コラム

「転職エージェント」は、一度登録すると、電話やメールでの連絡が何度も来ます。

転職エージェントに一旦登録すると、電話やメール連絡が頻繁に入ります。

転職サイトは、一度登録したら、電話やメールでの連絡が頻繁に来ます。これに対して「転職エージェント」の利用が初めての人は大変びっくりする場合がよくあります。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことがその役割なので、とても積極的な姿勢でいます。中でも特に大手のエージェントは、転職を成就させると企業からお金を受け取る仕組みのため、転職活動を行っている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多いものです。また、転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定が取れるとすかさず、入社を強引にすすめてくることが多いです。対抗策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、無理に転職することがないように注意を払うことが大切です。

20代のうちに転職を2回経験し、そして現在、資格を取得したいの…

20代までに転職2回で、そして現在、資格を取る目的で派遣社員として企業で働いています。常勤の勤務でないため、手取りは安いのですが、ですが、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。たまに、学生時代にもっと資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、実際、そのような人を見るとかなり羨ましいと見えてしまいます。以前までは自分と他人をどうしても比べてしまい、落ち込むこともありました。しかし現在では、結婚して随分と生活自体が大きく変わり、前よりもその中で将来の目標も定まったので充実した日々を過ごせています。

これはシフトのある仕事についてです。

これはシフトの勤務形態がある仕事についての話です。毎週、一定の曜日に働ける人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もし、応募しようと考えているなら休む手順やシフトの提出方法については事前に確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、私は過去、産休で抜ける人の代わりにと正社員の仕事についたのですが、私のシフトが土日が固定シフトで新人の私以外、誰も現場にいませんでした。前任者が「土曜、日曜」に必ず出ることができたので、私もそのような人と思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入った場合、シフト変更を出す必要があり、上の人に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自分でお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?今思うとよく我慢したな、と自分でも驚きです。

知っている人の紹介で転職先を見付ける人がいます。

友人からの紹介によって転職先を探す人もいるでしょう。でも、転職先の労働環境、それから労働条件といった点に関して知っている人からの口コミ情報のみで信じすぎてしまうのは、あとで問題になることが多いです。そういうのは個人の口コミ情報というものはどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。つまり友人・知人にとって、働きやすい良い働く場所に映っても、自身には、ストレスだらけの環境、、、という場合かもしれません。またその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミだけで判断せず、自分の決断を信じるしかありません。

大半は大手企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから…

多くの場合一流企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職希望者には向いていません。加えて、都心を離れると転職の機会はずっと低くなるでしょう。ただし、製造業の企業の場合には、都市部でない地方の工業団地付近に拠点としているよくあります。また、その地方工場では事業分野の拡大をする際に「途中採用」をしているので、そういった好機に転職も悪くないと思います。地方の工場での転職をされる場合は、転職を希望する会社の情報を得ておきましょう。ホームページにアクセスして、求人がないかちょくちょく確認すると良いでしょう。

転職の面接において企業側からクールビズで来てくださ・・

再就職の際の面接での身なりはクールビズでもOKとと連絡が来る場合もありますが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは本当は良くないのでは?と感じてしまいます。そういう悩みを懐に感じている方に伝えたいのは、企業側からクールビズでも大丈夫だと言われている面接のときは言われた内容をそのまま実行したほうが堅いです。迷うことによってしまい、真夏であるのも関わらずスーツをびしっと着ると不自然な印象を持たれてしまいます。ですから、会社側からクールビズでお越しくださいと事前に聞かされたのならクールビズでいくのが望ましいです。

転職することをスムーズなものにするには、最初から行動をしなくてはいけません。

転職を成功させるためには、前もって徹底した情報を集めることが不可欠です。ですから近年はたとえ中小クラスといえどもホームページが用意されているというのが多いから、ネット検索で自分が気になる点を手に入れるとそれとその会社のよくわからないことなどをチェックしておくと転職時に助かります。さらに公式ホームページ以外にも、転職サイトなどを上手く利用することも対策としては有効です。実際に何よりもその職場を自身の目で判断してみるのも良いと思います。

初めて働いた会社で反りが合わない上司に悩みを持ち、耐えることができなくなり退職し・・

新卒後最初に働いた会社で意地の悪い上司に困惑してしまい、ついには耐えることができなくなり退職し、同業者である別の企業に職を変えました。その会社では人間関係で悩むこともなく本当に満足の毎日でしたが、じわじわと会社の業績が落ち込み、経営統合されることになりました。奇遇にも経営統合の相手はなんと前に働いていた会社で、しかも非常に嫌いだった上司がまた私の上司になることになりました。いったいこれはどれほどご縁があるのでしょう。当たり前のことですが新しい転職活動を始動しています。

再就職における面接などに関して担当者に名刺を手渡されとしたら…

再就職での面接などの時にもし担当者に名刺を手渡されたら、自分も相手の方に名刺を渡すべきであるのかどうかと迷ったときは、一般的には差し出さなくても良いと覚えておいてください。面接は仕事の内ではなくて、職に就くための就職活動の一部であるわけですから、普通に考えれば名刺をやりとりする時間ではありません。そのうえ、あなたは立場上会社の人間としてその場にいるのではなく、個人的な問題でこの場にいるわけです。そういった訳で、相手側から名刺を渡されたとしても、こちらにおいてはもらうだけでよくて、面接担当者に相手にあげる必要はまったくないと思います。

もっと良い職場に入りたいと転職をする活動をしている人と…

今の会社を辞めたいと転職を希望する人というのは、「1秒でもはやく、採用通知が手に入れたい」といった気持ちが強くなってきます。しかし、良い知らせが得たいあまり、自身の能力に関して嘘をついたり、反対に過小評価にしかならないことは、できるだけよしましょう。焦燥感をぐっと抑えて、冷静に、そして客観的に、自分の能力にあった職場を探すことに専心しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、さらには、今後のキャリアアップが実現できる職場を賢く探していきましょう。

趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと考えている人は注意が必要です。

自分自身の大好き、を仕事にしたいという風に考えている人は気をつけた方が良いです。これは、私の経験に基づいたことなのですが、私自身、食べることが本当に好きだったのですが、それが理由で飲食の世界(レストラン)に勤めていました。その飲食店での業務は、そのレストランで私が任されていた業務は、簡単な盛り付けやホール業務です。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。けれども、人間関係ですごく嫌になってしまいました。ということが引き金になって、退職する羽目になったのですが、それと同時に、あんなに好きだった食べることやそのレストランで提供していた食べ物すら嫌になり、よく似た飲食店には今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事を始めた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、実現させることは素敵ですよね。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、じっくり見直す必要があります。

派遣会社での仕事が決まりました。

派遣社員としてある会社で働くことになりました。仕事の1日目に営業を担当している人と派遣先の近くにあるコンビニエンスストアで合流することになっていたところ、どういうわけか約束をしたお店の前にいないので店内にいるのではないかと考え店の中に入ってみると、営業担当者は驚くことに雑誌コーナーのところで座り女性の裸が載ったグラビアページを開いて読んでいるではないですか。こんな担当の方の仕事なんて人間として恥ずかしいことだと思って、そこで声をかけずにお店の中から出て即座に派遣会社へ辞退する旨の連絡をしました。

転職したケースでは、だいたいの場合は以前の会社の仕事で…

転職後は、大体の場合、以前の仕事は出来事は美化されます。実のところ現在の職務に納得できない点があるから、それを解決するべく転職を決めたはずなのに、昔を思い返すとどうしてかわからないけれど転職した会社よりも「前の仕事のほうが良いのでは?」と思えてくるのです。それというのは至極当然で、以前の職場では仕事の手順に慣れていて、今よりも苦労なくやるべき業務もできていたからが、もっとも理由にあるはずです。だが実際は「やっぱり転職なんてしないほうが良かった」と真剣に思うほど、前の会社の方が環境や居心地が良かった事も考えられます。

再就職して職場を一新するということは、自分に見合っ…

再就職して職場を新しく換えるということは、自身に見合った勤め先に就職したいものです。勤務先、職場を変えることによって、自分に適した仕事に有りつけるかもしれません。とはいうものの、マイナスの面も持ち合わせていて、即戦力となりうるスキルを持っていないと、転職自体が難しいです。違う言い方をすると、あなた自身が価値ある人材であれば、天職に就くことができる可能性がある、ということです。今の社会は、「職業選択の自由」が社会通念上として当たり前になっているので、会社を変えても困難も生じないでしょう。組織と人との関係が軽薄になりつつある今は、「即戦力になる人材が欲しい」と希望する企業も増加していますので、この好機を生かしていきましょう。

転職する際には面接が必須となります。

転職時の面接の時に面接官から「転職の理由は何ですか?」という風に、訊かれると思います。その際、いかなる事情があったにせよ、過去の職場の「人間関係」「労働環境」についての愚痴やトラブルを絡めた返事などは、できる限りしないほうが良いでしょう。なぜかというと、此の様な内容の話は、採用の可能性を無駄にしてしまいかねません。ですから面接時には前向きな発言がとても大切で、とにかく「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、キャリアアップを目指していくつももりです。」のような未来志向での返答が好印象となります。

日本には古来より”石の上にも3年”という格言があります。

昔から日本には”石の上にも3年”という教えがあります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」が死語となりつつある現代では「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。とはいうものの、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に再就職したいなら、大切なのは適した時期を見逃さないということです。まず第一に、今やっている職場、や自分の置かれている立場などについて、納得できない点を10個、少なくても最低5個は箇条書きしてみてください。そうしておくことで、再就職に良いヒントを与えてくれます。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、できるだけ早急によりキャリアアップできるように、がんばりましょう。

これまでの私は、「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」が中心でした。

これまでは新しい職場を探すときは主に「ハローワーク」を利用していました。どうしてかというと、大手の転職サイトは構造上、都心部にある会社の求人情報が多いからです。このため、転職は「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、掲載されるどうしても知名度は低くなってしまいますが、古くから地域密着といった点では探しやすい魅力があります。また、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と感じている人も多数いるはずです。思いのほか、良い求人もそこそこ掲載されているのでこの先転職しようと思うのなら、お近くのハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。転職サイトのようにたくさんの電話やメールが送られてくる心配もありません。

もしあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において…

もしあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」など、大都市から地方に移って再就職したいと希望する人、実践する人が増えています。最近では求人情報サイトを活用すれば、国内全エリアの求人募集もいつでも簡単にアクセスできます。けれども、地方での求人情報は、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないというのが大きく違うところで、デメリットでもあります。なので、求人情報サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。転職サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトも頻繁にチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する就業サポートの情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。

自分が転職を考えていた時期に何社かの人材紹介会社に登録していました。

昔はかなり何個かの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に思ったこと、それはサポートしてくれる担当者のレベルが多様でほぼ物足らなく感じる人ばかり。こちらは人生かかっているのにもっと情熱をもってに臨んでほしいという落胆した気持ちが募り、その事がきっかけとなってキャリアカウンセラーを目指すことになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取得するためには経済的に負担も増え勉強の面に関してもハードではありますが、求職中の人に信用してもらえる存在になるために努力しています。

転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方…

転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひ覚えてほしい箇所があります。なんとなく派遣社員に対して、データの入力、電話対応などの雑務、雑用等をといった業務内容を思い浮かべる人がおそらく少なくないでしょう。本音を言うと私自身もそのように思っていました。今、勤めている職場に入社するまでは「派遣社員」の求人を見て応募したときには「電話対応が主な業務」と直接派遣会社から伝えてもらっていました。ですが、いざ働き始めると、「電話対応」とともに、退職した正社員の業務の穴埋め役となるよう、指示されました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、面接のときの説明とは全く違うので毎日とても困惑しています。今は、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

-コラム