コラム

とある古物商の求人に応募し、書類選考をクリアしました。その…

とある古物商の会社で、書類審査を通過しました。す・・

ある古物商の人員募集にて、書類審査に合格しました。その後担当者から面接の日時を指定してもらいました。しかしながら、当日、指定された場所へ行ってみると、相手が面接準備を一切していないことに気づきました。しばらく待って、所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、始めから終わりまで、たいへんにだらしない態度を見せられ、ひとまず面接が終わりました。けれど、2週間後と言われた結果の連絡が一切もらえず、待っていられず、私のほうから問い合わせてみると、「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。心待ちにしていたのですが、結局届かず、そんなわけでふたたび、電話した結果、どういったわけか、「残念ですが不採用になりました」、と一方的に電話を切られてしまいました。あまりの対応に呆れ果てて言葉も出ませんでしたが、本当は、採用されなくて良かったと思っています。

就職のため職探しをするときに特に注意が必要な求人の募集内容は、…

転職するため職探しをする際に気を付けたほうがよい求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料がよく、拘束時間が長めのものです。このような案件の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれていることがよくあります。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、30時間とか45時間といった感じで求人の記載内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これくらいの残業が想定されるため、事前に給料形態に残業代を含んでおく、といったシステムです。(この仕組みは違法ではありません)例えば『みなし残業代35時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を入れれば、これだけの給料になります」という求人になります。が、悪質なブラック系の求人では記載しておくべき『みなし』という言葉自体がない場合もあるので、よく気を付けてください。

会社で何かあって回復が難しいほど心的に厳しくなって・・

仕事のせいで回復が難しいほど心的な負担が大きくなり、職場を変えなくてはいけない状況にまで悪化したなら、相談するのは会社の人にするより家族などの近しい存在の人に話を聞いてもらい会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。なぜなら、働くことはあなたのためでもあります。が、しかし身内の問題が第一にあるからです。どれだけ報酬が良いからといって、精神が追い込まれるまで働くのは健全とはいえません。昨今は、働く当人が働きやすいことを優先していく生き方が尊重される時代です。あなたの身内や、あなたの心と体を大事にしましょう。

失業保険の給付は、就職活動をしていることを理解してもらわなければいけません。

きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、客観的な意味で、職を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。しかし、実際は「会社に行かなくてもいいし、しばらくは仕事をせずにゆっくりしたい」のが本音だと思います。そこで、本気で次の仕事を探しているように見せる方法は、あります。月に一度ハローワークに行って担当スタッフと面談するのはあたりまえですが、求人票の閲覧は必ず行う必要があります。心の中では探したくないときは、「求人票」にだけ目を通し、ハローワークスタッフとの面談のときに、「労働条件のいい仕事や自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が残念なことに見つかりませんでした」と告げて次の機会を狙えば良いです。

看護婦と呼んでいた看護師というのは女性の割合がたいへん大き・・

その昔は看護婦と呼んでいた看護師は仕事としてどうしても女性のかなり多い職場です。そして、気力や体力をかなり消耗する職場ともいえます。とうぜんのように人間関係が上手くいかなかったり、自身の結婚・出産などによってそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり取りづらい仕事です。実際、上記のような問題に行き詰まり、職場を替える人がとても多いのが現状です。過酷な労働環環境であるために、看護師は、人材不足な状態になっているのです。常にどの医療機関も看護師を欲する「売り手市場」となっていて、転職の増加を後押しする状態に拍車を掛けています。

転業を検討しているのなら、労を惜しまずに多くの会社を調べたり比較したりしてお…

再就職したいなら、いろんな会社を普段からチェックすることが、再就職先の選択をするときにとても役立ちます。今の職場に不満足だと感じている場合、本格的に転職活動を始めたときに、どこの企業も魅力的に思えてしまいます。そういった状態だと、どの会社を選択するべきか、迷ってしまい、選択をしくじりかねません。したがって、短い期間で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、事前に正しい判断ができる目を養っておくのがベストです。会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」を見るのがオススメです。透明性を重んじる会社は取引先の情報を公開していますし、そうでは無い会社は宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、その点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。また、会社によって個人グループに入っていたりもするので、グループの名前で中身を調べておくのも良いでしょう。

転職をするための活動を行う際は、最初にとにかく自…

転職のための活動をしている最中は、とにかくあなたの心が落ち着いていることを忘れないようにしたいものです。まだ会社を辞めないで転職活動をするのであれば、それほどないかもしれませんが、退職の後にするのだったら、どうしても気持ちが焦りがちになってしまいます。そういった点を理解し、慎重に転職活動を続けるのを忘れてはなりません。将来、自分がやってみたいことや、理想とする職場のイメージをハッキリイメージしておきましょう。候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致してるか、再度、冷静になって見極めていきましょう。この手間を掛けることで良い転職先が見つかりやすくなります。

今あるスキルや資格を活用しながら転職したいと思っているな…

自身のスキルを有効活用しながら、就職活動をするつもりなら、比較的、転職がしやすいジャンルと転職が難しい業界がある事を理解しておいてください。すんなりと転職がかなう職種としては、たえず人手不足になっている「医療・介護」が最たる例です。医療や介護では、看護師や介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、ハードルの高いジャンルといえます。今、看護師や介護士として活躍している人が、様々な理由により、他の業界に再就職する事を考える場合、注意が必要です。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。そのため、容易に考えない事が必要です。異業種への転職を希望するなら、他の業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、気をつけましょう。

転職の際に必ず受けることになる面接では、小企業であれば・・

転職希望者が受ける面接では、中堅企業であれば概ね「人事」が面接担当ですが、どこでもそうとは限りません。例を挙げるとしたら、ともに仕事をしていく作業部署の一番偉い人、かいつまんで言えば役職クラスである課長や部長が面接することも決して少なくありません。とりわけ、営業系や事務系などの部署に転職する場合は、資格での見極めが難しいですから、きちんと自身をアピールしていくことがとても重要になります。面接担当者から「この男は、堂々と自己アピールしてるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大事です。

転職時にかなり重要視されるのが間違いなく「面接」である。

転職をする場合、比較的重要となるのが間違いなく「面接」になります。大半、面接の場合は当人に対して転職を決意した経緯など色々な質問が飛んできます。そしてほぼ100%、面接が終盤を迎えるあたりで今度は、転職希望者から面接担当の人に不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。例えば、「何か弊社について疑問に思うことはありませんか?」と言ってくれるわけです。こんな時は、面接者本人が緊張しすぎて何も聞けなくなったりするものです。後々後悔しないように予め面接担当者からの質問に際し、質問の内容を整理しておくことをお勧めします。冷静に考えてみれば何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、やってみてください。

将来、着実に考えなくてもできる作業は機械に切り替えられて…

今後より一層思考を必要としない労働は機械に交代させられていき当然のことながら必要な労働人口は少なからず削減されます。なぜかというとシンプルな作業は人の手を借りるよりも機械で進めたほうが比べられないほど能力が高いからです。例えば、数量を計測したり、同一の動作を反復したりすることは機械にとってはへっちゃらです。当たり前のことながら人間とは違って泣き言も言わない、疲れないし、不正行為をすることもないし、早いし均一化できるメリットもあります。さらに、人と違って給料が発生しないのも大きな違いといえます。このように、人を使う理由がまったく無いため、機械化されるのは自然といえます。

派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎたら好きなタイミングで辞められるわけではないと…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年ごとに任意のタイミングで退職できるわけではないと、転職活動を経験して学びました。私は結婚後、落ち着いたらできればすぐに子育てに取り組みたかったので、それまでの期間のためにだいたい1年半~2年くらい今までのそのまま仕事したかったので就職しました。フルタイムでなく派遣社員であるために、収入は安かったですがそれでも家庭の時間が得られるのでガマンしました。が、いざ入社してみると一緒に働く方たちはほとんどのスタッフが10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。意外にも派遣だからといって、契約が終わってもすぐ辞められる雰囲気もなく、ちょっと困っています。

看護師という職業の人のほかの仕事に転職する原因は人それぞれ。色々な事情があるはずです。

看護師という仕事の人の違う仕事に転職に至る原因は、人それぞれではないでしょうか。さまざまな理由がありますが、看護師が他の仕事への転職するには「職場の人間関係にウンザリしている」「結婚がきっかけで家事のことがいろいろとあって子育てそのうえに親の介護など、いろいろな仕事環境の変化など、これまでと同じようには働き方ができなくなった」「現在の稼ぎに不満がある」といったような悩みがあるのでしょう。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決断する前に、どうして転職をしたいとと、頭を冷やして冷静に、客観視してみることも重要です。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断されることを強くお勧めします。

女性の転職は、今日と数年前では少なからず、違いがあるようです。

女性が転職する際、近年と一昔前では多少の違いがあるようです。一昔前は面接の場で会社側から、「結婚の予定」や「出産後の仕事」などのことに関して、ごく普通に質問されることがありました。でも、最近では、その手のデリケートな内容は、「セクハラ」と捉えられ、聞かない会社、の方が増加傾向にあります。そしてまた、特に大企業の場合は、あからさまに避ける傾向にあります。ですが実際、会社側としては、はい・いいえ、で返答するのではなく、その女性が、結婚した後は退職するのか、出産後の細かい予定を当然、知っておきたいとは思っているものです。自分の将来設計をわかっておいてもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールと並行して表現することで、相手側も考えがわかり、判断してもらいやすくなると思うわけです。ということで、質問されてない箇所についても、あなた自身から会社にとっては必要な情報と捉え、答えておくのが良いです。

転職活動をスタートするときに、とにかく勤務先の会社に退社の意向を伝えてか…

転職活動を行うときに、まずは今勤務している会社を辞めた後でといった方法もありますが、そのような場合今度のボーナスの時期を前もって調べておきましょう。社員にボーナスを支給する会社はいくらでもありますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスをゲットできる日が目前に迫っているのであれば、ボーナスを手に入れてから会社を去るというのもおすすめです。ボーナスってある程度たくさん入るので、手に入れておいた方がいいとも分かりますから、転職を思いついたらボーナス支給日をまず確認しておいた方がスマートなやり方です。

『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで…

『転職したい!』と思っている人のなかで、自分の意志が本当に強いものであるなら、すぐに上司に言うべきです。相談という形で話せば状況によって高確率で言いくるめられるので要注意です。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、話がこじれて最終的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。退職する旨を当初、直属の上司へと相談したのが年度末で、数ヶ月延びて退職が受理されたのが同年の11月です。希望では仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めたかったです。大変驚きました。やっぱり人事の采配等もありますでしょうが、スタッフの希望を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでその会社に対しての前の職場に対して信頼はなくなりました。

従兄からの話です。大学生のときの就職活動で絶対に入社したかっ…

これは兄の話です。始めに大学生のときの就職活動でぜひとも入社したかった憧れていたA社の入社試験で、最終面接までいきながら採用されず、そのためやむを得ず別の会社に入りました。そのあと1年経ったぐらいに派遣の求人サイトをチェックする中で偶然A社の紹介予定派遣の仕事が目に入り、我慢することができずその時の会社をすぐさま退職し、派遣という形でA社での就業を開始しました。勇気がありますね。死に物狂いで頑張ってその先学生時代に憧れていたA社で正社員として採用され、今では仕事のやりがいを感じながら楽しく働いています。

転職しようと考えている会社の見学は、すごく勉強になります。

転職しようと考えている会社の会社見学は、すごく参考になります。とくに、「職人」がいる会社見学は、職人技を近い距離で見られるので楽しみです。が、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者には絶対、本来の仕事風景を見せてくれることはまずありません。特にその傾向が強いのはずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働です。この業種では、個人のプライドが強いので入社後でなければ、実際の姿はわからないものです。そのため、仕事は見学で見たものだけだと考えないことがとても大切です。さらに、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社は、かなり問題なので正直言って、言語道断といえます。入社していない人間には、何かしらのトラブルが起こっても、保証が一切ないため、スタッフから勧められても丁重に断るほうが良いでしょう。

今励んでいる転職する活動をしているときに、「私はこれまでずっ・・

転職活動時、「自分はかつて、こういった種類の仕事を長く続けました」「これまでにこのような技術を身につけました」と過去の自分自身の実績を強調してアピールする人はわりと少なくありません。ただし、志願し新たな環境下で「将来、こういうような仕事をしたい」「私が話したようなことであればぜひ参加したい」と将来のプランを話してアピールを狙ったほうがよっぽど効果があります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな…

今日では、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件についての取り締まりが強化されたり、悪質な経営をしていると社名を公開されたりと、厳しく罰する傾向にありますが、まだまだパーフェクトとは言えないのが現状です。そのため、面接で見破る必要が生じます。求人票などに記載された労働条件をチェックし、不安に思う項目について聞いてみましょう。ブラック企業であれば、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。「その場でははっきり答えられない」とはぐらかされるはずです。中でも給与と残業、休日に関しては、詳しく聞いていくと、渋い顔をするケースが多くあります。それでも食い下がっていくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、そこで相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、何か違和感を感じたら、入社はキャンセルするのが無難でしょう。

-コラム