コラム

転職をする際に必ず書く履歴書や職務経歴書においてですが・・

転職をする際に絶対に準備しなくてはいけない履歴書などに関しては、…

転職をしようとする時に準備する必要のある履歴書においてですが、たいていはパソコンを活用して作成するのが主流となっています。今の日本では履歴書や職務経歴書はパソコンを使わずペンを使って書くというのが一般常識だと考えられていることもよくありますが、それは新卒に関する就活やアルバイトやパートの時に準備する履歴書であって、実は、転職の場合は履歴書は100%手書きでないといけないとは言えないのです。自筆の履歴書や職務経歴書を評価する会社もあるようですが、そうじゃない会社がどんどん増加していていますので、パソコンで作られた履歴書や職務経歴書書でも良い場合はかなりあるのです。

転職について考えた場合、転職したあとの自分の給料について気にする…

転職というものをしようと考えたとき、転職先となる職場における自分の給与ばかりを気にする人は、けっこう少なくありません。たいていの方はですから生活費を給料として得るべく働いているのだとは思います。だから年収というのは自身がどのくらい評価してもらえるか、としての側面もありますからとうぜん大切なのは当然ともいえます。とはいえ、必要以上にもらっている年収額に気にかけすぎる生き方というのも虚しい気がします。よく見れば年収が期待できない業種でったも精神的な成長を遂げられるチャンスは大いにあるものだからです。

クールビズ(軽装)の服装で再就職の面接にチャレンジする場合・・

クールビズのスタイルで再就職の面接に行く場合、やっぱりジャケットまでは着用しなくても大丈夫だと言い切ることができるわけです。ですが、ネクタイはつけている方が安心です。タイもジャケット同様になしで良いと考える企業もある場合もありますが、ことネクタイに関してだけは例えクールビズが推奨されていてもつける必要があると考えている会社がいくらか存在します。なので、例えクールビズで来るように言われていてもネクタイだけはしていく方が悪い印象を与えないということは知っておいてください。

「就職エージェント」の大手ほど、たくさんの案件を抱えて…

大きな転職エージェントほど、多種多様な案件を取り扱っているという長所があるといえますが、その反面、あなたのように転職を希望しているライバルも多くいる可能性が高いです。そのためあなたが、気になる企業を探し出しても、担当スタッフの側が無理だと判断すると応募してくれない可能性もありますし、企業から見てあなたよりも有能な人がいれば、そのライバルを優先して送り込む傾向があります。このように大規模な転職エージェントの場合、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱っておりけっこう難しいので、考えを変更して少し規模の小さなエージェントに対し、候補とする会社や案件を伝え、応募できないか話しをしてみると、自分の利益を考えて動いてくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも一つの手でしょう。

先日仕事を探すために人材バンクへ登録をしに行きました。

先日転職先の会社を探すために人材バンクへ登録に向かいました。そこで登録カウンセリングの際に出てきた担当の人がどうも入社間もない新入社員のようで、こちらが説明している話の2分の1も理解ができていない模様。それに加えて「キャリアデザインが全然ですね」とか「もっと自分の強みをはっきりとさせることが大事です」等、一丁前に偉そうにのたまうのでとてもイラつきました。カウンセラーはある程度社会人の経験がある方にしてほしいと感じます。

転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえます。

転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必要不可欠になってきます。大部分の企業は履歴書に加えて職務経歴に書かれている内容を見た上で面接するかどうかを決めるため、ともかくこの2枚の書類の作成が大事なポイントになってきます。単に穴埋めするだけにとどまらず、内容の充実を図ることも大切です。「職務経歴書」は、過去の職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を書き綴ります。また、現在の会社で挙げた実績を、たとえば部門の残業時間を何%減らしました、などわかりやすく記しましょう。もしも、作成が難しいと思うなら、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分にプラスになるように転職エージェントを活用してみるのも転職を成功させるための有効な手段だといえます。

転職活動を進めるには、準備は必要不可欠です。

転職活動には、然るべき準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、「服装」を気になる人が多くいます。けれども、ここ数年の、面接については、私服が多い会社があるので、ビジネススーツを着込んで面接に出向かなくても良いケースもあります。会社の創立して間もない企業などは、フレクシブルな考えをしていることが多く、私服で面接を受けたほうが、良い印象を持ってもらえます。さらに、ざっくばらんに会話できるのも魅力のひとつです。そうして、私服だと面接の間に、ファッションについて、相手との話が広がる可能性もあるため、もしかしたら担当の人から気に入られる期待もできます。面接にトライするなら創業年数で決めることが、(ベンチャー系企業相手の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

転職活動の最後の難問として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

転職活動の最後の難問として、今勤めている企業からの退職があげられます。転職先の会社が決まっても、現在勤務中の企業があなたを手放したくないとして慰留するというのもよくあるケースです。もしそうなってしまったら、困難に負けずに退職する、という強い意思を持つことが大事です。もしも会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をきちんと作成しましょう。その後、決定権を持つ上司と直接話し、この退職にはどんな交渉も受けませんと毅然とした態度で伝えましょう。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動において必要不可欠といえるでしょう。

転職時の面接でいるビジネススーツのカラーにおいて…

転職の面接で必要となるスーツの色味については、新卒の就活の際にに着用する色が基本です。具体的に言うと、紺色や黒色のような落ち着いたカラー、ということになります。それは再就職の面接においても、スーツの色味というのはこのような暗めのカラーが大多数で、他の色のビジネススーツの人はほぼ見かけることはありません。他のカラーで言えば、たまにグレー系の人がいるくらいです。ほとんどが紺系や黒系がほとんどなので、人事部から見てもそういった色が違和感なく見えます。ですから、第一印象という点ではそのようにする方が好ましいわけです。

転職のための活動を行っていて面接で必ず尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動で面接で間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、正直に話しても差し支えないですが、これとは異なり転職理由は、多くの人が現職の不満かと思います。たとえば収入に対する不満、同僚・上司との人間関係など、採用担当者に悪いイメージを与えやすいものです。おそらく、自分が不利益を被ると予想できることを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、転職先となる企業は、往々にしてそういったマイナス点に関心を払う傾向があるため、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。そのあと、この企業に入社してこんな貢献をしたい、5年後はこうなっていたい、その希望が叶うのは御社しかありません、と志望動機にすり替えてしまうのです。

転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人は少なくありません。

転職活動を今の仕事と並行している人が多いです。しかしながら、働きながら求人をチェックして応募したり、面接に行くのは精神的にも肉体的にも消耗が激しいといえるでしょう。転職活動中は、今の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、そのまま書類選考が通り、いざ面接というときに辞退すると厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを通して応募している場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、他方自分で直接応募した場合も相手企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない企業は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると認識しておく必要があります。

生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、じっとしていれば受け取れると考えている・・

生涯初の失業保険をもらうときに、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人が非常に多いですが、それは誤解です。実際は、失業保険を受け続けるためには、職探しを行っていることが必要で、それとは別に、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月周期で担当者に求職活動の状況を報告して真摯に就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。その反対に、真剣に仕事を探そうとしていないと判断されたり、毎月一回の職員との面談にも顔を出さない場合は、決まりとして給付が見送られたり、ときには以降の給付資格を失うことになるのでそうならないために気をつけておきましょう。

そのうち転職しようと考えるのなら、今の仕事・業務での納得いかない部分…

来週からでも転職活動をするのなら、現在の職場の何が気に入らないのかをリストアップしてみる必要があります。元々不満が限界に達しているから転職しようと思われているはずです。しかし「しっかりと仕事・業務の客観的に考えた満足できないことを列挙する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあとに、転職を叶えたあと、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。転職できたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぐ事が可能なはずです。

転職エージェントと転職サイトを活用して、転職活動する人は年々増加しています。

転職サイトあるいは転職エージェントを用いて、転職活動を行う人は大勢います。だとしても、転職についてよりよい結果を得たいのであれば、それに加えて転職フェアを利用するのがいいでしょう。多くの企業が一度に集まるので、参加することで多くの企業に関する情報を得ることができ、また、説明員等の雰囲気から、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。仮に、転職フェアに行く際には、面接に行く心構えで自身を売り込む気持ちで行きましょう。それによりフェアの中で、自分の魅力が企業に伝われば、その後応募して採用面接で非常に有利となるからです。

このように近年の企業の雇用に対する考え方が大きく変化した・・

今現在の会社や企業の労働背景が目まぐるしく変わってきたことに際して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い世代が特に気にかけているようです。おそらく、将来のキャリアアップのために、色々と考えているのでしょう。ですから、サラリーマン・労働者の労働力の「流動化」が顕著となっているので、より今後、転職への注目が強くなるでしょう。このようなことから、転職することはますます身近となるのは間違いありません。「終身雇用制度」が実在した頃は、転職者は印象が悪く、それで損してしまうこともたくさんありました。しかし今ではこの事も全く当たらずずっと同じ会社に勤める意味もあまりなくなったように思います。

転職活動では、「年収」が話題に上がります。

就職活動において、年収はとても大切な要素です。現職の年収と希望年収は必ず聞かれます。年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出することになるので、一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず後からバレてしまいます。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現職の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、現在の年収が400万円の人が、転職後に500万円となる可能性はまずあり得ません。仮に、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円と伝えておくのが無難です。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、退職に追いやられる事態になることもあるので、注意しましょう

あなたが転職活動中に、良いと思う求人(もしくは業界・・

転職活動をしているなら、良いと思う求人(もしくは業界)を見るたびに逐一、「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットで検索したほうがいいです。求人票・転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界のマイナス面について知ることができる確率は低いです。もしも、やましい箇所がある場合は、ネット検索によってカンタンに瞬時に本来の姿を理解できるでしょう。そのような面を知らずに会社に入ると、のちにガッカリしてしまうおそれがあります。その求人が出ている理由が「内容がキツイからスタッフの出入りが激しい」といった場合がかなり多いため、気になった案件について、注意したほうが良いでしょう。

もし再就職の前に、現在の職場の同僚たちがそのことを知ってしまうと・・

もし再就職の前に、現在の会社の人たちがあなたの転職を知ると雰囲気がガラリと変わるかもしれません。周りとの付き合い方によっては、問題はないこともありますが、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。時には、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、軽々しく「転職します」と周囲に伝えるのは注意が必要です。そういったトラブルを避けるために、今所属している仕事場では、真面目に仕事をしておきましょう。注意をしておくことで、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、気持ちよく会社を去れるはずです。さらには、何の問題もなく円満退職に至れば、辞めた会社にあなたが何かあったときに相談できる機会にも恵まれるでしょう。どんな会社でも、人との縁は重要なので、辞める際のトラブルは、可能な限り回避してください。

新たな仕事でそれまでに培ってきた資格やキャリアを発揮できれ・・

転職した会社でそれまでに身に付けた能力を存分に発揮できれば、即戦力と周囲から見られて割と早く職場で存在感を得られるでしょう。また雇い主側もスキルを持つ人材は常に欲しがるので、時期さえあえば、そんなに難しいことではありません。加えてこれまでの職場と似た業種であれば転職はかなり楽になるでしょう。ですが、即戦力となる基準があなたにあっても一流企業の事務系の仕事や、公務員などは、いつの時代も、中々の難関ですから、覚悟を決めておきましょう。

転職の際に外せない会社での面接でのよく思い違いがあるのです…

転職を成功させるための採用面接に関して、やめておいたほうがよいのは露骨なまでの猫をかぶることです。すると正直に言って悪い結果を招くおそれがあります。そうならないために思い切って面接の際は「給与制度」などの、多数の人がかなり質問しにくい内容を勇気を持って質問しておいた方が、あなたのためにもなります。信じられないかもしれませんが、「面接の段階でそのような質問をすることで面接で落とされてしまうのでは?」と不安になる人もいるかもしれませんが、だけども、かえってプラスの結果をもたらすことは最終的には少なくないようです。このようなお金・労働環境に関する内容は、仕事をするとなれば、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。とはいえ、多くの人が気を遣って聞かないのも事実です。しかし、勇気を出し一歩踏み込めば「正直な人だな」ということで自己アピールになるのです。

-コラム