コラム

とある古物商のお店で、書類選考に受かりました。そ…

とある古物商の求人にて、書類選考をクリアしました。すぐに…

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考をパスしました。すぐに担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。にもかかわらず、当日、指定場所へ行ってみると、どうしてか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。ようやく、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、終始たいへんに面倒くさそうな態度を見せてひとまず面接が終了しました。だが、予定日を過ぎているのに、合否結果すらなく、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で本日送付してあります」と返答されました。しばらく待っていましたが、届くことはありませんでした。そんなわけでもう一度連絡をした結果、「今回はご縁がなかったということで」とすぐに電話を切られました。呆れ果てて何も言えませんでしたが、率直に、不採用で良かったと感謝しています。

就職活動する際に気を付けたほうがよい募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高めで・・

転職活動をする場合に気を付けるすべき求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く、拘束される時間が長めというものです。このような求人は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいる場合がとても多いです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間とか45時間という感じで求人の内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、事前に給料形態に残業代を組み込んで計算しておく、といったシステムになります。(なお、これは違法ではありません)例えば求人に『みなし残業代20時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代も含めてこれだけの給料がもらえます」ということになるわけです。が、悪質な求人情報では『みなし』を意図的に表記してないことも少なくないのでよく気を付けてください。

働く中で精神的に厳しくなって、転職しなくてはいけない状況になったのな・・

仕事によって回復が難しいほど精神的なダメージが蓄積され、転職せざるを得ない状況になったのなら、そのときは、職場の人に相談するよりも身内と話して、退職するかどうかの判断をしてみましょう。なぜそうしたほうが良いかというと、仕事をするのは当事者であるあなたのためでもあります。が、しかし身内の問題ともいえます。毎月、納得のいく高給をもらっていたとしても、メンタル面がボロボロになるほど延々と働くのは好ましいとは思えません。現代は、金銭的なことよりも、働きやすさを優先しても良いはずです。あなたの身内とともに、自分の心と体を大事にしましょう。

現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職探しをしていることを証明しなくてはいけません。

きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を見つけようとしていることの証明が必要になりますが、しかし、「会社から解放されたし、少しの間でもゆっくりしたい」と思うのが本音だと思います。真面目に働き先を探しているように見せることができるので教えておきます。毎月ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは当然のこととして、その場にて、求人票を見ることは必ず行わなければいけません。本腰を入れて探す気が無い時には、求人票を真剣に閲覧しているフリをして、ハローワークスタッフとの面談のときに、「労働条件のいい仕事や自分がやっていけそうな仕事が意に反して無かった」と相手に伝え、次の機会まで待つという方法もあります。

その昔は看護婦と言った看護師というのは仕事として歴史的にも…

看護婦という名前だった看護師は、どうしてか女性比率が大きい職種です。厳しいことに気力だけでなく体力のかなり消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。ピリピリした現場になりやすく、人間関係が上手くいかなかったり、自分の結婚・出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートのバランスを難しい業種ともいえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職する人が多いというのも事実です。過酷な環境ということもあり、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に困っています。ずっと、医療業界は、看護師を欲する「売り手市場」であるという現実も、それが転職増加の要因になっているのでしょう。

転業したいなら、労を惜しまずにたくさんの会社の募集…

転業を考えているなら、労を惜しまずに多くの企業の採用情報を定期的に調べておくと転職先の判断が大いにしやすくなります。今現在の職場にやりがいを感じられないと思っているケースでは、転職活動を開始したとき、どの会社もいいように映ってしまいます。そんな状況になってしまうと、どの会社を選択すべきか判断が難しくなり、判断を誤る可能性も少なくありません。結果、早々に退職してしまうおそれもあるので、事前に正しい判断ができる目を養っておくのがベストです。企業の雇用に関する情報だけ見るのではなく、その会社の「取引している会社」も気にしてみましょう。透明性ある会社は、取引している会社の情報を公開していますし、逆にそうでない企業は、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、よく見ておきましょう。さらに、企業によっては、個人グループに入っているケースもあるので、グループの名前をチェックして、内容を確認してみてください。

転職活動をしている最中は、必ずあなたの内心が慌てな・・

転職活動を成功させるには、まず必ずあなたの心が慌てないことを意識しましょう。まだ会社の仕事を辞めないで転職活動をしている場合、あまり気にしなくても良いですが、退職したら行う際には、人というものは焦りがちになってしまいます。その点を踏まえ、冷静に転職活動を続けるのを忘れてはなりません。あなた自身でしてみたい仕事や、理想とする職場の雰囲気を明瞭化しておきましょう。そのイメージを実際の職場と比べてみて、それらが合致しているか否か、落ち着いてしっかりと考えてみてください。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで転職で良い結果を出しやすくなります。

自身のスキルをふまえて転職活動を検討する場合は、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャン…

自身のスキルや資格が有利にはたらくように転職を検討する場合は、比較的、転職しやすい業界と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、慢性的に人手が足りない医療・介護業界がとても有名ですね。医療・介護の分野では看護師、介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。こうした業界で働く人が、ワケあって、他のジャンルへ転職してみたいと思う場合は、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性は決して高くはないのです。ですから、安易に考えないことが重要です。再就職を本気で考えるのであれば、他の業種では医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと理解しておきましょう。

転職のための面接では、中小企業であれば、概ね「人事」が面接担当になります…

転職時の面接では、中堅企業クラスの場合、大体が「人事」が面接官となりますが、別のケースもあるようです。具体的には、これから仕事を一緒にしていく現場の一番偉い人、つまり中間管理職である課長や部長が当たることになるでしょう。その中でも事務職や営業職といったカテゴリでは、資格による人を判断するのがむずかしいので、自信をもって自分自身をアピールしていくことがとても必要であり大事なことです。面接担当の人たちに「この人は、堂々と発言してるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、自分という人間を印象付けることがとても大事になります。

再就職において、かなり重要となるのがまぎれもなく「面接」である。

転職をする場合、とても重視されるのが「面接」である。ふつうの面接では面接担当者が応募者に対し、転職理由など色々なことを質問されると思います。そしてほぼ100%、面接の終了間際に次は、面接希望者側からの疑問点などを質問できます。面接官側が、「弊社について何か疑問に感じることはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と聞かれたときに面接者本人が答えを用意しておらず、質問を遠慮してしまう可能性もあります。後で後悔しないためにも、予め会社や仕事に対しての疑問点などの質問の内容を考えておくのがベストです。冷静になればいくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、試してみてください。

将来的に、段々とシンプルな労働は機械で処理されるようになっていき・・

近い将来、労働力という観点において段々と簡単な作業は機械に交代させられていき当然の結果として労働人口はどうしても削減させられてしまいます。どうしてかというと、短絡的な仕事という観点では人より機械で進めたほうが圧倒的に利便性にすぐれているからです。数量をカウントしたり、同一の手順をずっと繰り返すことは機械にとってはへっちゃらです。もちろん人と違って愚痴も言わず、疲れることがありません。また、不正行為をすることもないし、正確な作業ですし、均一だし、さらには、賃金も発生しないのです。ですから、人を使う理由がなさすぎます。機械化が当然といえます。

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年ごと…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年ごとに好きなタイミングで退職できるわけではないと実際に転職を通じて感じました。結婚して落ち着いたらすぐに子供を授かりたかったので、妊娠する時が訪れるまでのあいだ、数年だけ今の部署でそのまま仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員であるために、月収は少なかったですが、ですが時間的な融通のために、この道を選択しました。ところが、入社してみると一緒に働く方たちはほとんどの人が10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。なので派遣社員であったとしても、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、困ってしまいました。

看護師でありながらそれ以外の職に転職する原因は人によりけりです。

看護師という職の人のそれ以外の仕事に転職を決断する理由は、人それぞれではないでしょうか。さまざまな理由がありますが、看護師が他の職業への転職には「職場の中に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚することで自分勝手にできなくなって子育てそのうえに家族の介護など、環境のいろいろな変化など、働き方が厳しくなってしまった」「現在の給料に不満がある」など多種多様の理由があり決して他人ごとではないはずです。ですが、転職前に、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、今一度ゆっくりと客観視してみることも重要です。「本当に転職する意味があるのか?」と再考したのち、決断されることを強くお勧めします。

女性の転職は、一昔前と今とで少なからず、変化があるといいます。

女性が転職する場合、一昔前と現在とは若干、変化があるといいます。前までは面接のなかで会社側から、結婚と出産についての考え方に関して、質問されることが多々ありました。しかし、今の社会では、結婚などについては、「セクハラ」に該当しかねないために、質問しない企業が増えています。世間に名の知れた大きな会社ほど、かなり神経質になっています。しかし、会社側は、YES・NO、といった形ではなく、その女性の生き方、結婚後は退職するのか、出産後の具体的な対応を漠然とは知っておきたいとは思うはずです。あなたの将来設計を理解してもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールとともに言い表すことで、企業側にも認識してもらえ、また、モヤモヤも解消できると思うわけです。というワケで、聞かれていない箇所についても、先にあなたから配慮し、答えてみることを考えてみてください。

新しい職を探すのに、とにかく現在働いている会社を完全に辞めてか…

転職において、まずは今の会社を辞めてから転職しようと考える人もいますが、その場合にはボーナスの支給日について前もって調べておきましょう。ボーナスがもらえる企業は星の数ほどありますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスが支給される時がもうちょっとならば、ボーナスをもらってから会社を去るという手もうまいやり方です。ボーナスはなかなか多くの額が入るはずなので、もらっておかないともったいないとも考えることもできるので、辞職する際には会社がいつボーナスを支給するかについて確認するのを怠らないようにするのがもったいない思いをしません。

『今すぐ転職をしたい』とおもっている方、自分の意志が固いなら・・

『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、未来の進む道もハッキリしているのなら、退職したいということをすぐに上司に言うべきです。なぜかというと、そのときに曖昧な表現をしていると、上司に言いくるめられる可能性が高いので要注意です。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、スンナリと受理されずに最終的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。退職したいことをはじめて直属の上司に話した時は年度末、結果的には数ヶ月働くことになり、辞められたのはその年の11月です。希望では区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったのに、スムーズに退職できませんでした。やっぱり職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでかなり愛想が尽きました。

これは従妹の旦那の話です。在学中の就職活動で入社第一志望であ…

このような話は従兄の話です。始めに新卒時の就職でなにがなんでも働きたかった目標のA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら内定を得ることができず、それから先やむを得ず別の会社に就労しました。それから約1年半過ぎた後派遣の求人サイトにおいて奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人が目に入り、我慢できなくなって当時働いていた会社を即座に退職し、A社で派遣の仕事を開始しました。勇気がありますね。真面目に頑張ってそれから学生時代に憧れていたA社で正社員登用されて、現在ではやりがいを感じながら楽しそうに働いています。

転職候補先での会社見学に参加すると非常に参考になります。

転職したい会社で会社見学しておけば、非常に勉強になります。そのなかでも「職人」がいる会社での見学は、腕を見るのが楽しみです。しかし、残念なことに「職人」がいる会社見学は、ほぼ例外なく見学者には、いつもの仕事現場を見せてくれることは少ないです。その最たるものが、ブルーワーカーなどのジャンルです。この分野では、癖の強い人が多いので実際に働きだしてからでないと、本当の姿はわかりません。そのため、「見学現場=仕事現場」と決めつけないことが重要なのです。さらに、見学時に仕事体験ができる会社は倫理的にアウトですから選択肢に入れるのはオススメできません。入社していない人には何かあった時の保証が一切ないため、スタッフから勧められても丁寧に断るようにしましょう。

今やっている転職活動で「私はこれまでずっとこういった…

今やっている転職する活動中に、「自分はかつて、こういった職場の仕事を長く続けました」「過去の仕事では、このような経験を身につけました」とそれまでの自分の実績をがっしりアピールしようと考える人はけっこう少なくありません。ところが、志願し新しい環境下で「可能ならこういったことをしたい」「斯くの如き内容の仕事をするのならぜひ貢献できるはず」と将来のプランを話して自分自身を売り込むほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

近時は、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に関する取り締まりが活溌になった…

近時は、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして、労働条件関係の取り締まりが強くなったり、社名の公表がなされるなど、厳罰化の流れが続いていますが、まだまだ物足りないといえます。なので、面接時に「ブラック企業」かどうかを自身で確認してみましょう。求人票などの労働条件を事前に調べ、怪しい点について色々と質問してみましょう。相手が「ブラック企業」だった場合、求人票の記載が嘘の場合、明確な返答ができなかったり、結局は答えられなかったり逃げるような姿勢になることが多くあります。とりわけ「給与」「残業」「休日」については、質問を続けていく中で、困った表情を見せる可能性大です。それでも食い下がっていくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでブラック企業だと見破ることができます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、変だと思ったら、その会社は選択肢から除外しておきましょう。

-コラム