コラム

転職サイトで登録したあとに、電話やメールで何回も連絡が入ってきます。

転職エージェントに登録した場合、電話・メールで執拗に連絡が入ります。

転職エージェントに一旦登録すると、電話やメール連絡が頻繁に入ります。何も知らずに利用しはじめた人は大変驚く場合が多いです。転職エージェントは転職させることが役割だとされるので、かなり積極的にかまえています。その中でも大手エージェントは、転職を成就させることで企業から報酬が支払われる仕組みのため、転職する側の都合より企業の都合を優先的に考えることが多々あります。その上彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が取れると間髪入れずに、入社するよう後押ししてくることが少なくありません。自身の気持ちを明確にしておき、無理に転職することがないように気を付けることが必要です。

20代に転職を2回経験し、いまは資格をゲットするべ…

20代で転職を2回した為、そして現在、資格をゲットするべく派遣社員になりました。常勤の勤務ではないので手取りは過去の仕事よりも少ないです。ですが、心と時間に大きな余裕が出来ています。もっと学生のうちに資格を手に入れて、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。きちんと資格を活かしている人を見ると私もああなりたかったと思ったりもします。これまで、自分と他人を比べてしまい、ガックリしていましたが、今では結婚し、がらりと生活環境も大きく変化し、明確な目標ができて充実して毎日を過ごせるようになりました。

これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。

これはシフト制がある仕事についての話です。一定の曜日に仕事できる人を募集している求人をよく目にするのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法や、休む方法の詳細を面接時に尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、以前わたしは出産のため抜ける人の代わりにと正社員として勤めることになったのですが、「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った女性が土曜、日曜に必ず出勤できる人だったので、私もそういった形で扱われたしまいました。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変わってもらうときは、上司に「代わりに出勤していただけませんか?」と自分でお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。思い出すとよくやってこれたなと思います。

知っている人の紹介で転職する先を見付ける人がいます。

知人からの紹介によって転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。でも、そこでの労働環境や、労働条件といった部分について知っている人の口コミをあんまり信じすぎてしまうのは、問題になることが多いです。そういうわけは一人の個人の口コミは客観性に乏しいからです。つまり紹介した人にとっては、心地よい職場に映っても、あなたにとってはイライラするだけの環境かもしれません。またその逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミだけに頼らずに、最終的には自身の目でチェックしておくようにしましょう。

多くの場合大手企業は「定期採用」で人材を確保するため、…

大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職希望者には適していません。そればかりか、郊外~地方となるとそのチャンスがさらに小さくなります。しかし製造業の場合には、都市部でない地方の工業団地を製造の拠点としていることも多々あります。また、そういう地方の工場に的を絞れば、事業拡大をする際に人員募集をすることも珍しいことではありません。そういったチャンスに転職するのも悪くないでしょう。地方の工場での転職をされる場合は、転職を希望する会社についての下調べから事前に得ておきましょう。ホームページに訪問し、求人予定がないか頻繁にチェックしておきましょう。

転職をする際の面接での身なりはクールビズで良いとと事前に連絡が来る場合もありますが、…

再就職の面接での身なりは会社側からクールビズでも大丈夫ですよと伝えられることもあるようです。しかし、クールビズの格好で面接するのは実際は悪い印象を与えるのでは?と疑ってしまうこともあります。そのような思いを抱えている方に進言したいのは、企業側からクールビズで来ても良いとされた面接に関しては言われた内容を素直に聞き入れるほうが正しいです。迷ってしまい、真夏であるのも関わらずきちっとしたスーツの格好をしていくと相手に暑苦しく感じられます。ですから、会社側からクールビズで良いと言われたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

後悔しない転職を目指すのなら、事前の情報収集をしておきましょう。

後悔しない転職するとを目指すのなら、前もって意味のある情報を収集することをしておきましょう。ですから近頃は小さな会社も公式サイトで企業のことをわかる会社がほとんどですから、インターネットを利用してあれこれを調べておくとそれとその企業のよくわからない点等を解消しておくと転職時に助かります。さらに公式ホームページ以外にも、転職サイトなどを上手く利用することも有りだと思います。そのほか、インターネット以外の方法として何より希望している職場を自分の目で見て確かめてみるのも意味があります。

勤務していた会社で嫌で反りが合わない上司に神経を削ら・・

在職していた会社で嫌な上司に頭を抱え、結局耐えきれなくなりその会社は辞め、同じフィールドの他社に行くことにしました。新しい会社では上との関係も良好で仕事ができてとても満足の日々でしたが、月日の経過とともに会社の売上が落ち込んで、とうとうある会社に経営統合されることになりました。偶然にもその経営統合した会社が驚くなかれ前勤務していた会社で、おまけに感じの悪かった上司が再び私の上司になることに。いったいこれはどれだけご縁があるのでしょうか。言うまでもありませんが新規の転職活動をやり始めています。

再就職の面接などにおいて面接担当者が名刺を渡してきた場合、…

再就職の面接などにおいて名刺を手渡されとしたら、自分も相手の方に名刺を差し出す方が良いのかどうかとどちらが正解かわからない場合たいがいは差し出さなくても良いと頭に入れておきましょう。面接とは仕事の延長ではなく、仕事を得るための採用活動内のことです。ですから一般的に名刺を交換する時間とは違います。そのうえ、あなたは会社の人間として出向いているのではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。そのため、もしも相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらは、ただもらうだけで大丈夫で、担当者に相手側にあげることはまったくないと考えられます。

いい会社に入りたいと転職をする活動をしている人とは「ほんの少しでもはや・・

新しい企業の社員になりたいと転職を希望する人とは「ちょっとでもはやく、採用通知をもらいたい」と思いがちです。とはいえその気持ちが強くて良い知らせほしさのばかりに、自分をより大きく見せたり、またその逆で自分を過小評価するかのようなマネは出来るだけしないでください。そうではなくて、焦る感情にぐっと抑えて、落ちついて自分の能力にあった職場を探すことに集中しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、そして、今後のキャリアアップが図れる職場を見極めましょう。

自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は気をつけた方が良いです。

自分自身の大好きなことを仕事にしたいと思っている人は気をつけた方が良いです。これは、私の経験に基づいたことなのですが、私は、食べることが本当に好きでかつては、料理店(レストラン)に勤めていた時期があります。そのレストランでの業務は、そのお店で私が担当していた仕事内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで働いていました。しかし、職場の人間関係に疲れてしまったのです。そのことが引き金になって、退職することにしたのですが、それと同時に、あんなに好きだった食べること、そしてその飲食店で提供されていた食べ物さえも嫌いになってしまい、その系列の店にはしばらく経った現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事に就いた頃は、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいと夢見て、実現させることは素敵だとは思います。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、まじめに問いただした上で行動するべきです。

派遣社員として働く会社が決まりました。

派遣の仕事が決まりました。勤務の初日に派遣会社で営業を担当している人と派遣先の近くにあるコンビニで待ち合わせをしたら、どうしたことか約束したお店の前にいないから店の中にいるのではないかと思い店内に入っていったら、営業担当者は大胆にも雑誌売り場前の通路にしゃがみ込んでアダルト雑誌のグラビアページを開いて見ているところを発見!こんな担当の方の仕事なんて勘弁してほしいと判断し、そこで声をかけずに気付かれないように店を出て即刻派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。

転職した際には、だいたいの場合は以前の仕事でのほとんどの記憶は美化されます。

転職後は、高確率で前の仕事はたいていは美化された記憶となります。本当は今の仕事がダメだからそれをクリアするためにせっかく退職を決め、転職することになったのに、時の流れとともに新しい会社よりも「前の仕事のほうが良かった」と感じ始めるのです。それというのは極めて自然なことで、前職では仕事の勝手がわかっているので事もなく日々の業務がたやすくできていたのが、もっとも根底にあるはずです。けれども「転職しなけりゃよかった」と本気で悔やむほど、以前の会社の方が待遇や環境がいい場合も考えられます。

再就職して職場を新しく換えるということは、自分自身に適す…

再就職して勤め先を一新するということは、自分自身に適する理想に近い場所に就職したいものです。勤め先を変えれば、自分にもってこいの仕事に、出会えるかもしれません。しかしながら、現実に行動に移すとなると、相応の努力が必要不可欠です。表現を変えると、あなたの技量次第で「天職」に近い転職に巡り会える可能性がある、ということです。近年は、職業選択の自由が一般敵に広く当たり前になっているので、退職して転職しても特に困難なことはないでしょう。人の流動性が高くなりつつある今現在、「使える人材が欲しい」と願う企業もますます増えているので、この好機をうまく利用してみるのも良いでしょう。

転職のための面接では注意する点があります。

転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。「転職理由は」と聞かれることはほぼ間違いありません。この場合、いくらあなたが間違っていなくとも、前の仕事場での労働環境や人づきあいについての愚痴とも受け止められる回答は、可能な限り話すのはやめておきましょう。というのも、そのような不満を口にすると、印象が悪くなってしまい、チャンスをふいにしてしまいかねません。ですから面接では「ポジティブ」な返答に徹するのが肝要で、とりあえず「新しい職場で、より一層キャリアを生かせられるように、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のような未来志向での返答が求められます。

日本には「石の上にも三年」という教えがあります。

昔から”石の上にも3年”というコトワザがありますが、昨今、終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では転職というのは身近なものとして捉えている人も多いはずです。ですが、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、やたらと仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に再就職を検討する際は、タイミングを図る必要があります。はじめに、今現在の職場、仕事、会社に対して不満を強く感じていることを10個程度、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうすることで、将来の転職活動に役立ちます。そして、もし決断したら素早く、良い仕事を手に入れられるように努力することも大切です。

以前は、新たな仕事を探す時は私はハローワーク派でした。

前は「転職サイト」を利用するより、私はハローワーク派でした。どうしてかというと、有名な「転職サイト」は、どうしても都心部の求人情報ばかり掲載されているからです。そのため、転職活動をする時は、「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、人気の転職サイトに掲載されている求人より企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、地域に根ざした情報が安心して面接に進むことができます。ですが、「どんな求人があるかわからない」という先入観がある人も多少いるかもしれません。以外にも、良い求人情報も載ってたりもするので、近いうちに退職後にすぐ転職活動したい方は、参考までにハローワークへ行って相談するもの良いかもしれません。「転職サイト」みたいに多くのお知らせやメールの心配も無用です。

仮にあなたが転職をする場合、「Uターン」「Jターン」・・

あなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」のように、都会から郊外・地方に移住したうえで転職したい、と興味を持っている人も、実践している人も増えています。一昔前とは違い求人情報サイトを使用することで地方や郊外での求人情報にも簡単に得られますが、郊外や地方での求人は都市部の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが事実、痛いところでもあります。といった問題があるので、求人情報サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。転職サイトだけでなく、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもまめに確認しておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している転職サポートに関する情報もチェックすると良いでしょう。

自分が勤め口を探していたころかなり何社かの人材紹介会社に登録していたことがあります。

かつては何個かの人材紹介会社に登録していました。転職アドバイザーのレベルが本当に多種多様でほとんどは納得のいく対応をしてくれない担当者ばかりでした。こちら側は人生がの大事な事なのにもっと誠意を込めて向かい合ってほしいという落胆した気持ちが募り、その事がきっかけで自分自身がキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得のためには費用も必要だったし勉強の面もかなりハードですが、お仕事を探している人から頼りにされる存在になるべく頑張っています。

転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人に…

転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人に覚えていてほしい点がいくつかあります。まず派遣社員と聞くと「データ入力」「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」などの仕事をぼんやりと想像する方がおそらく多々ありますよね。私も今、働いている企業に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「主な業務は電話対応になります」と派遣会社の担当者からも聞いていました。ところが、いざ入社してみると、まさか辞めた正社員さんの穴埋め業務を要求されました。特別な知識もなく、面接のときの説明と大きな食い違いがあるので毎日非常に困っています。とりあえず、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

-コラム