コラム

再就職する時に必ず必要となってくる履歴書や職務経歴書においてですが・・

転職をしようとする際に書く必要がある履歴書や職務経歴書は…

再就職しようとする場合準備する必要のある履歴書や職務経歴書についてですが、原則、手書きではなく、パソコンで作るというのが一般的となっています。今現在の日本においては履歴書や職務経歴書についてはパソコンで書かれたものではなく手書きで作るのが当然だと捉えられていることも多々あるようですが、それは新卒時の就活やアルバイトに関してであって、実際のところ、転職の時は絶対にパソコンを使ってはいけないと断言はできません。自筆の履歴書の方を高く評価するケースもあるようですが、違うところがずっと増加してきますから、パソコンで作った履歴書や職務経歴書でも良いとする会社は意外にも多くあるのです。

転職しようと考えたとき、転職先での給与を気にしすぎる・・

転職というものを考えるとき、転職先での自分の年収ばかりを気にする人は、とても多く見受けられます。とうぜんたいていの方は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与としてもらうために働いているはずです。したがって年収は自分自身がどのくらい評価してもらえるか、という側面もありますから、とうぜん大切なものであることは当然なのですが、でも、愚かにも年収の額ばかりを執着しすぎる人生というのもさみしい気がするでしょう。この世には収入に直結しない仕事であってもやりがいを感じられることがゼロではないからです。

クールビズのスタイルで再就職の面接場に出向く場合、さすがにジャケットま・・

クールビズ(軽装)の格好をして再就職の面接に臨む際には、さすがにジャケットまでは着用しなくても安心であるとはっきりと断言できますが、ネクタイだけはしておいた方が間違いありません。ネクタイなしでもOKだと認める会社もある場合もあるにはありますが、ことネクタイに関してだけはクールビズが推奨されていても着用して行く必要があると決めているところがいくつかは存在します。それゆえ、クールビズと言われていたとしてもネクタイだけはつけて面接した方がベストだということは認識しておいてください。

「就職エージェント」の大手になると、たくさんの案件を持っている…

大手転職エージェントに限って、多くの案件を抱えているといえますが、その反面、転職を希望する競合者も多くいる可能性が高いです。だからあなたが気になる企業を見つけたとしても、あなたの担当者が望みがないと判断すれば応募してもらえないことも少なくありませんし、会社から見て自分よりも有能だと評価される人がいると、そのライバルを優先したりもするのです。つまり大手エージェントの場合は、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱い意外と駄目で、策略を変更して規模が大きくないエージェントに対し、応募したい企業や案件に関して相談し、応募できないか相談してみると、自分のために仕事してくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも一つの手でしょう。

数日前転職先を探すために人材紹介会社に登録に向かいました。

先日仕事を探すために人材バンクに登録に出向きました。登録カウンセリングをするために出てきた担当者が見たところ入社して間もない新入社員で、私が説明した話の50%ほどもわかっていない感じでした。しかも「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「きちんと強みと弱みを明確化する必要性があります」とか、何もかもわかっているかのように偉そうにしゃべるので非常に不愉快でした。カウンセリングをする人はそこそこ社会人の経験がある方にしてほしいと感じます。

転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえるでしょう。

転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書が必須です。大半の企業は、履歴書や職務経歴書に書かれている内容を元に面接するかどうかを判断するため、まずはこの2枚の書類の作成が大切といえるでしょう。ただ必要事項を埋めることにとどまらず、記載内容の魅力化を図ることも必要です。職務経歴書は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書き出します。また、現在の職場で挙げた実績を、例をあげれば部門の残業時間を何%減らしました、など分かるように書いておきましょう。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、文章をチェックしてもらったりして自分の価値を高められるように転職エージェントを利用することも転職を成就するための選択肢として考えておきましょう。

転職活動をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は不可欠です。

再就職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備が必要です。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、目に見えるファッションは重要なことだと感じてしまいます。でも、現在の採用面接に関しては私服が良い会社もあるので、ビジネススーツで赴く必要がないケースもあります。とくに会社の創設してすぐの歴史のない会社ほど、厳格なマニュアルもないことが多く、私服で面接を受けたほうが、良い印象を持ってもらえます。さらに、堅いイメージを与えないのでフランクに話ができるメリットも。そうして、私服だと面接の際に、服装について、話が広がることもありますから、ポイントが残るでしょう。ということから、これから転職する際は、企業の「創立した年」で選択し、(ベンチャー系の)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

転職活動における最後に残る厄介な難問として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない難問として、現在勤務している会社の退職があります。転職先が決まっても、現在勤務している会社が、あなたを離したくないと慰留しようと説得してくる可能性もあります。そのような場合は、絶対に退職する、という強固な信念を保つことが大切でしょう。仮に引き留められて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。会社の規定をチェックし、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくっておきましょう。それから、決定権を持つ上司と直接話し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と遠慮せずに伝えましょう。円満退社を目指すのも就職活動において必要でしょう。

転職の面接で必要となるスーツの色は、新卒の就職活動に着用しているカラ・・

転職の面接でいるスーツの色合いに関しては、新卒の学生が就職活動の時に着用するカラーが一般的なルールとなっています。言い換えると、紺系や黒系のような落ち着いた色合いになります。それが、転職のケースであっても、着ていくスーツの色味に関してはこのようなダークカラーが圧倒的多数であって、他のカラーを着ている転職者は少数です。あえて言えば、ごくたまにグレーが少しいるほどで、割合からしても紺色や黒色が多数派なので、人事から見てもそのような色であるほうが普通に見えてしまいますから、見た目の印象という観点ではそういった色を着用する方が良いわけです。

転職活動をしていれば、面接時に必ず尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動を行っていると面接のときに高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機に限っては、正直に話してもかまいませんが、これとは違い転職理由について正直に伝えるのは問題です。たとえば給与が納得できないことや、同僚・上司との人間関係など、面接担当者に悪い印象を持たれるものです。自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人はほとんどいないと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対抗して悪いイメージを持たれるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そしてさらに、この企業に入社してこんな貢献をしたい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、そのために御社を選びました、とうまく話をすり替えましょう。

現在の仕事と転職活動を並行される人は少なくありません。

転職活動と現職の同時進行を行う人は少なくありません。ですが、働きつつ求人情報をチェックして応募したり、面接に臨むのは精神も肉体も負担がかかります。転職活動をしているあいだ、今の会社の同僚や上司に隠さなければいけません。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、もしも、書類選考をパスし、面接に呼ばれた直後、「辞退」したとしたら、今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを介していた場合は、エージェントに悪いイメージを与えてしまいますし、それとは異なり自分でダイレクトに応募したとしても、相手企業から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにしても自分の大切な時間を浪費することとなるため、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると認識しておくべきです。

生涯初の失業保険の給付を受ける場合、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人・・

生まれて初めて失業保険をもらう場合、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人が多数派ですが、それは誤りです。本当は、もらうためには、職探しを行っていることが必要で、さらに、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月ごとに担当者に就職活動の状況をきちんと説明して本気で仕事を探していることをわかってもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。また、「この人は就職活動を全くしていないぞ」と判断されたり、月に一度のスタッフとの面談を欠席したときは、当然問答無用で給付をストップされたり、ケースによってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないよう気をつけてください。

これから転職活動をするに当たっては、直近の職場・業務…

明日からでも転職することをするのなら、直近の仕事や業務での不満に思う部分をリストアップしてみる必要があります。当然と思われますが、意外とできてないです。元々不満なことが限界に達しているから転職したいと考えているのは分かります。が、「きちんと存在する業務の問題な点を明確化する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。そのあと、仮に転職した場合、「今よりも不便になること」を想像してみましょう。なぜなら、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職したあとのモチベーションの急激な低下は未然に防ぐことが容易になるはずです。

転職エージェントと転職サイトを使って、転職活動される人は今では普通になってきました。

転職サイトや転職エージェントなどを活用し、転職活動するといった方法は最近人気です。さらに、より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、並行して転職フェアを利用することをおすすめします。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、参加することで気になっている企業に関する情報を直接得られますし、加えて、スタッフの言葉遣いやマナーから、企業特有の個性を感じられるでしょう。今後、転職フェアに参加する機会があった場合、1次面接を受ける心構えで自身を売り込む気持ちで行きましょう。仮にフェアの中で、企業側の担当者に気に入られれば、後に応募して実際の面接時にかなり有利になります。

現在の企業の雇用事情が慌ただしく変わってきたことについて、働きざかりの世代の中で…

このように昨今の企業の雇用に対する考え方の激しい変移をに際して、若年層ほど鋭敏に感じ取っているようです。それはたぶん、先行きを色々と考えているのでしょう。こういった理由からサラリーマン・労働者などの「流動化」が年々増えてきているので、さらに今後、若い世代以外の層にも転職の注目が増加すると考えられます。労働力の「流動化」が進んでいく結果、労働者の転職は一般的に当たり前となりつつあります。「終身雇用制度」が普通に存在した頃には、「会社を辞めて転職」は、ややネガティブに捉えられる傾向が強く、転職が思ったようにいかないケースもあったのです。ですが、時代が変化し今現在の会社だけに執着する必要が薄れてきています。

就職活動において、年収は非常に大事なポイントです。

就職活動において、年収はかなり大事な要素です。面接では、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで現実の年収を偽って、多く申告し、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要となり、仮に一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。トラブルの原因になることもあるため、現在の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげると、現在の年収が400万円の人が、転職後にいきなり500万円になる可能性はほとんどありえません。今、430万円の年収であるのなら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくべきでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社を退職に追いやられる事態になることもあるので、気をつけましょう。

将来転職活動をするという時は、良いと思う求人(あるいは職種…

転職活動をするのなら、気になる求人(OR 職種)があったら、忘れず「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで検索を掛けてみましょう。求人票や転職エージェントでは、業界に関するマイナスにあたる箇所は、教えてもらうことは不可能です。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、ネット検索を活用することですぐに実態を知ることができます。そういう現実を知らずに入社した場合、後々に入ったことを後悔してしまうかもしれません。そもそもその求人が出されていた理由が「業務内容がキツく、すぐに人が辞めてしまう」といった場合も多いので、気になった業種について、きちんと調べ疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

再就職の前に、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると…

転職することを、今働いている会社の同僚たちがあなたの退職を知ると職場の空気が一変するかもしれません。人間関係によって、やっかみや意地悪される可能性もあります。さらには、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、むやみに「転職します」と口にするのはあまり良いとは言えません。上記のようなトラブルを避けるためにも、今の職場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。誠実な態度を見せることで、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、最高の形で会社を辞められるはずです。しかも、何の問題もなく円満退職になれば、転職後にも、あなたが困ったときに相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。業界や規模に関係なく、どのような企業も人とのつながりはとても大切であるため、仕事を辞める前のトラブルは、可能な限り回避しておきましょう。

新しく就いた勤め先であなたの過去の能力を活かすことができれ・・

再就職した会社で今までの資格やキャリアをフル活用できれば、即戦力として仕事をすることができ割と早く仕事場にも馴染めるはずです。また会社サイドも、スキルを持つ人材は常に欲しがるので、会社側が判断しても即戦力となる転職は難なく採用されるでしょう。更に過去の業務内容と似た内容であれば転職は非常に楽になるでしょう。しかし、即戦力な人材であったとしても、大手の事務系、公務員(国家・地方ともに)などは、いつの世になっても、中々の難関となることを覚悟しておきましょう。

転職の際に外せない会社での面接でのよく思い違いがあるので…

転職の際に欠かせない採用面接では、やめておいたほうがよいのは採用を勝ち取りたいあまり無理に猫かぶりすることは、思いのほか逆効果になる可能性があります。そうなる前に思い切って面接の際は「産休」など、普通であればかなり聞きづらいことも思い切って率直に尋ねておいた方が、確実に自分のためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そのような無神経なそのような質問をすることで選考結果に落とされてしまうのでは?」と不安になる人もいるかもしれません。けれども、かえって良い印象を持ってもらえることは最終的にはいい場合が多いようです。こうした労働環境やお金に関連する疑問点は、実のところ、多くの人が知りたい内容なはずです。その反面、多数の人が気を遣い不採用を恐れて質問できないのが普通です。それを一歩踏み込む勇気があれば「ほかの人とは違うな」と自己アピールになるのです。

-コラム