コラム

転職サイトに一旦登録すると、電話やメール連絡が執拗に入ります。

転職サイトに登録した場合、電話やメール連絡が何回も入ります。

転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメールで何度も連絡が入ってきます。初めて利用した人は結構驚く場合が少なくありません。転職エージェントは転職をサポートすることが業務だと考えられるので、とても積極的です。その中でも大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業からお金がもらえる仕組みであることから、転職したい人の都合よりも企業側を優先させることが多かったりします。さらに、「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が取れた瞬間に、入社を積極的にすすめてくることが珍しくありません。対抗策として自身の気持ちを明確にしておき、安易な妥協をしないように気をつけておきましょう。

20代前半で転職を2回した為、現在、資格取得の勉強をしながら…

20代に転職を2度行い、現在は資格を取る目的で「派遣社員」で働くことにしました。常勤の勤務とは異なるため、どうしても毎月の収入は安くなりました。ですが、以前より心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時代に資格を取得し、仕事をできる人はとても少ないです。資格を活かして働いている方に会うとかなり羨ましいと見えてしまいます。これまでの私は、成功している人と自分との違いにガッカリする日もありました。しかし、結婚し、生活自体が大きく変化し、以前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、まいにち充実しています。

「シフト制」の仕事についてです。

これはシフトの仕事に関する話です。毎週、決まった曜日に勤務できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もし、応募しようと思っているなら休む方法の詳細やシフトの提出方法についてはあらかじめチェックしておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、以前に私自身が、出産のため休む人の代わりにと正社員として勤めることになったのですが、「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任の方が「土曜、日曜」に必ず出勤することができたので、私自身もそのような人と思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフト変更を出す必要があり、同じ部署の先輩方に「日曜日に休みたいのです」と私自身が連絡を入れなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・今思うとよく我慢したなと思います。

人からの紹介を通じて転職する先を探すこともあるでしょう。

友人からの紹介によって転職先を探すこともあるでしょう。それはいいけれど転職をした先の労働環境、それに労働時間などの大切な部分を友人からの口コミ情報のみであまり信用しすぎると後悔するかもしれません。口コミの中でも個人の口コミ情報というものはどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。要するに友人・知人にしたら働きやすい職場であっても、自分の主観で見た場合、イマイチな環境があります。でもその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけに頼らずに、自分の目でチェックしておくようにしましょう。

大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから…

一般的観点からすると大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。それに、地方ではその機会はとても低くなりそうです。けれども製造業の企業の場合、地方の工業団地を製造工場を置いていることもとても多いです。そういった工場は、事業拡大とともに人員募集をすることも珍しいことではありません。この好機を見逃さないようにするのです。地方の工場に転職したいなら、希望する企業についての下調べから事前に得ておきましょう。その企業のホームページを覗いて、求人予定がないかときどき確認しておくと間違いがありません。

転職をする際の面接での身なりは会社側からクールビズ・・

再就職の面接に関してですが会社側からクールビズでもOKとと言われる場合がありますが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは印象が悪いのではないか?と考えてしまいます。そのような思いを心に背負いこんでいる方々に進言したいのは、企業側からクールビズで来ても良いとされた面接においては伝えられていることを素直に聞き入れるほうが安心できます。考えすぎてしまい、暑い季節にスーツをびしっと着る格好をすると不自然な印象を持たれてしまうので、企業側からクールビズでもOKと伝えられたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

満足できる転職を希望しているのなら、事前に行動するようにしなくてはいけません。

後悔しない転職を目指すのなら、最初に情報を集めることをしておきましょう。ネットを見るとどんな中小零細企業らしくもなくHPで会社のことをわかる企業がたいていだから、インターネットの機能を駆使して自分の知りたい情報を手に入れるとそれとその企業のわからない点を解消しておくと転職の助けになってくれます。公式サイトのほかに、「転職サイト」をチェックしておくのも意外な発見があるはずです。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。転職の候補にしている企業を自身で確かめてみるのも意味があります。

勤めていた会社で意地の悪い上司に嫌な気分にさせられ…

就業していた会社で嫌な感じの上司に神経を削られ、ついに耐えきれなくなりその会社は辞め、同業者の別の企業に転職しました。人間関係も良好でとても満足した日々でしたが、時が経つにつれて会社の売り上げが少なくなり経営統合されることになりました。その統合先の会社が驚くなかれ以前勤務していた会社で、転職のきっかけとなった上司がもう一度私の上司となることになりました。まったく困ったことになりましたが、ここまで縁があるとは。もちろん新たな転職先を探す活動をし始めています。

再就職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を渡された時・・

再就職における面接などに関して面接担当者が名刺を差し出してきた場合、同じようにあなたも名刺を差し出す方が良いのかどうかと迷った場合は、おおむね差し出さないもの、と理解しておいてください。転職のための面接というものは仕事の一部ではなく、採用活動内のことなので、ほとんどの場合は名刺をやりとりする場とは違います。また、会社の人としてではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。なので、もし相手の方から名刺を渡された時でも、こちらに関してはもらうだけで問題なくて、相手の方にあげる必要性はまったくないと考えます。

新しい企業につきたいと転職をする活動をする場合、「はや・・

今と違った職場につきたいと転職で活動している場合は「ほんの少しでも早く、内定がもらいたい」と考えがちです。とはいえそのために内定を得たいばかりに、自身の能力について、嘘の申告をしたり、また反対に能力を安く見積もった売り込みをするのはぜったいに避けましょう。大事なのは焦ってしまう気持ちをグッとおしころして、冷静に客観視しつつ、自分の能力にあった職場を探すことに専念しましょう。これまでの経験が活かせるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く選んでみてください。

自分の好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意した方が良いです。

大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている方は注意した方が良いです。これは、私の実体験なのですが、私の場合、食べることが趣味でそれが高じて、以前は、飲食店(レストラン)で働いていた時期がありました。その飲食店での業務内容は、その飲食店で私が担当していた仕事内容は、盛り付けやホール業務です。この仕事内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。ですが、人間関係でとても嫌になってしまいました。ということが理由で、仕事をやめることになったのですが、同時に、あんなに好きだった食べること、そしてその飲食店で提供していた食べ物も苦手になり、よく似た飲食店は現在も行く勇気がありません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事を始めたばかりの頃は、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見て、実現させることは素敵なことです。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、まじめに自分自身と向き合ってから行動するべきです。

派遣でのお仕事が決定しました。

派遣のお仕事が決定しました。就業1日目に営業を担当している方と就業場所の近くにあるコンビニエンスストアで待ち合わせたら、営業担当者がどういうわけか約束をしたお店の前にいないから店の中にいるのだろうと思いコンビニエンスストアの中に入ってみたら雑誌コーナーにしゃがみ込んでいかがわしいグラビアのところを開けてじっと見ているのを発見しました。こんな人が担当者だなんて人間として恥ずかしいことだと思って、その場で声をかけることなくこっそりと店の中から出てすぐに派遣会社に辞退をする旨の連絡をしました。

仕事を変えると、だいたいの場合は前職での出来事は美化されます。

転職した際には、高い確率で以前の会社の仕事での大方の出来事は美化されます。実のところ今の会社に自分に合っていないと感じたから、そういった思いを払拭するためにやっと退職を決め、再就職を決めたはずなのに、気が付けばなぜか転職した会社よりも「前の仕事のほうがマシだった」と感じることが増えてきます。それというのは普通で、前職では業務に慣れていて、さほど苦労なく毎日仕事があっさりとできていたから、一番の理由にあるでしょう。ですが、「やっぱり転職するんじゃなかった」と本気で悔やむほど、以前の仕事の方が待遇や職場環境も良い可能性もあるはずです。

再就職することで勤め先を新しく替えるということは、自分自身に見…

転職で勤め先を一新するということは、自分自身に適合する自分にあった職場を選びたいものです。仕事を変えれば、自分でも驚くほどの適職に就く可能性もあります。ですが、デメリットもあって、雇用側が必要とするスキルがないと、転職自体がままなりません。他の言い方をすると、あなたの技量次第で「天職」に近い転職に巡り会えるチャンスも広がる、ということです。近年は、職業選択の自由が社会的に認められているので、仕事を変えてもトラブルも生じないでしょう。この様な情勢下では、今現在では「価値ある人材が欲しい」と思っている企業もどんどん増加していますので、この好機をうまく利用してみるのも良いでしょう。

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に人事から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、ほぼ質問されます。このとき、どういった事情があろうとも、以前の職場の人間関係や労働環境についての不満に受け止められる答えは、出来るだけ口にするのは避けるべきです。なぜなら、こういった話をしてしまうと、せっかくのチャンスを棒に振ってしまいます。そのため面接では「前向き」な人柄をアピールするのがとても重要で、本当の理由でなくとも、「新しい職場で、スキルを生かしながら、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、といったようなアピールの仕方が必要とされます。

日本には古来より”石の上にも3年”という教えがあります。

古来より日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では「転職」は自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。でも、当たり前に転職が可能だと思い込み簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。実際に転職するつもりなら、時期というのも有るでしょう。基本として、現在の職場、や自分の置かれている立場などについて、不満に思う点を約10項目箇条書きにしてみましょう。其れによって再就職がスムーズになるはずです。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、迷うことなく、今より良い仕事を手に入れるべく努力することも大切です。

今までの私は、職探しは「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」が中心でした。

これまでは新たな仕事を探す時は主に「ハローワーク」を利用していました。どうしてかというと、規模の大きな「転職サイト」は、構造上、都心部の求人募集ばかり掲載しているからです。そのために、転職活動をする時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やはり、人気の転職サイトに掲載されている求人より多少給料や労働条件で差がありますが、地域密着タイプなので安心して面接に進むことができます。しかし、「聞いたことのない企業ばかりで不安」と思われている方もいるかと思いますが、思いもよらず、転職サイトとは違った求人もあるので、近いうちに転職を予定しているのなら、お近くのハローワークへ足を運んでみてください。大手転職サイトのようにこれでもかというくらいのニュースレターの心配もありません。

もしあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」にお…

もしもあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」のように、都市部から地方へと移り住んだうえで再就職してみたいと考える人も多いです。ネット社会の今では転職サイトの地域指定をするだけで、国内のどの地域の求人情報にも手軽にアクセスできます。ですが、郊外や地方での求人情報は、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある会社が少ないのが正直なところです。ですから、求人サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。転職サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもまめに確認しておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する就業サポートの関連情報も注意してみておきましょう。

自分が仕事を探していた時期に何個かの人材紹介会社に登録していのだ…

たいへん多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーの質が本当に様々でそのほとんどが物足らなく感じる人ばかりでした。私にとってはとても重要なことなのにもっと気持ちを込めて向かい合ってほしいという想いが膨れ上がりました。それが引き金となって自分がキャリアカウンセラーの資格取得を目指すことにしました。その資格取得までにはお金もいりましたし資格取得のための勉強に関してもハードなわけですが、求職中の人にアドバイザーがあなたで良かったと言ってもらえる存在になるべく頑張っています。

転職の際、「派遣社員」を選択しようと思っている人にチェックしてもらいたい…

転職で、「派遣社員」を選択しようと思っている人に注意していただきたいポイントが数点あります。なんとなく派遣社員の業務については、データの入力、電話対応などの雑務、雑用等をのような仕事内容をぼんやりと想像した人がおそらく少なくないとは思います。実は私自身もまさにそう思っていました。現在の企業に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「電話対応がメインです」と採用の際に説明を受けました。ところが、実際に入社してみると、まさか「電話対応」だけでなく、辞めた正社員の穴埋め役を頼まれました。特別な知識もなく、はじめの説明とは異なる内容ばかりなので毎日非常に困っています。とにかく、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

-コラム