コラム

転職をするとき、まず第一にハローワークの求人票や求人雑誌を閲覧したりし・・

転職活動を始める場合、始める前に、求人雑誌を閲覧したりし・・

転職活動をするとき、事前にインターネット上で求人サイトを見たりして気になる会社を調べるはずです。ところが、当該会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントからアドバイスを受けていることが少なくありません。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す能力に長けています。仮に公表する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種の社長の方針や社員の感想については、馬鹿正直に信じるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。仮に額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、予想とは全く違うとあとで後悔するかもしれません。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、いろいろとイチャモンをつけて会社を辞めれないように仕向けてきます。このようなブラック企業には気を付けましょう。

長く接客業で仕事を続けてきましたが、加齢とともに立ったお仕事・・

長い間接客業で勤務を続けてきましたが、歳をとるにつれ立ったままで行なわなければいけない仕事は体力的につらくて、座って仕事ができる事務系のお仕事へ転職することを頭に入れて活動をしました。事務未経験の場合なかなか採用してもらえず、それなら接客の要素もある受付兼医療事務をやろうと考え資格も合格して個人の病院に転職することができました。周りは超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係においても難しい。夜のシフトばっかり押し付けられて、接客業で働いていた頃よりも帰宅時間が遅くなってしまったのですが、初めの頃はキャリアを形成する時期だと思って我慢します。

就労中は出来るだけ周囲が気づかないように、(自身の転職活動・・

在職中には、なるべく社内の人間にバレないように(自身の場合)前職中に「転職するかも」という考えのみ早いタイミングで周りの人間に知らせたことがあります。でも、その後に求人を探していたのですが、結局は働く先や仕事を変えるタイミングさえも何一つ煮詰まっていないままダラダラ時間が過ぎてしまいました。一方の会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、自身の退職予定日などが段々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経たのち、次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。

最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。安倍総理が舵取りを行う現内閣では、アベノミクスや「三本の矢」などの経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界・民間企業側からも次世代の社会的な変化が具現化されてきています。それもあって民間企業サイドでも労働人口減による「人材不足」が社会的な問題として取り上げられています。ちなみに、「外国人労働者」の比率を今以上に高めていくと現政権は宣言しています。日本国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった変化のなかで日本国内の雇用状況や転職事情も大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

転職を予定しているのなら、「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

転職をするなら転職する前に「資格」を取得しておくと有利になります。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取得すると、転職時にそれを生かせるので、仕事を探しやすくなります。なので、在任中の時間が一番最適です。もしあなたが転職を目指しているなら、このあと役立つ資格を持っておくと、今の仕事に別れを告げても躊躇なく次に進められるはずです。さらに、資格を手に入れることで転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接で担当者に即戦力になる人材だと認められ、今までの職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。

このところ私は派遣会社に入っています。

今、私は派遣で働いています。サイトを見ていて気の向くままに興味を引かれる仕事を探して問い合わせたところ「そのお仕事はもう他の方が採用されました」と言われてしまい一時的にウェブサイト内から仕事情報が閲覧不能になるのですが、翌日にそのページを見ると元に戻っています。それって結局私ではダメってことですよね。それであるならば初めから変に隠さないくらいに正直に教えてくれるといいのですが、そうするのは難しいのでしょう。あるいはひょっとして偽のお仕事なのでしょうか?

これから転職活動をしていく人で、次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、…

近いうちに転職予定がある人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、ぜひ「失業手当」を受け取っておきましょう。勤めている会社側がしっかり「雇用保険」を支払っているのなら、必ず誰でも失業手当を受け取れます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、3か月の待機期間があるのですが、現在の企業の都合の退職、残業時間の内容次第で日数をおかずすぐもらえる場合があります。ちなみに、「失業手当」の額は、最後に受け取った月の給料をもとに失業手当の金額を算出されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

人生初の転職をする際、どうして今の仕事を去るのかを明確化しておくことだといえます。

人生はじめての転職をされるなら、頭に入れておかなければいけないのはなぜ現在の仕事を去るのかについて明確化しておくことです。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきです。そして問題を解決してくれそうな企業を選んでいきましょう。社会に出てからの転職活動は、在学中の就職活動とは違い、今の仕事を行いながら就職活動を行っていく必要があるため、時間と体力が必要不可欠です。ゆえに理由を明確にせず転職活動をしてしまうと、途中で挫折してしまうことがあります。是が非でも転職したい、現状を変えたいという強固な情熱がない場合は、転職活動の開始はやめておくべきだと思えます。

退職と転職を繰り返す日々を止めるための打開策が一つだけあります。

転職を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。スキルを向上させることもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。ネット社会の今ではメンタル面を鍛えるのには良い情報は容易に拾えます。また、転職とは無関係な「とある行動」によってもメンタル面を強化することが可能です。それは、ズバリ海外に行くことです。海外に旅行に行くとはじめて目にする光景もたくさんあったりと、とにかく刺激が山ほどあるのです。なので、帰国後変化があるのです。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、「世間の小ささ」というものを実感することができます。この状態のまま面接に向かえば、これまでの面接とは違い自信満々に自己アピールができるはず。ただし、退職間もないあいだは、精神的に弱くなりがちなので、これからのために休暇も必要です。

楽しく転職活動をすることができれば、精神的な重荷を抑えられるの・・

楽しみながら再就職に向けての転職活動と向き合えれば、メンタル面での負担も少ないので、転職先が見つかるまでの間に堕落はしないですみます。メンタルが健全な状態のままであれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つかるはずです。理想的なのは、休職せずに新しい勤め先を見付けることが大事です。今の会社に勤めながら、次の勤め先を見つけるのが理想といえます。ブランクをなくせば仕事をやめても、すぐに働けます。こうしていれば、職歴に空白期間ができないので、将来に響くこともありません。つまり、再就職の際に不利になることがないということです。将来を踏まえながら、転職活動を考えてみてください。

より安定した生活基盤を手に入れるために正規の雇用社・・

安定的な生活を送りたいと正社員として働きたいと考えている人はかなり多いのが現実だと思います。即戦力として働けるように努力しても、中々正社員として雇い入れてもらうことが叶わないケースも少なくはいはずです。派遣社員の求人が目につくのに正規雇用の求人以外には目もくれず時間を浪費している人が少なくないと言います。しかしあなたが、中々正社員としての転職が難しいのなら、非正規雇用者に応募することも視野に入れてみてください。正社員を募集していない企業であっても、成果によって2,3年で正社員への転換を狙えるところもあるからです。面接を受ける際に、「正社員登用」のチャンスがあるかどうかを質問しておくと今後の役に立ちます。

転職期間では、趣味に没頭したり、体力を損なわない様にする・・

転職先を探している期間は、自分の好きなことに没頭することに加え、体力の低下を招かないようにしておくとベストです。再就職先が決まり、仕事復帰した際に、趣味に興じていたことでいつの間にか集中力が養われます。加えて、体力アップが図れていることで、他の社員と比べるとスタミナがあると自覚します。というわけで、退職後は自分が興味のあるなことに集中することと、体力を低下させないようにしておいて損はありません。もしも、同じ会社内で同じ趣味を持つ人と知り合えたのなら、すぐに仲良くなれます。ですから、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

転職活動をする際、いろんな経路で情報を集めるのが通常だと思いますが…

転職活動を始めるにあたって、いろんな手段で情報を得ることが多いと思いますが、転職についての「口コミサイト」は、とても利用価値があります。一時期、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になったことがありました。辞めた(辞めさせられた)社員の報復によってそういった口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、別の角度から見れば、投稿の内容が真実でなければ、会社としては気にしなくていいようにも思えます。あるいは、実態は『クロ』で「周囲に気づかれたら恥になるから、急いで火消しをしよう」と思っているかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることで注目されるので黙認しますが、悪い口コミが多いと言う事はその分トラブルが発生する覚悟をしなければいけないと判断するのが妥当だと思います。そもそも、良い会社には煙も立ちません。

仕事を探している際にチェックする募集要項は、基準的なものとし・・

仕事を探しているときに閲覧する求人内容は通常のものとして書いてある、ということもあります。そのため、そこに載っている情報は100%間違いのないものだと信じるのはやめておいたほうが最善だと思います。特に生活に大きくかかわってくる給与に関しては全社員を平均した値なのか?最低限保証されている給料であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?といった判断ができない人はたくさんいて勝手な判断で解釈してしまうと、後からそのことを悔いるかもしれないのです。そんな訳で、悔しい思いをしなくて済むように、募集事項については、一般的なものだと思って、そういった重要なことは会社の方に直に聞くのが妥当です。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、まともな職場では…

求人についての情報誌やサイトを見てみると、たいていの企業では月収が明記されています。しかしこの箇所を見る際は、しっかり確認する事が大切です。その値だけで納得してはいけません。何故かというともしかすると、月収の金額の内訳に「毎月10時間分の残業」が条件になっているかもしれません。何が問題かというと残業代をあえて含めることで良い案件に見せて、人材を募集しているケースも考えられるのです。このほか、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている可能性が考えられます。ですから、このような応募者を増やそうとする会社には興味を持たないほうが賢明です。

再就職で面接で高確率で投げかけられるのは会社を辞職・・

転職の面接で高確率で追求されることが辞職したことについてです。この質問に回答する際には退職した会社から話題をそらしたほうが良いです。前職を退職した経緯が中心となり話が進むと言うまでもなく面接において不利なことを伴った話になってしまいますから。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、どうして以前働いていた会社を辞めたのかという事をこの会社にどうしても入りたかった理由があるという話の中身に進めていくということで、今、自分が入社したい会社の方に焦点を向けていくべきなのです。転職理由でも、そういう内容ならば、マイナスではなくプラス面を印象づける辞職の理由にすることができます。

失業時に受け取れる「失業保険」は、失業しているあいだ、給付条件になりますが…

失業した人に給付される失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。失業時までに働いていた期間に応じて異なり、90日とか120日とか設定されるのですが、驚くことにこの事実を知らない人がいたりします。いつまでも遊んでいる人を見かけるが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから急に仕事を見つけようとしてもろくな結果とならない可能性が高いです。転職を希望している会社の面接官も無能ではないので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといった箇所はだいたいバレると思っておくべきです。運が悪ければ、面接の時に失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、受かるのは難しいでしょう。

転職のために今勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、…

転職するにあたり、現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、もしも自発的に退職願を提出して会社を去る、いわゆる自己都合退職のときは直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きをしたのち、失業したことが認められてから3か月経ってやっと受け取れるのです。よく間違って退社した日の翌日から3か月経てば給付されると信じている人がいますが、実際に誤解してしまった人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってその結果としてハローワークのスタッフともめ事を起こしているのを見たことがあります。ですが、自分側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するケースでは、失業認定されてすぐさま失業保険が給付になります。

派遣会社を介して働く人が近時は多くなってきています。

派遣会社に会員登録して仕事をする人が現在増えてきていますが、派遣先の会社が派遣会社にいくら支払い、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかを可能であれば面接時に質問しておいた方が良いです。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収するシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることがほとんどです。半分以上を還元しているのなら、良い会社といえますが、中には開示すらされない派遣業者も多く、酷いケースでは、3割だけしか労働者に還元しないケースもあるのです。なお、面接のときに答えてくれないような会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、なるたけ違う派遣会社のもとで登録されることを推奨します。

新卒で入社した会社を離れ、決意を新たに転職しました。

新卒で入社した会社を離れ、心を改めて転職を決意しました。実際に転職する前は、相当に悩んでしまいました。でも、社会人となって数年あとに仕事を辞め、中途採用として働いている人が大半であると自身の転職活動で知り、無意識のうちに気持ちは楽になりました。また転職を経験すると何か、肩の荷が下りるような気分になり、自分のしたい仕事を見つけることが楽しくなっていきました。いまだ「一通り経験してから」というような意見も根強くありますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私の人生においては転職を決断して良かったと思います。

-コラム