、そこそこ能力があるといっても大手の事務系の業務や、公務員の募集については、今も昔もかなりの競争率であることは間違いないでしょう。

転職の際に欠かせない企業での採用面接での多数の人が考え違いをしているのです・・

転職のための面接では、勘違いしている人が多いのですが良い印象を与えたいと必要以上に猫をかぶることです。するとはっきり言って逆効果になる可能性があります。そんな事態を避けるためには例に挙げるならば面接時は、「残業」といったような、普通はちょっと聞きにくいことも勇気を持って質問しておくと、最終的に絶対に自身のためにもなります。信じられないかもしれませんが、「採用前の段階で、そういった内容を無神経に尋ねたら、選考結果に不利になるのではないか」と気にする人もいるかもしれません。ですが、かえって面接官に良い印象を持ってもらえる可能性が高いのです。こうした労働環境やお金に関する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が知りたいと思っています。けれども、多くの人が気を遣ってモジモジして質問できません。それをあえてそんな状況で踏み込んでおくと、「言うことはちゃんと言える人だな」ということで自己アピールになるのです。

-コラム