コラム

転職を考えたとしても、全てが都合よく運ぶと断言はできません。

仮に転職を考えたとしても、全部がうまくいくという保証はどこにもありません。

転職を考える場合、万事順調にいくとは言えません。もしも転職するのなら、そのうちに転職するつもりならあなた自身が若いうちになるべく早く行動に移すほうが良いでしょう。大半の場合、20代のあいだは良い展開を期待できますが、残念なことに、30代後半~40代になると転職自体がかなり厳しいものと理解しておくべきです。もしも、重要な役職に就いているのなら、転職を意識していても現在の会社に居残ることも選択肢の一つには入れておくべきです。要するに、退職してから転職活動を行うのでなく、現在の会社に残りつつ、時間をかけて注意深く行動したほうが後悔がないはずです。

転職において、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェン・・

転職活動をするにあたっては、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用するケースもありますが、もしもその種のところに登録してその結果職を得ることができた場合でも、「失業保険」の給付は受けられません。失業保険は、「ハローワーク」にて正しく手続きしないと給付を受けられないので注意すべきです。他方、ハローワークを通じて斡旋してもらった会社に就職した場合は、就業用の準備金として「一時金」を受け取れることになります。インターネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険とは無関係です。これについて知らないでいると、失業中にお金がもらえないことになるので就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

この前、転職したばかりというのに、慣れもしないあいだ・・

このあいだ転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまうことを決断する人がずいぶん多かったりします。それは気持ちも新たに、新たな会社を見つけたものの、「自分の想像していたものと大きく違っていた」「雰囲気にどうしても馴染めない」ということが理由で別の仕事を探すのだとか。このような、転職に関しての失敗を繰り返さないためには、とにかく前もっての情報集めは徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、などあれこれ調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

以前の求人情報には、雇用側が求める人材の「性別」が記載されているのが普通でした。

数年前は求人誌に性別が当然のように書かれていました。しかしながら、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、採用する際、男女の差別がしてはならないルールが決まり、応募資格の中身に「性別」が記載されなくなりました。そういった変化があるものの、求人情報を出す企業は、男性・女性のどちらでも良い、とは本心では考えていません。ですので、本当は男性必要としている業種に、女性の採用希望者がやってきたり、女手が必要な案件に男性が来てしまったり、というような問題に悩まされるないとは言い切れません。例として、「女性が活躍する職場です」と記載のある求人募集の場合は、求めているのは女性だと読むのができます。

転職を考えているのならすぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい職場(転職先)では、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。とりわけはじめの年は大概研修期間が含まれているというのがほとんどで、自らの場合はどうにかして手に入った職場なのに、予想と異なり以前の会社での年収とほとんど同じ額で変わりませんでした。加えて、業務は多忙を極め、とても責任のある立場で初年度を乗り切るのに厳しかったです。そうした経験から初年度は、仕事を覚える期間として捉え、できれば転職以前に貯金をしておくべき、と思います。

あなたがもしも、「転職サイト」を利用してあなたの活躍の場が広…

活躍の場を広げたいと、転職サイトを利用して自分の活躍の場が広がる魅力的な仕事を探しているならば、「転職エージェント」も併せて利用しておきましょう。どうしてかというと、必要情報を入力し、エージェントサービスに登録後エージェントが紹介してくれる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰しもが見られる公開求人とは違ってどう比べても、比較にならない程かなり質が高いといえます。また、あなたの希望にふさわしいものを調べたうえで、紹介してくれます。そういうわけで、かなりの精度で求めていた理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。仮に、同一の求人を見つけたとしても、あなたが自身で最初から探すのと比べれば非常に効率的です。そのうえ使ってみる価値は大いにあります。

転職先を選ぶのに、もちろんやりがいを考慮することも大切だけ…

転職するならば、当然やりがいのある仕事か考えるとも大事だけど年収が増えることも大事なポイントになりますから「年収比較サイト」というところに登録していろいろと調査をしています。同じ会社でその上同じ職種、経歴であるのにすごく人によって幅があることも複数あって、ぶっちゃけ面接の時質問したことがあります。面接をした人も同じサイトをよく見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた方も誰なのか予測がついているんですけどね、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方の給料だと覚悟しておいてください」とのことでした。

今の自身の職場・業務内容について不服に思っていることの中…

今現在のあなたの勤め先や仕事内容に対して、大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。「自分の能力(スキル)をきちんと評価してくれない」ゆえに、「給料アップも、昇進の見込みもない」と言う不服を漏らす人もいます。ですが、気持ちは理解できます。しかし、上記のような不満を持っている人のなかには自身のスキル・能力を実際よりも「過大評価」し過ぎていないか、再確認することが肝心です。万が一、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための企業や職種がない」と転職するまでに長い時間がかかると言う事に陥りがちです。可能性があるので、注意しなくてはいけません。転職活動に当たっては「本来の自分のスキルや能力」を客観的に見つめることが大切です。

初挑戦の分野などに転身を考えるときには、以前の業界で、自・・

全く経験のない業種などに職を変えようとするときには、前の会社で、自分が養われた能力ややってきたことを生かすことができるといった内容の訴えが必要になります。未経験の業種の場合、未経験の分その業種で今まで働いてきた人たちよりも不利な状態になりますけど、自分自身の持っている力がそこで十分に生きるということを相手に伝えれば、勝負になるケースは多々出てきます。という事で、未経験であるジャンルに飛び込む場合は、その業界と自分が今までやってきた職務との関係性を必ず見つけ出してみましょう。

派遣で就業しています。派遣法や労働契約法の関連でやむを得・・

派遣で働いています。派遣法の関連で残念なことにずっと働いていた企業での勤務があと数週間で終了します。同じく派遣で働いている人の中には派遣の勤務先から直接雇用のポストをつかみ取った人もいるのですが選ばれた理由としては正直なところ仕事の腕とは関係なく派遣先の上司へのご機嫌取りがうまくて引き立てがあった様子。業務処理能力より上司に媚びる能力の方が大事なんだねーと選考に漏れた他の派遣仲間と職場で文句を言う日々です。

近頃、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」や…

現代はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの専門会社も増えてきました。あなたに特許を出した経験があるなら、電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。彼らは、特許を取った人以外にも、研究開発で論文を提出した経験がある人や、「テレビや雑誌」で特集された人など、何らかの実績も持つ人に狙いを定めて、電話やメールを用いて接触し、ヘッドハンティングのネタにしています。もしも、あなたがヘッドハンティングと思えるような誘いを受けた際には、そうなったきっかけを考えてみましょう。あまりないことですが、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を請求する業者もあるらしいですが、その手の業者は100%詐欺なので、気を付けましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

転職の間は、ついつい時間が有り余っている分、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。

転職するための期間中は、そういう風にしたいわけではないのに時間がある分、気が緩んでしまい、だれた生活を送ってしまいがちです。しかしながら、そうした生活を習慣にするのはキケンです。というのも、だらだらと過ごす生活が当たり前になると、「メンタル面」にも悪影響が出やすいためです。そのうち、仕事をしようとする気力がなくなり、経済的に困ることにもなるでしょう。そんな状態になると、悪いサイクルにはまり次の職場を見付けることが難しくなってしまいます。次の仕事をハッキリ決められないのは、給料を最優先に考えてしまうからです。もらえるお金を一番に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラけた姿勢は、転職活動中には必要ないのです。

転職する際に行われる面接を受けるときにする腕時計の事についてです…

再就職時の面接でする腕時計についてですが、明らかに目を惹くようなタイプの腕時計は着用しないほうが最善です。この目立つという意味は明らかに高そうに見える腕時計とか、といったことだけではありません。反対に、明らかにチープな腕時計に見られてしまうとか、そういった目を惹くという意味であって真逆の目立つ、ということで頭に入れておきましょう。再就職の面接の際の腕時計はポジションとしてはスーツやネクタイのとらえかたと同様に、ビジネスの場にふさわしい平凡なものをセレクトした方が確実だと言えます。しかし、自分の年齢にあっているということもとても大切なことで、新卒の面接で準備した腕時計よりは多少なりとも値段が高い腕時計にした方が間違いないということははっきりといえます。

現在では、株・不動産投資といった、不労所得のほか、独立や起業といった形で生きる方法も人気です。

近頃、株・不動産投資などといった不労所得、もしくは個人経営 や起業を目指す人も増えています。そのような移り変わりもあり、「起業することは怖い」といった従来の見解も変わりつつあるようです。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、将来的に不安定な株式投資や個人事業よりも組織の一員として働くほうが賢明であり、人が生きていくうえでもっとも正しい道として一般の人々に認知されていました。そういった成長期は過ぎ去り、今は、「成熟期」ともいうらしいです。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。

転職サイトは知名度の高いサイトであるほど掲載される転職情報が多いた・・

転職サイトは知名度の高いサイトの方が掲載量も多いため、興味を引く2つか3つの会社を、とりあえずサイトに登録した上で、希望する勤務地や年収に対してチェックを入れて、次に条件に合った案件が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に転職情報を集めることができます。ただ、初回は登録するのが少々大変なので、サイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録を行う初回時、時間がやや必要ですし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、次回以降は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、後々のためにも、初回の準備を怠らないことを推奨します。

仮に、現職からの転身の決断したなら、完全に周囲の人間に・・

もし、現職からの転身を思い立ったのなら、あくまで周りに内密にそれを伝えずに活動を進め、転身先が決まっていない間は、できる限り同僚に知られないように普段どおりに振舞うのがとても合理的です。現職中、その姿勢を保っていれば、もし仮にいい転職先がすぐに見つけられなくても、転職の予定を保留しながら、現職にそれまで通りに続けてもトラブルがありません。そうではなくて、軽はずみに「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、周りはそれを受けた行動をし始めます。そればかりか会社内で「辞めるつもりです」と言った場合、周囲には「あいつは辞める人」という位置づけになります。そういった状況のあとで、転職したい思いが消えて、「やっぱり退職しないことにしました」と釈明しても、会社内の人間は、「一度は退職しようとした人」という目であなたを見るため、仕事を続けている間、身の置き所がないと感じるかもしれません。

とみにパソコンやスマホを見ればネットのエリアには、要す・・

今ではパソコンを使えばわかるけどネットで見られる世界には「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが多すぎるくらいあったりします。その数限りないサイトから自身が欲している転職先を見付けるためには、まずは情報を収集することから始めましょう。こんな転職サイトを上手く使うことで、スムーズな転職が叶えられるはずです。転職情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の優良なサイトがある一方で、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。使い慣れないうちは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大切ですからよそと比較しながらしっかり確かめてみてください。

転職の面接を受けるため伺ったときのことです。

転職の面接にとある会社に赴きました。偶然会社内の面接をする部屋が空いていないということで外のとある場所で面接官と待ち合わせて面接をして、その場で解散をし、面接を行った方もそのまま自宅に直帰されるとのことだったわけですが、ところが自宅最寄駅が私と同じ。なので電車の中においても面接官とずっと話をしながらいっしょに帰宅することとなり、そのため緊張がなくなって面接よりお話が弾み、それが功を奏したのか何の問題もなく採用を獲得することができました。

求人情報を見る場合、「デスクワークがしたい」と考えている人…

求人に関係する情報を見るとき、「デスクワークがしたい」と考えている人ほどはなから製造業をあまりチェックしていませんが、そういったことをしている人の多くは「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と間違って解釈しているケースもあります。現に、製造業での求人であっても経理、人事、総務などのスタッフ募集から、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に分類される部門も相当数あります。ただ、製造業の職場はビジネス街と同じ環境ではないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった点が受け入れられないと思う人もいるでしょう。そうであったとしても、自らのこだわりを捨てることによって素晴らしい人との出会いによって、将来をより良いものにしてくれる可能性もあるのです。

転職活動で大事なことは希望している企業そのものよりも、…

転職活動といえば、企業そのものというより、正確には「担当面接官」との勝負といえます。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、第一歩として面接の時間になる前に平常心で対応することを心がけましょう。「お見合いする」と捉えておく向かうのも大事でしょう。とくに面接に進むと第一にあなた自身の人間性や人柄をチェックしてもらうのでマイナスな印象につながる態度は注意しぜったいに控えましょう。また常識的な社会人らしくきちんと整った服装を意識してください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

-コラム