コラム

仮に転職を目指そうとしても、何もかもが首尾よくいく確証はどこにもありません。

転職活動をしたとしても、何もかもがうまくいくという保証はどこにもありません。

仮に再就職しようとしても何もかもが首尾よくいくとは言えません。どうせするなら、どのみち転職をしなくてはならないなら年齢が若いうちになるべく早く変えてしまった方が良いです。傾向としては、20代の若いうちは良い結果が出やすいですが、30代後半~40代に達すると転職そのものがたいへん厳しいといえます。もしも、重要な役職をすでに担当しているのなら、転職に気持ちが傾いたとしても、現在の会社にとどまることも選択肢から外さないほうが良いです。要するに、会社を辞めてから転職活動するよりも、今の仕事は続けながら慎重に未来を構築していったほうが良いでしょう。

就職活動において、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェン…

職探しをするにあたっては、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を使う方法もありますが、もしそのようなエージェントに登録した結果仕事に就くことができた場合でも、失業保険とは何の関係もないので気を付けましょう。失業保険は、「ハローワーク」にて手続きしないことには給付を受けられないので注意しなければいけません。他方、「ハローワーク」主導で斡旋された会社に就職したときは、就職の準備金として一時金を受け取ることが可能です。インターネットを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険などの手続きはしてもらえません。このような点を押さえておかなければ、失業中にお金をもらえない状況になるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

少し前に転職したばかりなのに、少ししか仕事もしてない…

ついこの間、転職をやっとしたばかりなのに、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまうケースがずいぶん多かったりします。私の思うところをいうと心機一転、転職先の仕事を見つけたものの、「理想としていた仕事と堪えられほどかけ離れていた」「会社のルールにどうしても慣れなかった」という感じで退職してしまうことが多いようです。可能ならこのような失敗を避けるためにはまずは転職先の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内のルール、具体的な業務内容、などあれこれ前もってチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

今までは求人情報では、雇用主の希望する「性別」が明確に記載されていました。

以前は求人情報には、必要とする人材の「性別」まで書かれているのが普通でした。ところが今では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、雇用において、男女差別がしてはならないルールが敷かれ、求人情報の概要に男女の性別を記載しないようになりました。そんな変化があるものの、求人側は、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。実際問題、男手を希望のジャンルに女性が応募してきたり、女手が必要な案件に男性が応募してくる、といったトラブルも無関係ではありません。例えば、「女性が活躍できる職場です」といった内容なら、雇用側が「女性」を必要としている、と読むのが良いです。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

転職しようと思うなら、年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。特に、転職1年目の段階では、ほぼほぼ「研修期間」が入っている会社が多く、自身の場合はやっと手にした職なのに、予想と異なり前いた会社での稼ぎと大方同じでした。そればかりでなく、仕事はきついうえに、立場上、責任重大ではじめの1年は、本当に労力を伴いました。そうした体験から初年度は、仕事を学ぶ期間と割り切り、できるだけ転職する以前に貯金をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

あなたが今、「転職サイト」を活用してあなたの可能性を広げてくれる…

活躍の場を広げたいと、転職サイトを利用して自分の働き方に近い条件のストレスを感じずに働ける企業情報をあれこれ見ているのなら、有効な手段といえるのが転職エージェントです。必要情報を入力し、エージェントサービスに登録したあと、エージェントが紹介してくれる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることが可能な公開求と人非公開求人とでは、どう比べても、比べ物にならないくらいたいへん質が良いといえます。そして何より、あなたの希望にに合ったものを調べたうえで、紹介してくれます。そういうわけで、良質な案件を求めていた求人に巡り会えるので試してみる価値があります。もし、同じ求人を発見するとしても、あなたが自力で最初から探していくことと比べれば、とても効率がいいし、使ってみる価値はあります。

転職先を探す際、むろん仕事のやりがいアップも大切だ…

転職ならば、むろん仕事のやりがいアップも大切だけど手取りが増えることも大きなポイントになるから「年収サイト」に登録して前もって研究しています。全く一緒の会社でその上同じ職種、経歴であるのに人によってとても違いがある場合も数多くあって、ぶっちゃけて言うと面接で質問したことがあります。面接官もそのサイトをよく見ていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人間についてある程度は予測はついているんですけどね、多分見栄をはってるんですよ。低い方の年収で心の準備をしておいてください」とのことでした。

今の自らの職場・仕事内容についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。

現在の自身の職場・仕事内容について少なからず何かしらの不満点があるはずです。「自身の持っている資格やスキルをきちんと評価してもらえない」そして、「年収は上がらないし、将来昇格する見込みもない」といった点を挙げる人が少なくありません。けれど、そんな風に思っている人の場合、自分の手腕を実際よりも「過大評価」しているケースが少なくありません。自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「自分が活躍できる企業や職種なんてない」と就職するまでの期間が長くなることになりかねません。可能性が少なからずあります。ですから転職活動を効率的にしていくためにも、自身の能力を知る事が大切です。

初挑戦の業界などに転身したいと考えている場合には、前の職場で、自分が…

全くの未経験である業種などに転職したいと考えているときには、自分が前の職で育んできたスキルや今までの経験値が生かせるというアピールが必要です。その業種で働いたことがない人はその分その業種を経験している人よりも実際のところ、不公平な状態になりますが、自らの持っているスキルがその場でも生きるということを相手に伝えることができれば、勝負になるケースはあります。したがって、未経験の業種に飛び込む場合は、その業界と自分が今までやってきた仕事とのかかわりを必ず見つけ出してみましょう。

派遣社員として勤務しています。

派遣として勤務しています。派遣法や労働契約法の関連で不本意にもずっと働いた派遣先での仕事を辞めることになります。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣先の企業から正社員のポストを得た人もいるのですが採用された理由としては正直仕事の実力というよりは派遣先上司の扱い方が上手でそのおかげで採用されたみたいです。仕事ができるかどうかよりもおじさんに媚びる能力の方が大切なのだろうと選考に漏れた別の派遣仲間と勤務先で毎日不満をたれています。

現代、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ・・

今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。特許を取ったことのある人は、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人以外にも、研究開発で論文を提出したことのある人や、メディアで取り上げられた人など、「功績」ある人をターゲットに、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。万が一、あなたがヘッドハンティングと思しき話が出てきたときには、心当たりを考えてみてください。そんなにはないことですが、ヘッドハンディングだと思わせて、「登録料」を要求しようとする業作がいますが、たぶんサギであるので引っかからないように注意しましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を支払う必要はありません。

転職するための期間中は、知らず知らずのうちにだらけてしまいがちです。

再就職先を探している間は、ついつい時間がある分、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。ですが、そういった生活をしないことがお勧めです。なぜかというと、緊張感のない、だれた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「心」もだらしなくなるからです。徐々に、働く意欲を失い、生活ができなくなり困る事態となりかねません。そんな状況になってしまうと、生活も仕事も悪循環になり次の勤め先をなかなか決められなくなります。次の仕事を決められないのは、給料を第一に考えてしてしまうからです。お金を最優先に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られないように暮らしていくためにダラダラした生活は、止めておきましょう。

再就職時の面接を受ける時につけていく腕時計に関しては、…

再就職の面接で着用する腕時計の事ですが、目を惹くような時計は着用をやめた方が良いと言えます。目立つ腕時計と言うのは見るからに高そうに見える腕時計とか、といった意味合いだけではなく反対にチープな腕時計に見られてしまうとか、そういう目立つということで両極端な意味で目立つ、ということで考えておきましょう。再就職の面接の際の腕時計についてはネクタイやスーツのとらえかたと同様に、ビジネスの場にふさわしい堅実なものをしたほうが良い印象を与えます。ただし、歳にあったものというのも条件の1つで、新卒時に用意した腕時計よりは少しでも値が張る腕時計にした方が転職の面接においては断言できます。

近頃、株・不動産投資などといった不労所得で儲けた・・

今では、株・不動産投資といった、不労所得で生計を立てたり、起業といった生き方も増えています。そのような世の中の変化もあるせいか、「雇用されて働くこと以外は不安定だしキケン」といった今までの常識も変わってきています。高度経済成長時代には、株式投資や個人事業よりも雇われているほうが安定性にすぐれ、人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが自然のことのように一般の人々に認知されていた。そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、今は、「成熟期」という風にもいうらしいです。将来的には、機械化、自動化が進んで仕事においても人が不要な社会になる、といいます。

転職サイトは大手サイトの方が掲載される会社の数も多くなるため、…

転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど多くの企業が掲載されているため、2~3社ほどメンバー登録して、勤務地・年収などの条件にあらかじめを入れておき、加えて条件に合う案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと情報を収集しやすくなります。とはいっても、最初だけは登録するのが少しばかり大変なので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録をする第一回目は時間が多少掛かるため、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、後の応募を考えれば、初回の準備に手を抜かないことを心がけるのが賢明です。

もしも、転業の決めたのなら、周りに内密にそれを悟られないよう・・

一度あなたが、現職からの転職の決めたのであれば、完全に会社の人には内密にその気持ちを悟られないように、転職活動を進めていき、転職先が決定していないのなら、徹底して周りの人間に悟られないよう通常通りに業務をこなすのがたいへん賢明です。その状態でいれば、希望通りの希望に沿う転職先をすぐに見付けることができなくても、転身の予定を引き伸ばしながら、現在の仕事を続けても何ら問題がありません。でも軽はずみに「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、周囲はそれを受けた応対をし始めます。そればかりか会社内で「辞めるつもりです」と言ってしまうと会社内では「あの人は辞める予定の人」と確定します。そうなると、転職したい思いが薄れ、「やっぱり退職しないことにしました」と手のひらを返しても、「一度は仕事を辞めようとした人」ということで在籍中、立場が悪くなると感じる強いられるかもしれません。

どうもスマホは便利でインターネットで見られる世界では…

この頃PCやスマホは便利でネットで見られる世界には要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものがそこらじゅうに点在しています。そのいっぱいのサイトから自身の目的に合った転職先と思えるのを見つけるには最初は情報を収集することが必要です。転職サイトをしっかり使うことで、効率的に転職が叶えられるはずです。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む「転職サイト」もありますが、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。まずは、本当に信用していいのかどうかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながら厳しくチェックしてみてください。

転職したい会社の採用面接に転職したい会社へ出向いたときのことです。

転職の面接を受けるためある会社に赴いたときのことですたまたま社内の面接に使える部屋が空いていないとのことで会社外部で待ち合わせて採用面接が行われて、その場で解散ということになり、面接官もそのまま自宅直帰されるとのことでしたが、ビックリしたのは自宅最寄駅が私と同じ。なので電車内でも面接担当者とずっとお話しながら帰ることとなって、おかけで緊張が解けて面接より話が弾んで、それが功を奏したからなのか問題なく採用も獲得することができました。

求人に係る情報をチェックする時、例えば、オフィス系の仕事がしたいから…

求人誌をチェックする場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人ほど製造業はチェックしない人がいます。そうした人には「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と誤解している場合もあります。実際に、製造業での求人募集でも、経理、総務といった従業員募集に加え、購買、営業管理などの「オフィス系」に属するお仕事もかなり存在します。しかしながら、製造業の勤め先はオフィス街などがある都市部からは離れていることが多いので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そこがマイナスに感じられるかもしれません。とはいえ、自らのこだわりを捨ててみることで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

転職とは、希望する企業そのもの、というよりも正確には「担当面接官」・・

転職は、最初の第一歩は希望先転職先の会社企業というより、ある意味、「担当面接官」とのやり取りが大事といえます。面接で満足いく結果を出すために、初歩として面接だからといって冷静に対応することを心がけましょう。例を挙げると女性とお見合いをする気持ちで望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。面接では最も最初にあなた自身の「人間性」をチェックされてしまうので悪い印象を与える言動は気をつけてやめましょう。なおかつ良識ある社会人らしさが伝わるように、転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。オーラを感じさせることができればいいです。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、きっと自ずと良い結果を出せるはずです。

-コラム