コラム

再就職の時に用意する必要がある履歴書や職務経歴書などについてですが、…

転職をしようとする時に絶対に用意する履歴書などについて・・

再就職しようとする際に絶対に用意する必要がある履歴書については、たいていは手書きではなく、パソコンを使って作成するのが主流となっています。現在の日本社会では履歴書はパソコンを用いず手書きで作るのが一般常識だと考えられている面も多々ありますが、それは新卒の人たちに関する就活やアルバイトやパートの時に用意する履歴書であって、実は、転職の時は履歴書や職務経歴書は必ずパソコンで書いたものは駄目とはっきり言うことはできないのです。手書きの履歴書の方を高く買う時もあるようですが、違うケースがずっと増えてきますから、パソコンで作った履歴書や職務経歴書でも良い会社は意外にも多くあるのです。

転職というものをする場合、転職先となる職場における給与を気にしすぎる…

転職というものをする場合、その職場の給与を気にしすぎる人が意外といるようです。たいていの人はだから生活費を給料として稼ぐべく仕事を選択するのはずです。年収は自分の社会的な価値を知る値という側面もありますから、とうぜん大切なものとして扱うのは当然ではあります。とはいえ、もらっている年収額に固執しすぎるのも人生を損してしまう気がしませんか?よく見れば年収にあまり反映されない仕事であっても精神的に満たされる可能性が大いにあるものだからです。

クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接に行く場…

クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接に臨むときには、やっぱりジャケットまでは着なくても安心であると間違いなく分かるわけですが、ネクタイは着用していったほうが間違いないです。タイなしで良いと思っている会社もある場合もありますが、ことネクタイだけはクールビズだろうとすべきだと考えている企業がそこそこ存在するわけです。そのため、クールビズ(軽装)のスタイルであってもネクタイだけはつけて面接した方がベストであるということを分かっておいてほしいです。

大手の「就職エージェント」ほど、多種多様な案件を取り扱ってい・・

転職エージェントは大規模であるほど、様々な案件を抱えているという強みがあるといえますが、他方、転職を希望するライバルも大勢います。それゆえ応募希望の会社があっても、転職エージェントの担当者が「可能性が薄い」と判断すれば応募してもらえないこともザラですし、企業から見てあなたよりも有能な人がいれば、そのライバルを優先しやすいのです。大手エージェントの場合、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱い応募することが難しいので、策略を変更して中小規模のエージェントたちに対し、希望する会社や案件に関して相談し、応募できませんか?と相談してみると、自分の利益を考えてアプローチしてくれることもあるので、そうした活用方法もあります。

この前転職の準備をしておこうと人材バンクへ登録をしに行きました。

数日前転職の準備をしようと人材バンクへ登録をしに行きました。そこでカウンセリングのために現れた担当の方が見たところ入社間もない新入社員のようで、こちら側が説明している話の3割も理解できていない感じ。それなのに「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「もっと自分の強みについて考える必要性があります」とか、大上段から横柄にしゃべるからとても嫌な気持ちになりました。カウンセリングを担当させるのはそれなりにカウンセリングのスキルがある方にするべきです。

転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠といえるでしょう。

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が大切です。大多数の会社は履歴書や職務経歴書に書かれている内容で面接するかどうかを判断するため、この2枚の書類の作成が大切なポイントといえます。単に必要事項を埋めるだけでなく、内容を魅力的なものにすることが大切です。職務経歴書は、これまで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り記載しましょう。また、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。例をあげれば売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などわかりやすく書くのが得策です。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、より良い内容に改善していきましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを活用してみるのも満足のいく転職をするための有益な方法です。

転職活動には、然るべき準備は必須です。

再就職にあたって相応の準備は必要不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、とりわけ「服装」を重視してしまう部分だと思います。けれど、ここ数年の、企業面接では私服を許可している会社もあるので、しっかりビジネススーツを着て出向かなくても良いでしょう。とくに会社の創立したての新規の企業などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で面接をしたほうが、相手先に良い印象をあたえます。さらに、正装でないので、ざっくばらんに話をしやすいのもメリットといえます。また、私服を見せるたことで面接の間に、洋服について、相手との話が広がる可能性もありますから、もしかしたら面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということから、これから転職は会社の「設立した年」を確認し、(ベンチャー系企業の)面接時には正装はせずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

転職活動を行う上での最後の問題として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

転職活動をする際の最後に残る厄介な難問として、現職の退職があります。転職先の会社から採用の内定をゲットしても、現在働いている会社があなたを放出したくないとして引き留めるというのもありがちなケースです。そういったケースでは、何があっても退職をあきらめない、という強固な気持ちを維持することが求められます。もしも会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を作成しておきます。そのあとに、決定権を持っている上司と直接話をし、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と毅然とした態度で伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも転職活動には必要です。

転職時の面接で着用するビジネススーツの色合いに関して・・

転職の時の面接で必要となるビジネススーツの色合いは、新卒の方が就活の時に着る色が良いとされています。具体的に言うと、紺系や黒系などのような落ち着いた色合いになるわけです。転職であっても、着ていくビジネススーツの色合いに関してはこういうダーク色が圧倒的多数であって、他の色のビジネススーツの人は少ないです。それ以外の色と言うと、たまにグレー系を着ている方がわずかにいるほどで、割合からしても黒や紺が大多数を占めているので、面接担当者も黒や紺のスーツが普通です。ですから、身だしなみ、という面においてはおすすめしたいのです。

転職のための活動を行っていて面接時に「志望動機」「転職理由」の2点について、必ず尋ねられます。

転職活動で面接のときに「志望動機」「転職理由」の2点について、必ず尋ねられます。これらのうち志望動機に限っては、隠さずに話しても問題ありませんが、これと違って転職理由について隠さずに伝えるのは賢明ではありません。たとえば報酬に対する不満、人間関係に対する不満など、面接担当者に好印象を与えるものではありません。とはいっても、自分にとってマイナスになると予想されることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、転職先となる企業は、そのような部分を重要視している傾向があるため、慎重に質問をしてきます。現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。そして、この会社に入ってこんなことを実現したい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、ポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人が多いです。

転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。でも、忙しく仕事を行いながら求人情報をチェックして、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは心身ともにハードです。今の仕事の同僚・上司たちにもバレないように振る舞わなくてはなりません。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、もしも、そうした場合に書類選考が通り面接に呼ばれてから辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、他方直接応募していた場合も相手の会社からしつこく電話やメールがあることもあります。自分の大事な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と覚えておきましょう。

生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、何もしなくても給付されると考えている人・・

生まれて初めて失業保険をもらうときに、何もしなくても受け取れると思っている人がとても多いですが、それは間違いです。実際には、失業保険を受け取るためには、求職活動を行わなければならず、それとは別に、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとに職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、真剣に就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。一方、真剣に就職活動をしていないと判断されたり、毎月の職員との面談に参加しないときは、情け無用で給付してもらえなかったり、場合によってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、それを防ぐために十分注意しましょう。

いよいよ転職活動をするに当たっては、今いる職場の何に対して不満を感じているのか…

今から転職することを予定しているのなら、今現在の仕事の何が気に入らないのかを明確化する事が良いです。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも不満があるからこそ、転職しようと思っているはずです。が、「いまある職場の不満点を挙げる」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。その次に仕事を変えることで「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。転職したとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後のモチベーションの低下を高確率で防げますから、失敗しないのは可能です。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを使って・・

転職エージェント、そして転職サイトを活用して、転職活動をする人はますます増えています。としても、転職活動の成果をもっと高めたいなら、それに並行して転職フェアの利用が有益です。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、参加したのならいろんな企業について知ることができますし、その上、その場で説明しているスタッフさんから、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。仮に、転職フェアに参加する機会があれば、1次面接を受ける心構えで自分をアピールする準備をしておきましょう。その結果フェアを通じて、企業側から良い人材と見なされれば、後に応募して面接に進む際にアドバンテージになります。

このように昨今の労働背景のめまぐるしい変化について、社会人の中・・

今現在の会社や企業の労働背景の目まぐるしい変移をについて、全世代の中で若者の世代が特に興味を持って見ているようです。おそらく、今後の転身とキャリアアップを考えているのでしょう。このため、働き手といった「流動化」が活溌になっているので、ますます将来、若年層以外の層にも転職の関心度が高まっていくはずです。労働市場の「流動化」の影響で労働者の転職は身近なものとなるのは間違いありません。終身雇用が当たり前とされていた時代には、「転職」は印象が悪く、損をしてしまうこともあったようです。ところが、時代の流れとともに今やっている会社のみに執着する意味も必要性も益々無くなったともいわれています。

就職活動において、年収はとても重要な要素です。

就職活動において、年収はかなり重要な要素です。面接時には、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで本当の年収を偽って、多く申告し、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要となり、たとえ一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的にはウソがバレてしまうためです。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現職での年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。現在の年収が300万円の方が急に年収500万になるようなことは極めて小さいです。もし、現在が430万円の年収であれば、希望額は400~450万円と伝えておくのが得策です。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、一時的に採用されたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなるかもしれません。

転職活動中に、気になった求人(あるいは業界)があったら・・

将来的に転職活動をされるなら、気になった求人(あるいは業種)を見つけた際には逐一、「〇〇業、ブラック」でネットでチェックしておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からは業界に関するマイナスとなる面は、知ることができないのが普通です。ネットで調べればインターネット検索を活用することでカンタンに本来の姿を理解できるでしょう。そういう実態を理解しないまま、会社に入ると、あとになって入ったことを後悔してしまうおそれがあります。だいたいその求人が出ている理由が、「仕事内容がキツイから人が定着してくれない」ということもかなり多いため、目に留まった業種について、しっかりチェックし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

もしも再就職の前に、現在の職場の同僚たちがそのことを知ってしまうと、…

転職前、今勤めている会社の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと、雰囲気が一変するかもしれません。今までの周囲との関係によっては、これまで通りに行くこともありますが、妬みなどから意地悪されることもあります。そればかりでなく、残業を押し付けられたりすることもあるので、むやみに転職のことを口にするのは注意が必要です。そういった状態を回避するため、在籍中は、真面目な態度でいましょう。そうしておけば、良い雰囲気を最後まで保ちつつ、気持ちよく会社を去れるはずです。さらに、何の問題もなく円満退職になれば、転職後も、相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。業種や規模に関係なく、どういった企業であっても、人との縁はとても大事なので、仕事を辞める際のトラブルは、できるだけ警戒しておきたいものです。

新たな職場にて今までの能力を活用できれば、即戦力として仕事を任してもらえ・・

再就職先でそれまでに身に付けた実力を存分に発揮できれば、即戦力として扱われ、早々に仕事場にも馴染めるようになるでしょう。それはつまり雇い主側もスキルを持つ人材は常に欲しがるので、タイミングさえ合致すれば、そこまで難しいものではありません。しかも、かつての働いていた職場と似ている仕事内容なら見込みはおおいにあります。但し、即戦力となるスキルがあったとしても一流企業の事務職系や公務員といったジャンルは、時代に関係なく、相当な競争率ですから、覚悟を決めておきましょう。

転職のための会社での採用面接でのしてはいけないのは良い印象を与えたいと必要以上に…

転職のための面接に関して、よく思い違いがあるのですが過度に猫をかぶることは予想に反して不採用に直結してしまいます。そんな事態を避けるためには猫をかぶるよりも面接時は、「ボーナス」といったような、多数の人がちょっと聞きにくいことも勇気を出し質問しておいた方が、最終的に確実に自身のためになります。信じられないかもしれませんが、「面接の段階でそういった内容を無神経に尋ねることで面接結果に採用されないのではないか」と不安がるかもしれませんが、けれど良い結果になることは結果的には少なくないようです。これらの労働環境やお金に関する内容は、仕事をするとなれば、誰もが聞きたい事項ではあるのに、とはいえ、面接応募者の多くは、なかなか聞きづらいのも事実です。しかし、あえて踏み込んでおいたほうが、「こいつは他と違う」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。

-コラム