コラム

転職活動を行うとき、前もって、ハローワークやインターネット上の求人情報を閲覧したりし・・

転職活動を始めるにあたっては、はじめに、ネット上の求人サイトを見たりし・・

転職活動をするとき、あらかじめ、ウェブ上の求人サイトを見たりして気になる会社をチェックするはずです。ところが、当該会社が情報を公表するにあたっては、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す特徴があります。さらに、不都合な内容は、言い回しを変えて表現をマイルドにしようと試みます。そういった類の会社情報や社員のインタビューについては、それを鵜呑みにするのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。仮に鵜呑みにして入社した場合、「こんな話じゃなかったのに・・・」とあとでガッカリすることになりかねません。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後は言いがかりをつけて退社させないように仕向けています。ブラック企業では、このようなことが少なくありません。

長年にわたり接客関係で仕事を行ってきましたが、加齢が原・・

長期間接客関係で仕事を行ってきましたが、年齢的に立ち続ける必要のある仕事は体力的にハードなため、座って仕事ができる事務の仕事への転職を視野に入れて行動しました。事務未経験だと少々難しく、それなら接客の経験も活かせる受付兼医療事務をしようと資格も合格し個人の病院に転職をしました。周りはベテランである先輩パートさんばかりで人間関係も難しい。夜のシフトばかり押し付けられて、接客業時代よりも帰宅時間も遅いわけですが、初めはキャリアの形成時と考えて仕事を続けます。

雇用期間中は、出来るだけ社内の人間にバレないよう(自身のときは…

雇用中はできたら、会社内の人にバレないように(自身の転職活動では)前職中に「転職するかも」という意思表示のみを早期に会社内で言ってみたことがあります。とはいうものの、それから、求人サイトを散々見て回ったものの、転職先や転職するタイミングさえも無計画なまま進めていたので、ダラダラ時間を空費する結果に。そして一方、会社の側は、仕事の引き継ぎや手続き、私の退職日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な状況になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験したあとで、次の就職先を探すハメになりました。

政治による影響がでつつある転職事情ですが、安倍総理による現政権によって…

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、安倍総理が主導する現内閣によって、アベノミクスや「三本の矢」などの経済政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀の金融政策と、たがいに作用しあって、財界・企業といった民間側からも今までとは異なった変化が増加しつつあります。その影響を受け、企業サイドでも今度は労働人口の減少による「働き手が足りないこと」が社会問題化しつつあります。最近では「外国人の労働者」の割合を増加させ人材確保に務めていくと現内閣は方針として掲げています。日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。こういった変化のなかで日本国内の雇用・転職事情も大きな影響が出てくるのは間違いありません。

もしも転職を視野に入れているなら、資格を取得することでステップアップできます。

もし転職を予定しているのなら、転職前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。また、仕事をしているあいだに資格取得しておくのがベストです。転職活動にあたって幅が広がるので、次の仕事も見つけやすくなります。というワケで、在職期間中に資格取得をするのがもっとも最適です。あなたが未来を考え、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、今の会社を退職後も前向きに次に進めるはずです。そして、資格を保有することで転職先の面接の時には面接官に即戦力になる人材だと判断され、それまでより待遇アップも期待できるでしょう。

このところ私は派遣会社で働いています。

今、私は派遣で働いています。サイトの中でなんとなく気になる仕事を探し出して確認してみると「その仕事はもうすでに別の人が採用されました」と言われてしまい一時的にウェブサイトから仕事情報が消えるのですが、なぜか翌日にチェックすると再びその求人募集が掲載されています。これって要するに私ではダメだと言っているのと同じですね。そういうことならば変に隠さない程度ではっきりと伝えてくれるといいのですが、そうするのは難しいのでしょう。あるいはダミーのお仕事なのでしょうか?

これから転職される人で次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのな…

年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、できれば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。働いている所属する会社がきちんと「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、今の会社都合での退職や、残業時間によっては、すぐに受け取れる可能性もあります。このとき、支給される「失業手当」の金額は、会社で最後となる勤務月の直近の給料を軸に算出されるため、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

最初に転職を行う際、頭に入れておかなければいけないのは…

生まれてはじめて転職をするにあたって、忘れてはならないのはなぜ現職を辞める必要があるのかについて頭の中で整理しておくことです。その理由が根本問題なので、必ずやっておくべきでしょう。問題を解決できる会社を決めてみましょう。既卒者の転職活動は、大学等での就職活動とは違い、現在の仕事を続けながら転職活動を行っていくので、時間・体力に余裕がないと難航します。したがって問題の明確化ができていない状態で転職活動をした場合、途中で行き詰まってしまう危険があります。どんな方法を使ってでも転職したい、現状に変化を加えたいといった強固な意志がないうちは、転職活動をスタートするのはやめておくのが賢明です。

転社を度々しないためには、コツが要ります。

退職と転職を繰り返さないための対策は至ってシンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。今現在は、インターネットがあるので精神面を強くするヒントはいつでも知ることができます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全く異なる行動でも、メンタル面を鍛えられます。たとえばズバリ「海外旅行」です。外国は、日本とは異なった様々な文化があり、大きな刺激を得られます。なので、帰って来てから変化があるのです。日本に帰ってくると、己の視野の狭さを実感し、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え転職先を探し直ぐに面接に行くと、今までの面接とは違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ですが、退職直後は精神的に弱っていることが多いので、元気になるまで休みましょう。

たのしい気持ちでいながら再就職と向き合っていけば、メンタル面での負担も少ないので、…

将来に目を向け、楽しみを見出しながら転職と向き合っていけば、精神的な負担も少ないので、転職活動の間の堕落も回避できます。しかもメンタルにも損なわれていない分、あまり時間をかけることなく転職先も見つかるはずです。最良なのは、やはり、休職期間をつくることなく転職先を見つけることが重要です。現在の仕事をしながら、次の勤め先を見つけるのが理想といえます。それに、ブランクをなくせば退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そのようにしておけば、働いていない期間はできませんから、将来に響くこともありません。すなわち、転職の際に不利になることがないということです。今後のことを鑑みながら、上手に転職活動を進めてみましょう。

安定的な暮らしを手に入れるべく正規の社員を目指している人・・

安定的な生活を願い正規社員になりたいと思っている人はかなりいらっしゃる、というのが現実です。が、かなり頑張っているのに正社員として雇い入れてもらうことが難しいケースも少なくないはずです。契約社員の求人があっても、正規雇用の求人以外はスルーして時間がムダに過ぎる、といった人が最近多いようです。仮に、中々正社員としての転職が難しいのなら、非正社員の募集も見てみましょう。企業のなかには、働き手の活躍の度合いによって数年で正規雇用にステップアップができることもあるからです。ですから面接の最後に正社員として働けるチャンスがどの程度あるのかを質問しておくと良いでしょう。

転職先を探している期間は、趣味に没頭する他、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れ・・

転職期間中には、自分の趣味に時間を使ったり、体力の向上を意識しておくと良いです。復帰した際に、趣味に夢中になっていたことで気付かない間に集中力が高まっているのです。また体力づくりも同時にできているため、他の社員さん以上に疲れにくいということを自覚します。そんなわけで、退職して次の仕事を始めるまでは好きなこと趣味に時間を充てることと、体力を低下させないようにするのが何より良い事なのです。この先、職場のなかであなたと同様の趣味を持つ人と巡り会えれば、直ぐに親しくなることができます。ですから、気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

転職するときは、様々な経路で情報を集めるのが通常だと思います…

転職をするにあたっては、様々な経路で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは利用しなければもったいないです。以前、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。会社の都合で退社させられた元社員の報復によってそういった口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、裏を返すと、ウソの書き込みなら、会社としては気にしなくていいようにも思えます。とはいっても、実態は『クロ』で「このままではマズイと思い、早く火消ししなくては!」と考えている可能性もあります。口コミサイトも囃し立てることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、それだけトラブルに遭遇する心配をしなければいけないと判断して良いはずです。人もそうですが、いい会社にはトラブルなど起こりません。

再就職をする際に目を光らせる募集要項の情報というのは、…

仕事を変えようとしようとしている時にマークする求人内容に関しては、参考程度に、アバウトに書かれている可能性があります。なので、情報として書かれていることを全部正しいとは信頼すのはやめておいたほうがよろしいかと思います。とりわけ報酬面においては、社員を平均して出した値なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高の給料であるのか?といった見極めができない転職者も多く、自分勝手にわかったつもりでいると、今後、後悔する可能性も少なくはないのです。そのような訳で、募集事項については、参考程度に考えて、そういったような情報は直に確認を取ってみた方が良いです。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場・・

求人についての情報を見てみると、大部分の場合は普通の株式会社では月収の記載に目が行きますよね。でもこの箇所を確認する際は、注意深く確認する事が必要です。その数値だけでわかってしまわないようにしましょう。というのは場合によっては、月収の額の内訳で「毎月15時間分の残業」が条件になっているかもしれません。要するに残業代の金額をトータルすることで金額が高く見えるようにしているケースも考えられます。また「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている企業もあったります。そういうわけで、そうやって応募者を増やそうとする会社には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

転職で面接でかなり高い確率で投げかけられる質問が辞職…

再就職をする場合でだいたい追求されることが前に働いていた会社を辞職した経緯についてです。この質問に回答する時には話題を前職のことにしない方が安全です。退職した経緯を的に絞り話が進むとほぼ確実に面接において不利なことを含んだ面接になってしまいます。どうこの点に関して面接を進めていけば良いかと言うと、どうして以前働いていた会社を辞めたかという点をこの会社にぜひとも入りたいと思っていたからといった感じに持っていくということで、自分が入りたい会社の方に焦点をもっていくべきなのです。転職理由でも、そのような内容ならば、マイナス面を消しプラスの要素を含んだ辞職の理由になります。

失業した際にもらえる失業保険は、失業状態でない人はもらえません・・

失業した際にもらえる失業保険は、失業しているあいだが給付条件となりますが、「期間」が定められています。離職時までに働いていた期間に応じて変わり、90日だったり120日だったりするのですが、なんとこれを知らずに失業を続ける限りもらえると勘違いして「失業保険が給付される間は遊んでいよう」という人をたまに見かけますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから焦って職を探しても条件のよいところを探すのは困難です。面接担当者が馬鹿である場合を除いていつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといったことくらいはほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。運が悪ければ、面接官から失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、9割がた採用されません。

転職のために今勤務している会社辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが・・

転職する際、今働いている会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、仮に自己都合で退職届を出して退社する、いわゆる自己都合退職の際には即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3か月待たないといけないのです。なので、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると信じている人がいますが、この規則をわかっていない人が、ハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってそれが原因となりハローワークの職員と揉めているのを過去に見たことがあります。ちなみに、労働者側の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したときは、失業認定されてからすぐさま失業保険を受け取ることができます。

派遣という形で働く人が近時は増える傾向にあります。

派遣会社に登録して働いている人が近時は増加する傾向にあります。派遣社員として働く場合は、派遣先の会社から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかを可能であれば面接の際に聞いておくべきでしょう。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その対価として手数料をもらうシステムと考えることができますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることがほとんどです。半分以上を還元しているのなら、良い会社といえますが、情報をひた隠しにする業者も多く、酷い会社では、2割しか支払われていなかった場合も多いです。面接時、丁寧に返答してくれない派遣業者は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、なるたけ別の派遣会社を利用されることをオススメします。

新卒採用で入社した会社に別れを告げ、思い切って転職しました。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、思い切って転職すると決めました。会社を退職する前は、相当に悩んだように思います。でも、会社をわずか数年で辞めて、多くの人が中途採用で働いていることを転職活動をしていく中で知り、無意識のうちに不安が消えて、安心しました。また1度、転職したことで徐々に気持ちが前向きになって、「本当に自分のしたいこと」を探すのが毎日が充実したものになりました。いまだ「仕事を変えるのは良いことじゃない」というような意見も根強くありますが、それが正しいとは限らないと感じました。私の転職活動は転職を決断して良かったと思います。

-コラム