コラム

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考に合格しました。そ…

とある古物商の会社で、書類審査に合格しました。2、3日し…

とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に合格しました。すぐに先方から面接日時を告げられました。ですが、当日、時間通りに指定場所に向かうと、なぜなのか相手が面接準備を一切していないことに気づきました。しばらく待っていると、所長らしい人が面接担当をしてくれたのですが、驚くほどやる気のなさそうな態度を見せて、ひとまず面接が終わりました。しかし、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、自ら問い合わせてみると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、結局、届きませんでした。仕方がないのでまた問い合わせると、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまいました。呆れ返ってしまい言葉も見つかりませんでしたが、本当は、採用されなくて良かったと痛感しています。

就職活動をする際に特に注意すべき募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料がよ…

就職するため職探しをする際に気を付けたほうがよい求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長めのものです。このような募集の場合、給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合がたいへん多いのです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間、45時間といった形で求人の記載内容に時間の併記がされています。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、あらかじめ給料に残業代を入れて計算しておくというものになります。(この仕組みは違法ではありません)仮に求人に『みなし残業代50時間込』と記載されていれば、「記載時間分の残業代も含めてこの給料がもらえます」という求人になります。ただし、悪質なブラック系の求人では『みなし』を表記していない場合もありますので気をつけましょう。

働くにあたって回復が難しいほど心的に相当につらくなってしまい、…

働く中で心的なダメージがあり、転職せざるを得ない状況になったのなら、会社と相談ではなく身内と話し合い、会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。なぜかというと、働くことは当事者であるあなたですが、家族の問題でもあります。毎月、どれだけ高い給料をもらっていたとしても、心的ダメージを負うほど、無理しながら働くのは健全とはいえません。今の時代は、物質的な豊かさよりも、働きやすいことを大事にしても良いはずです。ですから気に病むことなく、あなたの身内、あなた自らの心も大切にしましょう。

失業保険の給付は、職探しをしていることを証明しなくてはいけません。

失業保険を毎月、給付してもらうには、仕事を探していることが必要なのです。だとしても、実際は「今まで一生懸命働いてきたので、とりあえずは仕事をせずにゆっくりしたい」と思うのが現実でしょう。なので、真面目に職を探しているように見せることができるので教えておきます。月に一回ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは当然のこととして、そこで、求人票のチェックは最低限行わなければいけません。真摯に探す気が無い時には、「求人票」をチェックするだけで、(ハローワーク職員との)面談時に「納得できる条件の仕事や自分がやっていけそうな仕事が意に反して確認できませんでした」と話して、次の機会を探すという手もあります。

以前は看護婦と呼ばれていた看護師というのは務めとし・・

以前は看護婦と言った看護師は職業としてやっぱり女性比率がすごく高い職種です。加えて、気力だけでなく体力ともにかなり消耗する職場ともいえます。とうぜん職場での対人関係のいざこざや、結婚や出産の後にそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立が取りづらい仕事といえます。実際に、上記のような点に行き詰まり、転職希望者が多い傾向にあります。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足になっているのです。常にそれぞれの医療機関は看護師が足りない「売り手市場」であり、これが転職の希望者が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。

転身したいなら、いろいろな会社の採用情報を定期的に調べておく…

再就職を考えているなら、労を惜しまずに多種多様な企業の情報の詳細を定期的にチェックすることが、就職先の判断が大いにしやすくなります。今現在の職場に何か不満や納得いかないことがあるケースでは、転職活動を開始したとき、どの会社も魅力的に映ってしまいます。そんな状況になってしまうと、どの会社を選択していいのか迷ってしまい、判断を大きく間違えるおそれがあります。したがって、あっという間に退職してしまうおそれもあるので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておいたほうが良いのです。会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引している会社」も気にしてみましょう。透明性ある会社は、取引先情報を開示していますし、反対にそういった会社ではない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、チェックをする目安になります。そのうえ、会社によって個人グループに入っているケースもあるので、グループ名で中身をチェックしておくのも良いでしょう。

転職をするための活動をしている最中は、なにはともあれ…

転職活動をしているときは、最初にとにかくあなたの内心が急がないことを意識しましょう。会社で働きながら転職活動では、それほど気にしなくても良いとは思いますが、退職をした後にする場合には人というものは内心が焦燥感が出てしまいがちです。ですので、冷静に活動を続けましょう。今後、自分がやってみたいことや、理想とする職場のイメージを明確にしておき、希望する職場と比較してみて、それらが合致してるか、冷静になって見極めていきましょう。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで満足いく転職が実現します。

自身のスキルを有効活用しながら、就職活動する場合、再就職しやすい業界と・・

今ある自分のスキルや資格が有利にはたらくように就職活動する場合は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と難しいものとを知っておいてください。再就職がカンタンといわれる業種は、人材不足が社会問題にまでなっている「医療・介護」系が代表でしょう。医療・介護の分野ではそれぞれ看護師・介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。現在、看護師や介護士として勤務している人が、仕事のきつさから、異業種に転職したいと思っているなら、すぐに動いてしまうのは危険です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、働き手の流動性がそれほどありません。簡単に考えないことが重要です。異業種への転職を希望するなら、異業種では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけておきましょう。

転職のための面接では、中堅企業クラスの場合、おおよそは、その社内の「人事」担当者が面接官になります・・

転職の際に必ず受けることになる面接では、中小企業クラスの場合、概ね「人事」が面接担当ですが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。直接、一緒に仕事をする管理職、一言でいえば部長や課長クラスが面接場にいあわせることも決して少なくありません。また事務系や営業系の場合は、資格を通じた人の良し悪しを判断しづらいですから、堂々と自分という人物をアピールすることがとても大事です。面接官から「この候補者はしっかり主張できるし、戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大切です。

転職時にとても重要なのがまぎれもなく「面接」だと言えます。

転職活動において、かなり重視されるのがまぎれもなく「面接」である。普通一般的な面接の場合は面接官が当人に対して転職の経緯や仕事の意気込みなどいろんなことを尋ねられると思います。そして、面接の終盤になると、今度は、転職希望者から、面接担当者へ不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接官から、「何か弊社について疑問に感じる点はありませんかね?」と言ってくれるわけです。と尋ねられた際に面接者本人は急なことなので何も聞けなくなる可能性があるかもしれません。後で後悔しないためにも、面接の前には面接官からの質問に際し、質問の内容を考えておくのがベストです。具体的に知っているわけではありませんから、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、試してみてください。

将来的に、社会ではぐんぐんと短絡的な労働は機械化が進み、…

私たちの社会的環境において、近い将来一段と簡単な労働は機械化に置き換わって明らかに人員はどう考えても削減されます。シンプルな仕事は人間の手を借りるよりも機械で作業するほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。数量を計測したり、同じ動きを反復したりすることは機械には何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って泣き言は言わないし、肉体的な疲れもないし、不正行為をすることもないし、正確にこなしてくれますし、それを均一化できます。おまけに人と違って「人件費」が発生しないのもメリットといえます。なので、労働力として人を使う理由が無いことが明白で、機械化の流れは無理はありません。

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎えた…

時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、任意のタイミングで退職できるわけではないと、転職活動を経験して学びました。私は結婚後、生活が落ちついたら、早く子供がほしかったので、妊娠する時が訪れるまでのあいだ、数年だけ今の仕事したいと思ったので、就職することにしました。常勤ではなく派遣社員だったので、給料は安かったですが仕方なく派遣社員という道を選びました。しかしながら、入社してみると一緒に働く方たちはほぼ全員10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。なので派遣だからといって、期間が過ぎたらすぐに辞められるワケではないと、この先どうすべきか、とても困惑しています。

看護師でありながら違う職に転職の原因は人それぞれ。色々な事情があるはずです。

看護師という職業の人の他の職業に転職の原因は人によって違うはずです。どういう理由が多いかというと看護師からの転職するには「職場に関わりたくない人がいる」「結婚することで家事のことがいろいろとあって出産そして子育てそのうえに家族の介護など、仕事環境の変化など、これまでのような仕事が難しい」「今の給与体系に不満がある」というような悩みが考えられますね。ですが、転職前に、「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、頭を冷やしてリラックスしながら現状を客観視することも大切です。「実際に転職したら状況が好転するのか?」ともう一度考えたうえで決断すれば間違いが減らせます。

女性が再就職する時、数年前と現在とは若干、変化があるといいます。

女性が転職するに当たって、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは少し状況が変わりつつあります。一昔前は面接の際に会社側から、結婚観や出産予定などに関して、当たり前のように女性に質問していました。ですが、現在はそのような内容は、セクハラと会社側が捉え、質問しない会社が増えています。また、特に大企業ほど、タブーとして全面的に避ける傾向にあります。けれども、面接する側としては、〇か×で返答するのではなく、その女性の考え、結婚後は退職するのか、育休の取得が必要なのかどうかなどを漠然とは知っておきたいとは思うはずです。自分自身の価値観を伝えるためにも、自己PRや志望の動機と一緒に表現することで、相手側にもしっかり伝わり、安心してもらえると思うわけです。ですから、たとえ、質問されていない箇所についても、あなたから企業にとっては必要な情報と捉え、話を進めていきましょう。

転職活動を行うときに、まずは今勤務している会社を辞めた後・・

転職をするのに、とにかく働いている会社の退社手続きを終えてからという考えを持っている人もいるようですが、それなら会社がいつボーナスを出すかを事前に調べておくのが無難です。社員にボーナスを支給する会社はいっぱいあるわけですが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスをゲットできる時期まで少ししかないのなら、ボーナスを手に入れてから退職するという考えも得をする方法です。ボーナスと言うものは随分大金なので、もらわなきゃ損ということも考えることもできるでしょうから、会社を辞める決意をしたならボーナスの支給日について一度確かめておくと賢い方法です。

『転職をしたい!』と考えていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら・・

『なるべく早く転職をしたい』とおもっている方、自身の意志が固いならば退職したいという旨をすぐに上司に言うべきです。ただし、このときに相談といった形で話を持ちかけると、上司に言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。また、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、ズルズルと長引き結果的に、半年以上にわたり辞められませんでした。はじめに、直属の上司に相談したのが年度末で、実際では数ヶ月働いて辞められたのはその年の11月です。本音を言うと、区切りの良い年度末いっぱいで辞めたかったのに、うまくいきませんでした。やはり企業側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、その会社に対しての会社や上司に対して呆れてしまいました。

こういう転職ができたという話は兄の友人から聞いた話です。

こうした話は知人から聞いた話です。学生時の就職活動で入社第一志望であった憧れていたA社の最終の面接で不採用になって、その後仕方なく他の会社に就業しました。3年経った頃に派遣の求人サイトでA社の紹介予定派遣の仕事を発見し、どうにかしたくなりその時働いていた会社をすぐに退職し、A社で派遣の仕事を開始しました。思い切った行動ですね。一生懸命頑張ってそれから後学生時代に憧れていたA社で正社員登用され、現在においてはやりがいを感じつつ楽しく勤めています。

転職しようと考えている会社で会社見学しておけば、とても勉強になります。

転職しようと考えている会社で見学などがあれば、すごく勉強になります。特に、「職人」さんがいる会社では、腕を見るのが楽しめます。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者には高確率で、本当の仕事風景を見せてくれることは少ないです。典型的なのは、ブルーワーカーといわれる肉体労働です。個人のクセが反映されやすい業種なので、入社してからでないと、本来の姿はみえないものです。なので、会社見学で見たものを仕事内容だと思わないことがたいへん重要なのです。加えて、見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから気を付けるべきです。入社していない人には仮に問題が起きたとしても、それに対する保証が一切無いので、万が一、勧められてもやんわりと断りましょう。

今がんばっている転職する活動の際に「自分は今まで、このような職…

転職する活動の際に「これまでこのような仕事に従事しました」「過去の会社の仕事によって、このような経験を身につけました」と過去の自身の成功体験などを強めにアピールする人は頻繁に見かけます。ただし、転職先となる新しい企業で「可能ならばこういったことをしたい」「私が申したような業務なら貢献できるはず」と未来形として自分をアピールする方が過去の実績以上に反応が良いはずです。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

今日では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり…

現在、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり、悪質な会社が公表されるなど、厳罰化の流れが続いていますが、完璧とは言い難いというのが現状です。面接で見破る方法があります。とりあえず、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、ひとつひとつの項目について、質問をぶつけてみることです。相手が「ブラック企業」だった場合、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、回答を避けるなど逃げようとします。とりわけ「給与」「残業」「休日」の3つに関しては、質問してみると、渋い表情を見せるケースが多くあります。それでも食い下がると、ふてくされたような態度を見せはじめるので、会社の本当の姿に気づきます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、「何か引っかかる」と思ったなら、他の会社をあたったほうが良いと思います。

-コラム