コラム

再就職をしようと考えていても誰でも思ったとおりの結果が・・

再就職しようとしても全てがうまく進行するかどうかはわかりません。

転職しようとしても万事うまくいく確証はありません。可能であれば、どっちにしろ転職をしなくてはならないなら若いうちに出来るだけ早く行動に移すべきでしょう。大半の場合、20代のあいだは良い展開を期待できますが、残念なことに、30代後半~40代に突入してしまうと転職自体がとても厳しいものと考えておくべきです。管理職など、要職に就いているのなら、転職に気持ちが傾いたとしても、会社に残ることも結論として選ぶ答えの中から外さないほうが良いです。ようするに、会社を辞めてから転職活動をスタートさせるよりも、現在の会社に籍を置いたまま注意深く行動したほうが良い、ということです。

就職活動には、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェント・・

転職をするに際しては、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を利用する、という方法もあるのですが、あなたがその種のところに登録し、幸運にも就職先が決まったとしても、失業保険を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワークを通さずに就業しても給付対象とならないのであとで後悔しないようぬい気をつけてください。なお、ハローワークにより斡旋してもらった会社に就職できた場合は、就業のための準備費用として一時金が支給されます。ウェブを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険とは何の関係もありません。このことについて頭に入れておかなければ、失業中に給付金が他に入らない状況になるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというの…

3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、わずかしかたっていないのに退職届を提出する人が結構少なくないのです。私の思うところをいうと心機一転、自分に合った環境を見つけたというのに、「自分自身の想像していた職場環境と違っていた」「職場の雰囲気が受け入れられず・・」ということが理由で去っていくことが多いようです。できればこういった、転職先選びでしないためには、はやり前もっての情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤時間、給与システム、など調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

前の求人誌では、必要とする人材の「性別」まで明確に記載されていました。

今までは求人誌に募集要項の中に「性別」について、もれなく記載されていました。でも、男女雇用機会均等法によって、雇用時、男女差別があってはいけないルールとなり、応募条件のなかに「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。けれど、求人を出す側としては、性別に関係なく雇用するかといえば、そんなことはありません。現実に、実際は男手を希望の企業に女性が募集にやってきたり、逆に女性希望なのに、男性が応募してくる、でも不採用となる可能性が高くなります。求人で女性活躍等と紹介されている求人募集の場合は、雇用側が「女性」を必要としている、と認識したほうができます。

仕事を始めてすぐは年収に関して高望みはしないほうが無難です。

転職先にて、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。中でも、はじめの年度は大方「研修期間」が入っているというのがあります。私自身の場合、せっかく手に入った職場なのに、悲しいかな前いた会社での年間報酬と大方同じということがありました。それに加えて、仕事は多様で忙しく、責任のある立場で、初年度を乗り越えるのに本当に状態でした。そういった実体験から、初年度は、仕事を学ぶ年と割り切り、可能なかぎり転職前の段階で貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

現在の仕事に不安があり、転職サイトであなたにぴったり・・

あなたが現在、「転職サイト」で自らが新たなチャレンジのできる将来性のある仕事を探しているのなら、ぜったいに「転職エージェント」を活用しておきましょう。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を済まて、そこで紹介してもらえる仕事は、誰でも見ることのできる公開求人とは異なります。なぜなら、どう比べても、比較にならない程たいへん質が良いといえます。そして何より、あなたに相応しいものをピックアップし、調査して紹介してくれます。そのおかげで、あなたの希望とするあなたの希望する職種の求人をもらえたりします。仮に、同一の求人を見つけたとしても、あなたが独自に行き当たりばったりに調べていくよりも効率は良いです。そのうえ転職を成功させる近道です。

転職先を探すとき、仕事のやりがいアップと共にさらに年収が増えること…

転職を行うならば、むろんやりがいを考慮することも大事だけどさらに収入が増えることも大事なポイントなので「年収サイト」に登録をして事前に調べています。全く同じ会社でしかも全く同じ職種、社歴なのに人によって広い違いがある場合も多くあり、ぶっちゃけた話面接時に質問したことがあります。面接をした方もそのサイトをチェックしていたようで「高い収入で書かれているのは、書いた人間も誰だか予想がついてるんですけどね、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

現在の自らの職場や仕事に対する大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。

現在の自分の職場や業務内容に対して、少なからず何かしらの不満点があるはずです。「自身の持っているスキルや能力を正当に評価されていない」よって、「月給は増えず、出世も出来ない」といった不満が多いように感じられます。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、そのような悩みが強すぎる人の場合、自身の持っている力量を「過大評価」してないか、再確認する必要があります。過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と転職がうまくいかないと言う事に陥りがちです。という事態を招く可能性があります。ですから転職活動をスムーズに行うためにも、あなた自身のキャパシティを今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。

今まで経験したことのない業界とかに転身を考えるときには…

未経験の分野などに転身したい場合には、自分が以前の職場で培ってきたスキルや今まで経験したことを発揮できるという内容の自己アピールがいるようになります。その業界に勤務したことがない人はその分だけその分野を経験している人よりも不利になりますけど、自分自身が保持しているスキルがその業界でも十分に生かすことができるということをうまく相手に言えば、戦うことができるケースも十分にあります。なので、経験が全然ない業種に挑戦する場合は、その分野と今まで自分が経験してきた職務との関連をできる限り見付けましょう。

ある会社に派遣されて働いています。

派遣で勤務しています。労働契約法により否応なく、長期間勤務していた企業での仕事を辞めることになります。派遣仲間の中には、派遣で働いている会社で正社員としての契約をつかみ取った人もいるのですが抜擢された理由としては正直仕事の腕とは関係なく派遣先の上司へのあしらい方が上手な人で引き立てがあったよう。業務上のスキルよりおじさん転がしスキルが大切なのだろうと抜擢されなかった派遣仲間の友人と職場で愚痴を言ってます。

今日はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、…

近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティング会社をよく見かけるようになりました。特許出願の経験がある人は、そういった会社からのコンタクト率が高くなるといいます。彼らは、特許申請を行った人以外にも、研究開発で論文を世に出した経験がある人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など何かで有名な人をターゲットに、電話・メールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。仮にあなたが、ヘッドハンディングのような連絡を受けたなら、思い出してみましょう。ここ最近は、ヘッドハンティングと称して、登録料を要求してくる会社もありますが、その手の業者は100%イカサマですから相手しないのが無難です。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

転職を決めるあいだは、ついつい時間が有り余っている…

転職を決めるあいだは、ついつい時間がある分、緊張感のない、ダラケタ生活になってしまいます。が、そういった過ごし方を習慣にしてしまうのはかなり危険です。なぜかというと、だれた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」も不健全な状態になるからです。やがて、働く気力がわかず、お金に困る未来がやってきます。そんな状態になると、悪いサイクルがさらにつづき、転職先をなかなか決められなくなります。転職先を決めることができないのは、お金を第一に考えてしまうからです。もらえるお金を最優先事項に転職先を探すことになるとキャリアアップのために転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですから、お金に縛られない生活を始める為にだらけきった生活は、意識して避けるようにしてください。

転職の面接でする腕時計についてですが、ビジネスの場らしからぬ派手…

再就職する際に行われる面接を受けるときにする腕時計についてですが、ビジネスの場らしからぬ目を惹くようなタイプの腕時計の着用は避けたほうが好ましいと言えます。この場合の目立つという意味は高そうに見える腕時計とか、逆にチープな腕時計の印象を与えるとか、そのような真逆で目を惹くのだと考えておいてください。再就職の面接の際に着用するべき腕時計に関してもスーツやネクタイと同じように、面接するにふさわしい適切なものを選んだ方が良いと言えます。そうはいっても、年齢にあっているということもとても肝心であって、新卒時に買ったものよりはほんのちょっとでも値を上げた方が好印象であるということははっきりと断言できます。

現在は、株・不動産投資などといった不労所得で稼いだり、…

今の時代は株式・不動産投資などの不労所得や個人経営 といった生き方も増えています。そういったような社会的変化に伴い、「自営業は不安定であぶない」といった見解も変わってきています。高度経済成長の頃に関しては、不安の残る株式投資、自営業といった稼ぎ方よりも雇用されて働くほうが大いに安定していて、人が生きていくうえで正しい道として、またそれが至極当然のことのように、一般の人々に認識されていた。しかし、そんな社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、今のような時代では「成熟期」といった名称で言われています。コンピューターの進化とともに、将来的には自動化・機械化が顕著になり、多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。

転職サイトは大規模なサイトの方が豊富な量の案件が掲載されているた・・

転職サイトは大きなサイトの方が掲載される案件も多いため、興味のある2,3の会社を、とりあえずウェブサイト登録しておき、勤務地・年収などの条件にあらかじめを入れておき、加えて条件に合った案件が自動的に通知されるように設定しておくと楽に転職情報を集めることが可能です。ただ、初回に限っては登録するのに非常に時間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書をしっかり準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると手間がかかりません。登録を行う初回時、時間がやや必要ですし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は、新着案件のみチェックするだけで大丈夫なので、初めにしっかり準備することを推奨します。

もし、とらばーゆの決めたのであれば、あくまで同僚・・

一度あなたが、転職を決めたのなら、徹底して周りにはひそかにその気持ちを知られないように、首尾よく転職活動していき、転職先が決まらないうちは、できれば社内の人間に気づかれないように通常通りに振舞うのがとても安全です。働いている間、その点を心にとめておけば、働き先がすんなり見つけられなくても、転身を見送って現職をし続けてもトラブルがありません。でもつい「転職するつもりでいる」と口にすると、周りの人は、その言葉に合わせて動き出します。それどころか「辞めるつもりです」と口にしたら、周りからは「あの人は辞める人」という位置付けになります。そのような状況になってから、転職の気持ちが冷めて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周りの人間には、「一度は退職しようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍中は、立場が悪くなると感じることもあるでしょう。

パソコンで調べればネットのエリアには、いわゆる「転職に役に立つサイト」に類するもの・・

どうもPCで調べればネットのエリアには、転職に関連するサイトが多数あったりします。その多くのサイトから自身が欲している転職先を見いだすにはとりあえず情報を収集することが欠かせません。こういうサイトを上手く利用することでよりスムーズな転職先を探せます。最新情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。使い慣れないうちは、信用に足るサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから類似サイトと比較しながらしっかりチェックしてみてください。

転職の面接を受けに転職したい会社へ出向いたときのことです。

転職の面接を受けに希望先の会社へ行ったときのことです。偶然その会社にある会議室が空きがないというわけで外部のとある場所で待ち合わせて面接が行われ、その場で解散をして、面接を行った方も会社に帰らずそのまま自宅に帰るとのことでしたが、驚くことに自宅からの最寄駅が一緒。結局は電車の中でも彼とずっと世間話をしながらいっしょに帰宅することになって、おかけですっかりリラックスして面接しているよりも話が弾んで、それが功を奏したのか最終的に採用を掴むことができました。

求人に関係する情報をチェックする折、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほど…

求人サイトをチェックする折、例えば、事務系の仕事が希望だからと、製造業に目を通さない人がいます。そういった人は、「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と誤解しているケースもあります。事実、製造業の求人であっても製造マンだけでなく人事、経理、総務といった人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「事務系」に分類されるお仕事もたくさん存在します。ただ、製造業がある場所はオフィス街から外れたエリアにあります。ですから、その箇所がマイナスと感じるかもしれません。しかし、自らのエゴをなくすことで将来の可能性を高めてくれる機会になるかもしれません。

転職のための活動は希望する企業とのやりとりというよ…

転職活動では、企業そのものよりも、どちらかと言えば面接係員とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、第一歩として緊張せずに冷静に、焦る気持ちににならないように、例を挙げると素敵な女性とのお見合いのような気分でいる、向かうのも大事でしょう。とくに面接がはじまると最初にあなたの雰囲気や人間性をチェックされてしまうので誤解を招くような見た目・言動は気をつけて控えましょう。そしてモラルある社会人らしい面接に適した服装(T・P・O)を意識しておく必要があります。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって採用したい人材と感じてもらえれば、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

-コラム