コラム

仮に転職活動をしたとしても、全部が順調にいくとは限りませ…

仮に再就職しようとしてもあらゆることが首尾よくいくと断言はできません。

仮に転職活動をはじめたとしても万事順調にいくという確証はありません。もしも転職するのなら、いつか、転職しようと考えているなら速やかに行動したほうが良いです。平均として見た場合、20代の若いうちは希望を見出しやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に至ってからの転職というのはかなり厳しいものと考えておくべきです。重要な役職に就いているのなら、転職に気持ちが傾いたとしても、今の会社に残ることも選択肢に含めておくべきです。退職後に転職活動を行うよりも、今の仕事は続けながら堅実な未来を模索しておいた方が堅実です。

転職を行う際、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)…

転職を行う際、インターネットでのエージェントすなわち斡旋を行う会社がありますが、たとえその業者に登録して就職先をうまく見つけたとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意しましょう。ハローワーク以外の機関を使って就職しても失業保険の給付対象にはならないので気をつける必要があります。これと違って、ハローワーク経由で斡旋してもらった会社に就職できた場合は、就業用の準備金として一時金が支給されます。ネット上のエージェントは、私的機関です。ただ転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険とは何の関係もありません。これを知らなければ、失業中に給付金を手に入られないので、そうならないように注意しましょう。

数ヶ月ほどまえに、転職したばかりであるにも関わらず・・

ほんの2ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまうことを決断する人が結構よく見受けられます。何故かと思うとおそらくリフレッシュな気持ちで新たな環境で勤務を始めてみたものの、「思っていたものとけっこう違っていた」「会社のルールに慣れなかった」と考えてしまって退職してしまうみたいです。このような、転職に関しての失敗を繰り返さないためには、初歩として、事前の情報集めをまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場独自のルール、具体的な業務内容、などあれこれ事前にチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

かつては求人誌に求める人材の「性別」まで記載されているのが普通でした。

数年前は求人誌では、募集要項の中に「性別」まで、明記されていました。しかし現在では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、雇用時、男女差別があってはならない事となり、求人情報の条件に「性別」を明記できなくなりました。そういった変化があるものの、募集情報を出す企業は、性別関係なく等しく雇用のチャンスを与えてくれるとは限りません。実際問題、実は男性を必要な会社に女性が募集にやってきたり、女手が必要な案件に男性がエントリーしてきたり、といったトラブルもひとごとではないのです。求人情報で女性活躍等という内容の求人募集は、女性の働き手を希望しているのだと捉えておくべきです。

新しい職場(転職先)では、年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

職場を変えたいと思っているのなら、すぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。とりわけ入社した年度は、大方研修期間が含まれることも多く、私の場合は苦労の末転職して期待とは裏腹に以前の職場での稼ぎとほぼ同じでした。加えて、仕事内容はかなりキツく、重大な責任が伴うものでもあったので、初年度をクリアするのに本当に骨が折れました。そのような経験をしてみると、転職1年目は、仕事を覚える時期として捉え、できるだけ転職前からお金をためておくことに尽きると思います。

今現在あなたが、「転職サイト」を利用して自らのライフスタイルに合…

今現在あなたが、「転職サイト」を活用してあなたの可能性を広げてくれるストレスを感じずに働ける企業情報をチェックしているのなら、転職エージェントは絶対利用したほうがいいです。どうしてかというと、必要情報を入力し、エージェントサービスに登録後そこで紹介される仕事は、一般的に公開されていないからです。誰もが見られる公開求人とは異なります。それは、どう比べても、比較対象にならないほどかなり質が高いといえます。さらに、あなたにフィットしたものをピックアップし、調査しつつ、紹介してくれます。そういうわけで、あなたの希望のあなたの理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。仮に、同一の求人に出くわすとしても、自身の力で手当たり次第に調べるのと比べればとても効率がいいし、転職を成功させる近道といえます。

転職先を選ぶ際、もちろんやりがいのある仕事か考えるとも大事だ…

転職先を選ぶのに、当然仕事のやりがいアップも大事だけど加えて年収が増えることも重要なポイントになりますから「年収サイト」というところに登録をして事前に研究しています。全く一緒の会社でそして同じ職種、経歴なのに人によってとても幅があることも多数あり、ぶっちゃけた話面接で質問をしたことがあります。面接官もそのサイトを見ていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた方も誰であるのかだいたいは予測できるのですが、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方の年収で心の準備をしておいてください」とのことでした。

今現在の自身の仕事や職場に関して、ほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。

今現在の自分の職場・業務内容についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。「自身のスキルや、仕事上での能力をきちんと評価されていない」あるいは、「給料は増えないし、将来的な昇進も期待できない」といった不満が多いように見受けられます。しかし、そういった悩みを持っている人の中には、自らの持っている技量を実際よりも過剰評価しているケースが少なくありません。仮に、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる求人なんてない」と休職期間が伸びるおそれがあるので、要注意です。という事態に陥りがちです。転職活動を円滑に行うためにも、自身のキャパシティを客観的に見つめることから始めてみましょう。

未経験の業界などに転身するときには、以前の仕事で、自・・

全くの初挑戦となる分野などに転身したいと考えているときには、前の業界で、自分が身についたスキルやこれまで経験したことを発揮できるといった内容の訴えがいるようになります。働いたことのない業界の場合、経験のない分だけその業界の経験者よりも不足することはありますが、自らの持っている力がその業界でも生きるということを相手に言えば、勝負になることもあります。なので、経験したことがない業界に挑む際には、その業種と自分が今までやってきた職務内容とのつながりをできる限り探し出してみましょう。

ある会社に派遣されて働いています。

派遣で勤務しています。労働契約法の関係で残念ですが馴染みのある会社での仕事を辞めることになります。派遣の仲間の中には、派遣で就業している会社で直接雇用の条件を獲得した人もいるのですが選ばれた理由としては正直に言うと仕事の実力とは関係なく派遣先の上司へのご機嫌取りがうまい方でお引き立てがあった模様。業務処理能力よりおじさんを転がす能力が重要なんだねーと抜擢されなかった派遣仲間の友人と文句を言う日々です。

近年はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじ…

近年はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、「ヘッドハンティング」を専門に取り仕切る会社も増えています。「特許」を出した人などは、連絡が来ることが期待できます。彼らは、特許を出願した人に加えて、「研究開発論文」を発表した人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、何らかの業績を残したと思われる人をターゲットに電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。会社に在籍中に、ヘッドハンティングの匂いがする連絡をもらったのなら、そのキッカケを考えてみましょう。かなりレアなケースでは、ヘッドハンティング名目で登録料を要求してくる会社もありますが、その手の輩は言うまでもなくイカサマなので、無視しておくのが無難です。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が負担するものではありません。

転職先を探している間は、つい時間が有り余っているため・・

転職の間は、そういう風にしたいわけではないのに時間が有り余っている分、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。ですが、そんな生活はキケンです。不思議なもので、緊張感のない、だれた生活を習慣化してしまうと、「精神的」にも問題が出てくるからです。なので、いつの間にか仕事をしようとする気力も失い、生活が苦しくなり困ってしまうかもしれません。そうすると、悪いサイクルがさらにつづき、転職をしたい会社をなかなか決められなくなります。次の仕事が決められなくなるのは、給料を第一に考えてしてしまうからです。お金を第一に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですから、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラダラした生活は、(転職活動中には)不必要です。

再就職する際に行われる面接でつける腕時計は、どう見ても目立つタイ…

転職の面接を受ける時につけていく腕時計に関しては、どう見ても目を惹くような腕時計はやめた方が良いです。この場合の目立つというのはブランドの腕時計とか、といったことだけではないのです。反対にチープに見える腕時計の印象を持たれてしまうとか、そのような意味であって真反対で目立つ、と理解しておきましょう。腕時計に関してもポジション的にはスーツやネクタイと一緒で、堅実なものをつけて行った方が良い印象を与えます。ただし、自身の歳にあったものというのもとても大切なことで、新卒の頃にしていたものよりは多少なりとも高級感のある腕時計にした方が良いとはっきりと断言できます。

近頃、株・不動産投資の不労所得で生活資金を得たり、独立といった生き方も社会的に人気を集めています。

今の時代は株・不動産投資をはじめとした不労所得、もしくは個人事業・起業といった生き方も増えています。必ずしも「会社の下で働く以外は怖い」といった考えも変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長期にはどうなるかわからない株式投資や自営業よりも雇われているほうが大いに安定していて、人生の正しい進路として、またそれが至極当然のことのように、一般の人々に認知されていた。しかし、そのような時代は過ぎ去り、今のような時代では「成熟期」とも言われています。近い将来ではコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。

転職サイトはメジャーなサイトの方がたくさんの会社が掲載されているた・・

「転職サイト」は、大手が運営していたほうが掲載される求人情報が豊富なため、2~3社程度、とりあえずは転職者登録して、勤務地や年収にチェックマークをいれておき、さらに条件に合った求人情報が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に情報収集を行うことが可能になります。ただ、最初だけは登録しなくてはならないのでサイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録を行う初日は、多少時間がかかりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は、新規案件をチェックするだけでOKなので、次回以降応募するときのことを考えれば、初めの準備に手を抜かないことをお勧めします。

とらばーゆの決心をしたのであれば、周囲には内密にその意思を伝えず・・

万一あなたが、現職からの転職の決断したなら、完全に一緒に働く人には内密にその意思がばれないように、首尾よく転職活動を進めていき、転身先が決まらないうちは、可能ならば同僚に気づかれないように淡々と業務をこなしていくのがとても堅実です。働いている間、その状態でいれば、最悪働き先がすぐに見つからなくても、転身の予定を延長しながら、現職に残ってもトラブルの心配がありません。でも「転職するつもりでいる」と口にすると、社内の人間は、その言葉を受けた応対をします。そのうえ周囲に「辞めるつもりです」と言ったが最後、「あの人は退職する人」という位置付けになります。そういった状況のあとで、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、同僚たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」ということで在籍しているあいだ、身の置き所がない思いををする強いられるかもしれません。

最近はスマホで調べればインターネットで見られる世界には…

世の中は変化していてスマートフォンで調べればネットで見られる世界では今では「転職に関するサイト」と呼ばれるものがそこらじゅうに点在しています。その多くのサイトから自分自身にピッタリの転職先と思えるのを見付けるために、なんといっても情報収集をしましょう。サイトをきっちり利用することで効率的かつ満足度の高い転職先探しが可能です。客観性と正確性を持ち合わせた役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。使い慣れないうちは、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大切ですから同ジャンルのサイトと比較しながらチェックしてみてください。

転職における面接にある会社に行ったときのことです。

転職時の面接に希望先の会社へ赴いたときのことですたまたま会社の会議室が空いておらず外部のある場所で面接官と待ち合わせをして面接を行って、その場で解散ということになり、面接を行った方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったわけですが、なんと自宅最寄駅が私と一緒。結局は電車の中でも面接官と一緒に話をしながら帰ることになって、おかけで緊張が解けて面接の時よりも込み入った話ができて、それが奏功したからなのか何事もなく採用を掴み取ることができました。

求人に関係する情報をチェックする時、例えば、「デスクワークがしたい」という人は…

求人情報を見る場合、デスクワークがしたいからと、製造業に目を通さない人がいますが、そんな人は「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と早合点していることが少なくありません。実際に、製造業の求人でも、現場作業者だけでなく、経理、人事、総務などの人材募集から、購買、営業管理などの「オフィス系」に関するお仕事も結構多くあります。製造業の仕事場自体、オフィス街のような環境とは違うので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに映る人もいるかもしれません。でも、自らのエゴをなくすことで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

転職活動では、希望する企業相手というよりもある意味、「担当面接官」と・・

転職活動では、企業とのやりとりというより具体的には「担当面接官」とのやり取りが大事です。其のためには、ゼッタイに面接だからといって焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例を挙げると女性とお見合いをする気持ちで望むと問題はありません。面接官は先ずあなた自身の「人間性」を判断されるので悪い評価になるような言動は気をつけてぜったいに控えましょう。そして良識ある社会人らしくきちんと整った服装を意識してください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。企業にとって必要な人材と思ってもらえれば、転職活動はかなり楽になります。

-コラム